光る表現(先週のたとえ)


作文教室に通うようになって、本をよく読むようになったという話を、最近、複数の方から聞きました。うれしい~!!

私の周りには、本をよく読んでいる子が多いです。
教室でも、少しの間でも本を読んでいる子がいるし、「今読んでいる本」のところにも色々な本の名前を書いて送ってきます。
近所の図書館に行くと、子ども達がいっぱいいます。

急いで読む必要もないし、難しい本を読む必要もないです。自分が読みたいなと思った本を読むこと。おもしろくなかったら途中でやめてよいですからね。自分のペースで読み進めていくことですよ。


さて、先週のたとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しますね。
先週も、おもしろい表現がたくさんありました。どんどんまねして使ってね。


「わたしは、まるでボルトのようにはしりました。」

「○○くんは、まるでなんでもみつけられるはかせのようだなーと思いました。」

「この前、好きな女の子から、『私、友だち少ないからこれからも友だちでいてもらえる?』と言われて、まるで初めて出会ったようでした。」

「マスカットがまるでガムのようにみえました。」

「どんぐりは、まるでうずらのたまごのような大きさでした。」

「ひこうきに十時間くらいのっていると、まるで鳥のようにとんでいる気がします。


-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【言葉の森】
★冬休みは、12月29日(木)~1月4日(水)です。月・火・水の1月1週目はお休み宿題になります。

【稲荷塾】
★11月の作文教室は、11月9日(水)と11月30日(水)です。
★12月の作文教室は、12月14日(水)と12月21日(水)です。
★1月の作文教室は、1月11日(水)と1月25日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-10-31 16:14 | つぶやき | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー