9か月で一山越えた感あり

教室で直接子ども達と接していると、率直な反応が返ってくるので勉強になることがたくさんあります。

2月から作文の勉強を始めた人は9か月が過ぎました。
毎日音読をし、毎週作文を書くことが当たり前になっていて、教室でも私が手出しをすることが少なくなりました。どの子も構成用紙を渡すとすぐに課題に取り組み、すごい勢いで鉛筆を走らせています。何かおもしろいことを書いてやろうと目を輝かせている子たち。

このことは、通信で指導していても見受けられます。
9か月くらい続けていると、電話で私が説明するというよりも、子ども達がどんな話を書くか説明してくれることが多くなってきます。さらに「何を書くかはヒミツ」とわくわくした声ですぐには教えてくれなくなることも。

ここまで来たら一安心。
次の山への登頂に向けて私は準備に入ります。

さあ、11月になりました。今年もあと2か月!
今年も充実した年になりそうですね。一緒に頑張ろうね!

----------------------------------------------
【お知らせ】

【言葉の森】
★11月3日(火)と11月23日(月)は祝日のためお休み宿題がでます。
★11月30日(月)は5週目のため、お電話お休みです。宿題もありません。

【稲荷塾】
★11月の作文教室は、11月11日(水)と11月25日(水)です。
★12月の作文教室は、12月9日(水)と12月16日(水)です。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

-----------------------------------------------
[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-11-02 15:19 | つぶやき | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー