光る表現(先週のたとえ)

今週も始まりました。

月曜日恒例のたとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しますね。
たとえのレベルもどんどん上がってきていますね。

使えそうな表現は、どんどんまねして使ってね。


「わたしは、まるでかぜのように大なわにはいりたいです。」

「かわいいマグネットがたくさんあったので、そのマグネットを手にとって、さっそく家にかえってつけてみると、まるでしんだ虫がじごくにおちるかのようにポロッと二秒でおちてしまいました。わたしは、頭の中に『ショック』という字がたくさん集合してきました。」

「わたしは、『うらやましい』という字があちこちにちらばっているように思いました。」

「いろとりどりだったので、まるでにじのようでした。」

「できあがったクッキーパンは、まるでユーフォ―パンのようでした。」

「やっているうちに、まるでのびるチーズのようにどんどん長くなるので、やる気が出てきてしまうのです。」

「わたしは、今、ガーターあみで、何でも伝えるような、マフラーのようなものをつくっています。」

「わたしと○○ちゃんは、まるで兄弟のようにとってもとってもなかがいいです。」


今週も、音読を毎日頑張ってね。

-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【言葉の森】
★冬休みは、12月29日(木)~1月4日(水)です。月・火・水の1月1週目はお休み宿題になります。

【稲荷塾】
★12月の作文教室は、12月14日(水)と12月21日(水)です。
★1月の作文教室は、1月11日(水)と1月25日(水)です。
★2月の作文教室は、2月8日(水)と1月22日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-11-28 18:41 | つぶやき | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー