祈りをこめて


今日は、鶴岡千代子さんの「雑草のうた」をのせます。


せっかく花をさかせても
せっかく葉っぱをひろげても
ふりむいていく人はない
それでも平気さ みんなして
むんむん草むらつくってく

どんなにのどがかわいても
どんなにほこりをかぶっても
水などくれる人はない
それでも平気さ 上むいて
のびたいほうだい のびていく

オオバコ ハコベ ヒメジュオン
ちゃんと名前がついてても
よびかけてくる人はない
それでも平気さ いつだって
きらきらしながら 生きていく


もう毎年のように紹介している詩なので、覚えた人もいるかもしれませんね。

今日は、この詩も音読してね。

--------------------------------------------------------------------
【連絡】
★3月29日(火)~3月31日(木)まで、春休みをいただきます。その間に届いた作文は、4月1日以降、届いた順番に添削をして返却します。
 携帯電話の受信はできます。

【言葉の森】
★3月21日(月)は、祝日のため、電話なし。お休み宿題がでます。
★3月29日(火)は、5週目のため、電話なし。宿題もありません。

【稲荷塾】
★3月の作文教室は、3月16日(水)と3月23日(水)です。
★4月の作文教室は、4月13日(水)と4月27日(水)です。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-03-11 16:28 | つぶやき | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30