光る表現(先週のたとえ)


月曜日恒例のたとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しますね。
おもしろいたとえがこんなに集まりました。どんどんまねして使ってね。

「まるでホテルみたいにドアがたくさんあるなぁと思いました。」

「金メダルを見たら、まるで本物の金のようでした。」

「ぼくは木のぼりがとくいだったので、ようちえんのせんせいに、『○○くん、まるでさるみたいだね。』とよくいわれていた。」

「まるでかくとうせんしゅのようでした。」

「どうしてかというと、にんぎょになったきもちがするからです。」

「わたしたちは、『カンカンカンカン』というふみ切りの合図で、まるでわすれ物をしたくらいあせってしまったので、反対の電車に乗ってしまったのだと思います。」

「まるでかぜのようにはしっていました。」

「わたしは、そのとき、まるで悲鳴のようにわらいました。」


11日に私の母が手術をしたため帰省していました。ブログの更新がなかなかできず、ごめんなさい。
新幹線の中で更新できるかなとか、病院で書けるかなとか思っていたのですが、できませんでした。
また近日中に帰省します。次回の更新は11月21日(月)を予定しています。
どうぞよろしくお願い致します。

-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【言葉の森】
★冬休みは、12月29日(木)~1月4日(水)です。月・火・水の1月1週目はお休み宿題になります。

【稲荷塾】
★11月の作文教室は、11月9日(水)と11月30日(水)です。
★12月の作文教室は、12月14日(水)と12月21日(水)です。
★1月の作文教室は、1月11日(水)と1月25日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-11-14 18:42 | つぶやき | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー