音読した?

音読のようすを小学生に聞いてみました。

「やってま~す!」と元気な子。
「やってるよ。朝と夜に1回ずつやってる。」とクールな子。
「お母さんがさぁ。いっつも言うねん。『音読した?』って。すぐ忘れるから言われてやってる。」とお母さんの声を真似る子。
「それがな。○○でやれへんかった。でも今日からする。」と素直な子。

やってないのに、やってます宣言をする子は、いないわけではないですが、まあ一人二人くらいですね(笑)

皆さんはご存知だと思いますが、私は激励はしますが叱咤はしませんし、あめちゃんは食べさせますがムチは持っていませんから、音読を毎日毎日頑張っている子たちは、「先生に叱られるからする」という感情はゼロです。

おうちの人の忍耐と子ども達の気持ちで毎日続いているのですが、中学生高校生になると声掛けしなくても自分でできるようになります。きっと、現代文だけでなく英語や古文漢文を読む声も部屋からもれてくるという状態になりますよ。また、音読が続けられれば、作文の勉強も続けられますし、難問にぶつかったとき、簡単にあきらめない力も養えます。

大事なのは、小学生のうちに毎日何かをやり続けるという習慣をつけることです。これは、ランニングでも計算ドリルでも楽器の練習でも何でもよいのですが、国語は文化の基本ということで、私は音読を薦めているわけです。

これからも、「音読した?」の声かけをよろしくお願い致します。


これは、言葉の森の記事です。参考にしてください。

「家庭学習の基本は、毎日同じことを同じように」

「中学生は、その場しのぎでなく、長期的な作戦を立てた勉強を」

--------------------------------------------
【お知らせ】

【言葉の森】
★11月23日(月)は祝日のためお休み宿題がでます。
★11月30日(月)は5週目のため、お電話お休みです。宿題もありません。

【稲荷塾】
★11月の作文教室は、11月11日(水)と11月25日(水)です。
★12月の作文教室は、12月9日(水)と12月16日(水)です。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

-----------------------------------------------
[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-11-18 09:00 | つぶやき | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー