先週のたとえ

さあ、今週も始まりました。

昨日は、年2回のルールダービー(ドイツのサッカーの試合のことね。)で、一人でとても盛り上がりました。Jリーグも盛り上がっているし、プロ野球もおもしろい試合をしているようですね。

週末に、久しぶりに野球の試合をテレビ観戦しました。阪神対広島戦です。金本監督と緒方監督の現役時代、何回も球場に行っていた私にとっては、監督の席に座っているのがなんだか違和感がありました。でも、二人共相変わらずかっこよいですね。

爽やかな季節になったので、スポーツ観戦に行きたいと、うずうずしてしまって、受験生二人をおいて、わたくし、行ってしまうことにしました!! もうチケットを買ってしまいました。応援Tシャツも買いました!! 雨が降っても風が吹いても行きます宣言!! 

行ったら報告しますね。それまで、どこに行くんだろう? と予想しておいてね。


それでは、月曜日恒例の「先週のたとえ(まるで~のように)」を紹介します。
今週も、たくさん集まりました。

「まるで知らない人からにげているように必死に走ります。」

「できあがったとんぼ玉は、まるでうらしまたろうのおとひめさまみたいにうつくしかったです。」

「彼女は、身振り手振りを交えながら、今にも目玉が飛び出そうなくらいの熱烈さを武器に、持論を展開していた。」

「二話とも、まるで自分もその世界に入りこんでいっしょにいるようなきもちになってとても楽しいから好きなので、八作目も楽しい映画だったらいいなと思います。」

「なぜかというと、肉が好きで、しょうががものすごく合うのと、ごはんも好きで、まるで磁石のN極とS極のようにごはんと合うからです。」

「けいどろは、まるで氷おにのようです。」

「てつなぎおには、まるでふえおにのようです。」

「結果発表の時は、まるで心ぞうが止まったかのようにきんちょうした。」

「私には、まるでミロちゃんが生きているように見えます。」

「ミロちゃんを逆さまにしたまま置いていると、額に赤いアザのようなものができていました。」

「しかけを作り、上手くわなにはまったときのおどろき顔は、まるでムンクのさけびのようだった。」

「お母さんは、まるでねこのように大きな目をあけておどろいていました。」

「タイ3びきが、まるでこいのぼりのように見えました。」

「ムカデがいて、そのムカデがかたつむりのように歩いていました。」


たとえの表現は、ダジャレを考えたり、なぞなぞを解いたりするときみたいに、楽しんで考えてね。眉間にしわを寄せて考えてもでてこないよ~。
いいなと思ったたとえは、どんどんまねして使ってね。

----------------------------------------------------------------------

【連絡】

【言葉の森】
★5月3日(火)は、祝日のため電話指導はありません。お休み宿題がでます。
★5月30日(月)は、5週目のため電話指導はありません。宿題もでません。
★5月31日(火)は、5週目のため電話指導はありません。宿題もでません。

【稲荷塾】
★4月の作文教室は、4月13日(水)と4月27日(水)です。
★5月の作文教室は、5月11日(水)と5月25日(水)です。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。


----------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-04-11 14:28 | つぶやき | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー