カテゴリ:本( 135 )


社会人大学人見知り学部卒業見込み

10月19日(木)

秋といえば「読書の秋」
みんなもたくさん本を読んでいるようですね。

私も、今年は今まで以上に多くの本を読み終えることができています。
子育てが一段落したということが大きいです。
子どもが小さい頃は、自分の本を読む時間なんて、ほとんどなかったですからね。


今日は、最近読んだ本の中から、「本を読む時間が全く取れない大人」や「本なんてつまらない
という中高生」「読書の習慣がない大学生」におすすめの本を紹介しますね。


完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)

若林 正恭/KADOKAWA/メディアファクトリー

undefined


お笑いコンビ「オードリー」の若林君の本です。
雑誌に連載されたコラムを集めたものです。

読みやすいですし、一話が短い。だから、すき間時間に5分あれば一つのコラムを読めます。
さらに、芸人さんだけあって、オチがあったり、読者がツッコむところをちゃんと用意してくれていたりします。

社会に出て経験したこと、感じたことをコミカルに説明していて、本をほとんど読まない人でも最後まで読めるのではないかと思います。


これらのイラストから、どんな本か想像してみてね。
a0132715_08511320.jpg


a0132715_08511519.jpg



-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
10月の作文教室は、10月11日(水)と10月25日(水)の予定です。
11月の作文教室は、11月8日(水)と11月22日(水)の予定です。
12月の作文教室は、12月13日(水)と12月20日(水)の予定です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-10-19 09:50 | | Comments(0)

最後の医者は桜を見上げて君を想う

10月13日(金)

読むのをやめられなくなって、昨晩は夜更かしをしてしまいました。
(みんなは、まねしないでね。)

昨日、「なんだか『白い巨塔』の現代版みたいな感じがする」と書きましたが、違いました。
権力争いはありませんし、自分のために患者を犠牲にするような場面もでてきません。


「私はどう生きるか」ということを考える機会はよくありますが、この本を読んで、「私はどう死ぬか」ということを考えさせられました。

死を受け入れ、残りの時間をどのように生きるかを考えるべきだと主張する医師と、最後まで生きることに希望をもち奇蹟を信じて出来る限りの治療をすべきだと主張する医師が、親友の死に直面し、動揺し悩み考える物語です。


医療関係の仕事に就きたいと考えている高校生はもちろんのこと、全ての高校生にお薦めします。
高校生の時期に、このようなテーマの本を一度読んでおくと必ず何かのときに力になると思います。
今年読んだ本の中でベスト3に入るくらい、私は感動しました。


-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
10月の作文教室は、10月11日(水)と10月25日(水)の予定です。
11月の作文教室は、11月8日(水)と11月22日(水)の予定です。
12月の作文教室は、12月13日(水)と12月20日(水)の予定です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-10-13 09:15 | | Comments(0)

世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ

10月5日(木)

今日は、このひとことから。
すてきなメッセージが届いたので、ここにも書きますね。

a0132715_10062678.jpg

昔読んだことがありましたが、今日、ネットで全文を読みました。
きっかけをくれて、ありがとう♡

「ほしい」から「あるもの」へ。
「何を持たないか」ということを自分で判断すること。
それから、「仲間」と「ライバル」のちがいについても考えました。

食べたいなと思うものを食べられて、
かわいいなと思う服を着られて、
あたたかいお布団の中でぐっすり眠ることができて、
それで、考えられることだと私は思うので、

まずは、自分が生きていく力をつけて、
それから、自分の幸せと、生きるために必要なことと、自分らしく生きるために必要なことを
自分でしっかりと判断して、自分の道を進んで行くことだと思います。


本当は、私達大人がこのスピーチを読み、しっかりと考えていかなくてはいけない問題なんですよね。
子ども達の方が偉いことがたくさん!!


児童書にもなっているようです。
私も予約かごに入れました。
-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
10月の作文教室は、10月11日(水)と10月25日(水)の予定です。
11月の作文教室は、11月8日(水)と11月22日(水)の予定です。
12月の作文教室は、12月13日(水)と12月20日(水)の予定です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-10-05 10:05 | | Comments(0)

やっと読みました「陸王」

9月29日(金)

1年くらい前から図書館で予約した本がやっと順番がきて、一気に読みました。

陸王

池井戸 潤/集英社

undefined


内容は書かなくてもいいですね。読んだ人も多いでしょうし、テレビドラマを楽しみにしている人もいるでしょうしね。

一言でいうと、安定の池井戸作品です。
誠実に真面目に一生懸命生きている人達への応援本です。
高校生から読めますが、中学生でも挑戦できると思いますよ。


これは我が家の事情ですが。
このような人気本を借りたとき、2週間で3人が読まなくてはいけないわけなんですね。
だいたい、お父さんが1週間、娘が4日、私が3日の配分になります。

量がある本だと結構大変。
私は手が空いたらずっと読んでいました。

例えば、グラタンを焼くためにオーブンを予熱するたった数分の間でも読んでいました。
それで、かなりの読書馬鹿になっていたなと思って、読み終わった後に反省しました(笑)


似たような経験がある人もいると思います。
夜寝る時間になっても本を読んだり、
通学路を歩きながら読んだり、
宿題をせずに読んだり……
それで、おうちの人に怒られた人もいるでしょう(笑)

なかなかやめられないですね。。。



-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
10月の作文教室は、10月11日(水)と10月25日(水)の予定です。
11月の作文教室は、11月8日(水)と11月22日(水)の予定です。
12月の作文教室は、12月13日(水)と12月20日(水)の予定です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-09-29 10:46 | | Comments(0)

おすすめの本情報

9月27日(水)

今日添削した作文の中の「今読んでいる本」のらんに、この本を書いている子がいました。

私が小さい頃、何回も読んで、娘にも何回も読み聞かせをした本です。
久々に絵本を読もうと思いました。


さて、昨日約束していた「おすすめの本情報」ですね。

このブログで紹介した「雪とパイナップル」よかったですねぇ~と共感し合えて、
最近読んだ本のなから、子ども達におすすめできそうな本を教えてもらいました。


給食のおにいさん (幻冬舎文庫)

遠藤 彩見/幻冬舎

undefined


私もすぐに図書館の予約かごに入れました。
貴重な情報をありがとうございます!!!
感謝、感謝です!!

子どもにどんな本を与えたらいいんだろうと思ってこのブログを見に来てくださる人もいるようで、きっと多くの人の参考になると思います。


最近、京都市図書館、予約数が多いと思いませんか???
本を読む人がたくさんいるのは嬉しいことですが、待ちが長くなってきましたね。
ゆっくり待つしかないですね。待つことを楽しみたいと思います。


-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
 9月の作文教室は、9月13日(水)と9月27日(水)の予定です。
10月の作文教室は、10月11日(水)と10月25日(水)の予定です。
11月の作文教室は、11月8日(水)と11月22日(水)の予定です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-09-27 11:02 | | Comments(0)

ひとことに感謝

9月26日(火)

ブログを読んでのひとことを、最近いただくことが多く、ありがとうございます!!

子どもたちが一生懸命考えた表現を紹介したり、本の紹介をしたり、私の子育ての話を書いたり……と細々と続けていますが、みなさんからひとことをいただけるのは、とてもありがたいです。一方通行ではないですからね。

娘の話を書いたら、反響が大きいです。
最近は書くことがないんですね。。。でも、また書きますね。

それから、旅行の話も。

私も、子ども達の旅行の作文を読むと、行ってみたいなぁ、と思います。
このお店のこれがおいしかったという話はメモしています(笑)
夏休みに沖縄に行った子が、沖縄の良さを一生懸命教えてくれたので、私も今度は沖縄に行こうかなと思っています。


そして、そして、本の話。
数多くある本の中から、おもしろそうな本を見つけて読んで、その中で子供たちにおすすめできそうな本を紹介していますが、私一人の力では限界があります。
みなさんからのおすすめの本情報は、本当にありがたいです。

おすすめの本情報をいただいたので、明日、紹介したいと思います。


-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
 9月の作文教室は、9月13日(水)と9月27日(水)の予定です。
10月の作文教室は、10月11日(水)と10月25日(水)の予定です。
11月の作文教室は、11月8日(水)と11月22日(水)の予定です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-09-26 12:22 | | Comments(0)

病院の待ち時間に

9月21日(木)

昨日は、定期検診の日で、朝早くから病院に行って待っている間、ずっ~と本を読んでいました。

私は、イライラと待っても仕方ないので、本とお菓子を用意して、じっくり待つことにしています。

今回はこれらと共に。。。
a0132715_09364233.jpg
「首折り男のための協奏曲」は、伊坂幸太郎らしい本でした。裏切られることもなく、伊坂ワールドを楽しむことができると思います。


「本を守ろうとする猫の話」は、「神様のカルテ」のイメージとはかなり違う作りでした。ファンタジーの部分は、ぐいぐい押し進めていく展開ではなく、ひょろりとしながらも鋭い指摘をしてくるような、神様のカルテの栗原一止のような雰囲気で展開されています。ラブ感もほどよくあって、中高生におすすめできると思いました。


「女の子が生きていくときに、おぼえてほしいこと」 
この本は、中高生の女の子はもちろんのこと、お母さんにも読んでほしいと思います。娘の反抗期についても書かれています。30分くらいで楽に読めます。
全く同じ考えではない人もいると思いますが、「女の子だから」という理由で諦めたり、「男の子だから」という理由で我慢したりすることはないんだということを私もみんなに伝えたいなと思いました。


ここでタイムアウト。
AIの本は、また今度。。。

-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
 9月の作文教室は、9月13日(水)と9月27日(水)の予定です。
10月の作文教室は、10月11日(水)と10月25日(水)の予定です。
11月の作文教室は、11月8日(水)と11月22日(水)の予定です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------





[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-09-21 09:36 | | Comments(0)

ほっこりミステリー

9月19日(火)

最近読んだ本の中から、今日はこの本の話。

「ほっこりミステリー」

(今、ブログサイトで、本情報の貼り付けができなくなっているみたいです。。。
興味のある人は、自分でググってください。。。)


人の死なないミステリー小説で、4編あります。


1、殺し屋兜シリーズの伊坂幸太郎

2、少し前にこのブログでも紹介した岬洋介シリーズ「いつまでもショパン」の中山七里

3、佐方貞人シリーズ「検事の死命」の柚月裕子

4、女性秘匿捜査官 原麻希シリーズの吉川英梨

とても豪華な構成!!



短編なので短時間で読みやすいわりには、ミステリーなのではらはら感もあり、読了感がしっかりとあると思います。

あまり本を読まない中高生で、甘い恋愛小説とか熱い青春小説なんかは苦手なんだよな、という人におすすめ。

私としては、この本を読んで、次はこの本の中から気に入った作家の本を読むという流れを期待してしまいます。

読書の秋ですからね。
自分にとっておもしろと感じる本に出会ってくださいね。


-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
 9月の作文教室は、9月13日(水)と9月27日(水)の予定です。
10月の作文教室は、10月11日(水)と10月25日(水)の予定です。
11月の作文教室は、11月8日(水)と11月22日(水)の予定です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-09-19 10:36 | | Comments(0)

おすすめの本「わたしの苦手なあの子」

9月15日(金)

小5の女の子から、おすすめの本を教えてもらったので、紹介しますね。


a0132715_10470656.jpg

わたしの苦手なあの子 (ノベルズ・エクスプレス)

朝比奈 蓉子/ポプラ社

undefined

二人の女の子の友情物語のようですよ。
ぜひ図書室や図書館で見つけて読んでみてね。

こういう情報は、本選びの参考になります。
貴重な情報をありがとう!!

これからも読んでおもしろかった本をどんどん教えてね。


-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
 9月の作文教室は、9月13日(水)と9月27日(水)の予定です。
10月の作文教室は、10月11日(水)と10月25日(水)の予定です。
11月の作文教室は、11月8日(水)と11月22日(水)の予定です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-09-15 10:46 | | Comments(0)

雪とパイナップル

9月12日(火)

今日は本の話。

最近読んだ本の中から、おすすめしたいなと思った本があったので紹介します。

「雪とパイナップル」

雪とパイナップル

鎌田 實,唐仁原 教久/集英社

undefined


チェルノブイリ原発事故で白血病になった少年アンドレイの話です。

希望をもって、絶望の中を生きるアンドレイとその家族の姿が胸にしみ、日本の医療専門家チームの人たちの温かさにも心打たれました。

たくさんのメッセージがぎゅっと込められた本でした。

あとがきには、「大人のための絵本」と書いてありましたが、大人も子供も読んでほしい。
とにかくたくさんの人にこの本を手に取ってほしい。
小学校高学年の読み聞かせにもおすすめです。

文字数も少なく、難易な言葉もないので、あまり本を読むのが得意ではない中高生でも読めますよ~
30分もかかりません。

あとがきか「旅を終えて」の一部をのせておきますね。
筆者からのメッセージです。

a0132715_17213738.jpg
パイナップルを探して雪の町を歩いた日本の女性のことを
おかあさんが忘れていなかったという事実に
新鮮な感動を覚えました。
ちかごろ、世界は
許すこと、感謝すること、ほほ笑みあうことを
忘れてしまっていることに、
おかあさんの言葉から気がつきました。
悲しくて、切なくて、美しい話でした。
こんなジャンルがあるかわかりませんが
大人が読む絵本というカタチにしました。
かつて、子どもだった大人たちに読んでもらいたい。
ジワジワと若い人に広がっていって
大人から子どもたちに手渡され
本の好きな子どもたちがいつか読んでくれるようになったら
こんなうれしいことはありません。
命の切なさや、大切さを考えることのできる
未来の日本を支える人たちにこの本を贈ります。
ぼくは未来を信じています。


-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
 9月の作文教室は、9月13日(水)と9月27日(水)の予定です。
10月の作文教室は、10月11日(水)と10月25日(水)の予定です。
11月の作文教室は、11月8日(水)と11月22日(水)の予定です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-09-12 10:21 | | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31