読書のこと

この前の作文教室では、本を読んでいる子が多かったです。始まる前や書き終わってからはもちろん、作文の途中に我慢できなくなって読んでいる子もいたくらいです。

見させてもらうと、青い鳥文庫を地区の図書館で借りている子がほとんどでした。中には、大好きな歴史の本だったり地図だったりする子もいました。


特に小学生のうちは、学校の図書室や地区の図書館を利用して、たくさんの本を借りることをおすすめします。家族全員の図書カードを作ると、だいたい2週間で20冊くらい借りられると思います。かたっぱしから借りて、読めなかったらそのまま返すとよいのです。読んでいておもしろくなかったら途中でやめたらよいのです。一冊を最後まで読む人と、数冊を並行して読む人がいると思いますが、どちらでもよいです。

自分がおもしろいと思える本を読むこと。
いつも読みかけの本があること。
テレビを見たりゲームをする時間と同じ時間本を読むこと。

この3つを続けてね。


問題は中学生ですね~
小学生のときに読書習慣がついている人は大丈夫ですが、中学生になってから習慣化するのは大変。これは、本人の意思が必要です。

本を読まないと言う人は、寝る前に10分本を読んで寝るということを毎日自分に課すことが必要です。やはり・・・

自分がおもしろいと思える本を選ぶこと。
読みかけの本があること。
布団の中に入ったら、携帯電話をさわるのではなく本を読むこと。

この3つですね。習慣化するまでは、読書も勉強の一つだと思って自分自身で強制的に本を読ませる意識を持って3カ月頑張ってみなさいね。

-----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
★9月の作文教室は、9月14日(水)と9月28日(水)です。
★10月の作文教室は、10月12日(水)と10月26日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-08-26 11:05 | つぶやき | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー