2017年 11月 13日 ( 1 )


光る表現(先週のたとえ)

11月13日(月)

朝晩、冷え込むようになりましたね。
少しずつ冬支度をと、昨日はスリッパを冬用に変えたり大布団を出したりしました。ついでに、クリスマスツリーも飾りました。

紅葉も深まってきましたね。
週末は、紅葉狩りに行った人もいるのではないかな。
秋から冬へ、季節の変化を見つけたら、作文に書いて教えてね。



それでは、月曜日恒例のたとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しましょうね。


「ジュージュー。まわりの白身がかたまってきていて、まるで豆腐みたいです。」

「まるでコックさんのようにうまくできました。」

「机の右はしに兄の落書きがあり、たまにこの落書きを見て、まるで狂ってしまったように笑っている。」

「焼きりんごがこんだてに入っているときは、見たり言われたりしなくても、まるで能力があるように分かるのだ。」

「それから、かたまって板のようになったら、くるくるとまいていきます。」

「まるでおちばのじゅうたんのように一面におちていました。」

「まるでゆめの世界に入ったようで、ハッピーな日になったんだと思いました。」
「きなこぼうは、まるでキャラメルのようなもちもちとしたぼうに、きなこをたっぷりつけているおかしです。」



★「結びの工夫」 だんだん上手に書けるようになってきましたよ。

「私はたまごやきが上手に作れるようになってお料理に自信がついたので、たくさんの人にもたまごやきをつくってほしいです。これからもたくさんたまごやきを作ります。そんなことを考えながらできあがったたまごやきをテーブルにおきました。」


「わたしはこれらの好きな食べものを食べているとき、いやなことを全てわすれられます。今日も良い日だったなと思いながら、わたしは、もう一つ梅ぼしを口の中に入れました。」


「たまごやきは思ったよりもかんたんでした。いつもがんばっているお母さんのためにたまごやきを作ってあげたいなと思いました。」


「私の通う学校は、給食がおいしいことが有名である。見た目も味も楽しめるよう工夫していることが毎回よくわかる。『フウー。』私は満ぷくになって手を合わせた。」


「オムレツもたまごやきも上手に作れました。文鳥がかごの中で「だせ!」と言っているように聞こえました。」


「こんなにたくさん食べられるなんてしあわせだなと思いながら私は今日もトマトをたくさんほおばりました。」


先週は、食べ物関係の課題が多かったですね。おいしそうな表現がたくさん集まりました。
どんどんまねをして使ってね。

今週も、音読を毎日がんばってね!

-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【言葉の森】
12月29日(金)~1月8日(月)まで冬季休業です。振替はできません。
1月1週目は、お休み宿題がでます。


【稲荷塾】
11月の作文教室は、11月8日(水)と11月22日(水)の予定です。
12月の作文教室は、12月13日(水)と12月20日(水)の予定です。
1月の作文教室は、1月10日(水)と1月24日(水)の予定です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------



[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-11-13 10:47 | 光る表現 | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー