明日の子供たち

何番目だったかな。たぶん100番くらいだったと思う。
発売早々、図書館に貸出の予約をして、やっと私の順番になった「明日の子供たち」

明日の子供たち

有川 浩/幻冬舎

undefined

すぐに借りに行ったのに、読めないまま返却することになりました。残念。。。
またの機会に楽しみはとっておくことにしました。

今日は、準備をしています。

荷物の中に入れた本はこれ。

とっぴんぱらりの風太郎

万城目 学/文藝春秋

undefined

この本はとても分厚いです。5センチあります。
読んでいて息苦しくなく、誰かを憎むような内容でもなく、しかし、続きが読みたくなるような、腰を据えて読むような本がいいなと思っていて、家族のアドバイスでこれにしました。


長期休暇をいただくことになり、ご迷惑をおかけします。
皆さん、温かいお言葉や励ましのお言葉をありがとうございます。
皆さんのお気持ちに涙がでそうです!!!

ネット環境が整い、体調がよければ、近況を報告できるかと思います。
☆-----------------------------------------------------------------------------------☆

[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-12-14 14:41 | つぶやき | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー