読み聞かせについて

子どもが自分一人で本が読めるようになるまで、多くのお父さんお母さんが読み聞かせをしてきたと思います。一日働いて疲れ切った体で、大人の方がうとうと眠くなってしまうような状況の中、毎日、絵本を読むことはどんなに大変だったことでしょう。子どもは同じ本を何回も聞きたがるし、一生懸命読んでも聞いていないこともある。それでも、義務のように毎日続けて、やっと一人で本が読めるようになった。でも!

さあ、これからは自分で読むのですよ~
本は毎日読みなさい~

この言葉は小学校の卒業式までお預けです。読み聞かせは小学校卒業まで続けてください。
自分で読むにはちょっと難しいかなという本、ぜひ読んでほしいと思うけど自分では読まない分野の本などを読み聞かせしてくださいね。一日10分、子どもと一緒に布団に入って、一緒に本の世界を旅してください。

読み聞かせを続けることで、幼い本を読んでいても見守ることができますし、親子のコミュニケーションを取り続けることができます。読み聞かせの効果は科学的に立証されていて、脳によいとか精神が安定するとかデータがでています。読み手の若返りも立証されていて、アンチエイジング効果抜群。一石二鳥どころか、多くの得が得られるようです。

自分の世界を楽しむ読書
学力をつける音読
親子で楽しむ読み聞かせ

この三本柱が大事です!!!!!

近々、「ちょっと恥ずかしい私の読み聞かせ体験談小学生編」を書きますね。

☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*

[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-06-16 16:48 | つぶやき | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー