先週のたとえ~五山送り火~

京都では、昨日、五山送り火が行われて、無事お盆休みが終わりました。

お盆休み中に届いた作文や感想文は、返却済みです。

我が家は、今年は夏休みはありません。受験生がいるからね。毎日、決まった時間に起きて、決まった時間に食事を作り、決まった時間にお風呂に入り、決まった時間に寝るという生活をものすご~く強く意識して送っています。

私は、お盆休み中に、リオオリンピックのサッカーと卓球を見ました。今日、サッカーの準決勝がありますね~。あのナイジェリアとドイツの対戦、うちのギンターとベンダー(6番のほうね)を応援しないとね。明日の朝が楽しみです。


さてさて、今日は、お盆休み中に届いた作文と感想文の中から、たとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しますね。


「まるで今にもトムニャンがギターをひきだしそうです。」

「ジバニャンににているようだなとおもいました。」

「まるできゅうりは、ながいものように大きかったです。」

「クワガタの足の先の小さい小さいとげみたいな茶色いつめみたいなものにひっかかってしまったので、いたかったです。」

「はしっているときに、いきがしづらくてくるしかったけれどとまらないでがんばりました。まるでたいかいのようでした。」

「おじさんがくろくて太ったブタとさんぽしていました。まるで犬とさんぽしているようでした。」

「お手伝いのときは、もう作ってあり、もりつけやドレッシングをかける仕事しかないので、まるでごはんに出てくるりょうぐらい食べてしまいます。」

「ジェットコースターにのっているとき、まるで空をとんでいるようでした。」

「バームクーヘンをたべたとき、まるでくもをたべているようにふわふわでした。」


お盆休み中、音読ができなかった人、今日から再スタートですよ。
音読を毎日頑張ってね。

-----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【言葉の森】
★夏休みは、8月11日(木)~8月17日(水)です。お休み宿題がでます。

【稲荷塾】
★8月の作文教室は、8月3日(水)と8月24日(水)です。
★9月の作文教室は、9月14日(水)と9月28日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-08-17 11:41 | つぶやき | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー