最後の晩餐

9月6日(水)

今回の旅の最大の目的は、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」を見ることでした。

ここは予約制で、15分毎に25人が入れます。
ネット予約もできるのですが、すぐ完売してしまいます。
ここの入場券を手に入れてからでないと旅行の予定が立てられません。
航空券よりもホテルよりも、まずはここを予約しないとね。

私が3カ月前にネット予約を試みたときには、既に完売。
仕方ないので、代行業者にお願いしました。
それでも希望の日時は完売で、空いている時間に合わせることになりました。

念願叶って、いざその地へ。


サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。
a0132715_09380318.jpg

「最後の晩餐」は、ここの修道院の食堂の壁に描かれています。

写真でよく見る「最後の晩餐」は額に入れられた絵のようですが、壁画ですからこんな感じでした。
珍しく、撮影OKでした。

a0132715_09380579.jpg


a0132715_09380665.jpg
想像してたよりも、淡くて、優しい雰囲気。
慌ただしさや雑然とした感じは受けませんでした。
緊迫した場面なのにね。
日本語のオーディオガイドを借りて、詳しい説明を聞きながら見ました。


これは反対側の壁に描かれている絵
a0132715_09380771.jpg
人数制限をしているおかげで、ゆったりとじっくりと鑑賞することができました。


ミラノでは、ドゥオモでかなり入念なボディチェックと持ち物チェックがありました。
春にバルセロナに行ったときとは比べものにならないくらい厳重でした。
この半年の状況を肌で感じました。
しかし、ここや地下鉄では特に緊迫した雰囲気は感じられませんでした。

-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
 9月の作文教室は、9月13日(水)と9月27日(水)の予定です。
10月の作文教室は、10月11日(水)と10月25日(水)の予定です。
11月の作文教室は、11月8日(水)と11月22日(水)の予定です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-09-06 10:38 | つぶやき | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー