先週のたとえ~タスキメシ~


週末に、この本を読みました。

タスキメシ

額賀 澪/小学館

undefined


今年の夏休み読書感想文コンクール、高校生の部の課題図書になっています。
一気に読めました。高校生の課題図書になってはいますが、中学1年生から楽しめながら読めますよ。


以前紹介したこれらの本にはまったという人には、特におすすめです。

武士道シックスティーン (文春文庫)

誉田 哲也/文藝春秋

undefined

風が強く吹いている (新潮文庫)

三浦 しをん/新潮社

undefined

バッテリー (角川文庫)

あさの あつこ/角川書店

undefined


夏休みの宿題で、課題図書で読書感想文を書く予定の人は、早めに本を読みなさいね。


それでは、先週のたとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しましょうね。先週もすてきな表現がたくさん集まりました。どんどんまねして使ってね。


「○○ちゃんのえは、まるで画家のようにうまかったです。」

「おふろの中では、他にもおゆで体をすべらるようにしてジェットコースター遊びもしています。」

「母はまるでプロの料理人のようだ。」

「まるで氷が交ざっているのではないかというぐらいです。」

「まるで時がとまったようにあっという間に時間がすぎてしまいました。」

「ただ、かんがえている時間が長かったので、まるでうちわが高速スピードでふられているようなせんぷうきの音が部屋中にきこえていました。」

「落としたら板がパタパタおちていった。まるでドミノのようだった。」


今週も、毎日音読と読書をして、元気に頑張ろうね!

-----------------------------------------------------------------------

【連絡】

【稲荷塾】
★6月の作文教室は、6月8日(水)と6月22日(水)です。
★7月の作文教室は、7月13日(水)と7月27日(水)です。
★8月の作文教室は、8月3日(水)と8月24日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-06-20 10:42 | つぶやき | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー