週末に大寒波がやってくるらいしよ。

 全国的に雪の影響かな。作文が通常より遅れて我が家に届いているようです。いつもよりゆっくり返却を待ってね。週末はさらなる大寒波が到来するとか。。。 雪遊びを楽しみにしている人たちはいよいよですよ。待ちに待った雪遊びのようすを作文に書いて教えてね。


 それでは、今週のたとえの表現を紹介します。たとえのレベルもどんどん上がってきましたね。いつも書いていることですが、いいなと思った表現をどんどんまねして使うとよいですからね。


「ぼくは、勝ちたい気持ちが、まるでサッカーの試合のときのようにあふれていました。」

「おかあさんは、まるでびんぼうがみのようです。それにくらべておにいちゃんは、ふくのかみのようです。」

「当初は、アンビルトの女王の異名をもつ、ザハ・ハディド氏の自然的な要素を排除したまるでヘルメットのような近未来的なデザインに決定された。」

「赤い、それはまるで熟した果実のような唇で私は学校へ行った。」

「まるでストーブから出ているガスのようです。」

「かけあしとびやあやとびは、まるでチーターがはしるみたいにできたのでうれしかったです。」

「ショートケーキのいちごが、まるでいちごの人形のようにかわいかったです。」

-----------------------------------------------------------------
【お知らせ】
この時期は、他の習い事や塾の関係で、曜日や時間変更の希望が多くなります。
現在、空きが少ない状況ですので、希望がある人は早めに相談してください。
(言葉の森・月曜日のみ移動可)
(稲荷塾・3月より各時間数名の空きあり)

【言葉の森】
★1月29日(金)は、5週目のため、お電話お休みです。宿題もありません。

【稲荷塾】
★1月の作文教室は、1月13日(水)と1月27日(水)です。
★2月の作文教室は、2月10日(水)と2月24日(水)です。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

--------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-01-22 19:05 | つぶやき | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー