小学生のうちは遊び半分勉強半分の気持ちで

こんな遊び心のある構成用紙が届きました。

a0132715_17063872.jpg

いいね~作文を楽しんでる!

題名のところにイラストを描いている子。
思いついたり見つけたりしたダジャレを書いてくる子。
クイズや迷路を作って書いてくる子。
替え歌を考えて歌詞を書いたり、席替えの席を図で説明している子。
子ども達は、作文用紙の後ろや余白にいろいろなことを書いて送ってきます。

このように、小学生のうちは、遊び半分勉強半分のような雰囲気で取り組むのが理想です。これらの遊び心が中学生高校生になると、ユーモアとして文章に豊かさを与えてくれます。批判的な意見文であっても読んでいて爽快な文章になるわけです。

作文の勉強は苦しいときもあるけど、どこかに楽しみを見つけて取り組んでね。

遊び心 大歓迎!
家で先生よろこぶ、イエイ~!
こんぶもよろこんぶ!


---------------------------------------------------------------------------------------
【お知らせ】

【言葉の森】
★11月30日(月)は5週目のため、お電話お休みです。宿題もありません。

【稲荷塾】
★12月の作文教室は、12月9日(水)と12月16日(水)です。
★1月の作文教室は、 1月13日(水)と1月27日(水)です。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

-----------------------------------------------
[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-11-28 09:00 | つぶやき | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー