カテゴリ:つぶやき( 219 )


構成用紙の例

a0132715_953472.jpg

 言葉の森歴2年の小3の子の構成用紙を紹介します。
 明るくはつらつとした声の女の子です。現在、800字を四段落構成で書いています。盛り上がる場面を作ることがとても上手です。これは、構成用紙を書く過程で、一番伝えたいことがはっきりしているからです。

 構成用紙はメモ書きなので、雑な書き方でかまいません。この子のように、思いついたことをどんどん書いていき、後で順番を決めるのもよい方法です。構成用紙が書けたら、一度、おうちの人に見てもらって、足りない説明をおうちの人に足してもらうとよいです。

 「たとえ(まるで~のように)」の枠は、第二段落の一番下に書いてあることが多いですが、第二段落の一番最後に入れるということではないです。第二段落には、自分の体験実例を書くことが多いので、その実例の中に「たとえ」の表現が入るとよい、ということです。
[PR]

by kiriko-no-mori | 2013-08-09 09:01 | つぶやき | Comments(0)

途中で力つきたら→それでいいんです!

a0132715_9463315.jpg

毎週、作文を一つ仕上げるにはかなりのエネルギーがいります。
何か特別なことがないと書けない、この前も同じことを書いたから、何もしていないから……等々、書けない理由はたくさん出てくると思います。

人間には、どんなことにでも波があって、自分でも驚くくらい集中して上手く進んで行く時期と、思うように進まなくて暗いトンネルの中を走っても走っても出口が見えないような時期があります。この上手くいかない時期を耐えて脱した経験をすると、それが成功体験になり、困難に直面したとき、もうちょっと頑張ってみようと馬力がでるようになります。
スポーツでも習い事でも勉強でもお手伝いでも、どんなことにも言えることです。皆さんも心当たりがあるのではないかな。大人は長く生きている分、多くの経験を積み重ねてきているので、成功経験や失敗経験などたくさんの経験談があると思います。おうちの人にも聞いてみて下さい。

作文の場合も、突然書けなくなることがあります。1回だけ書けない場合もあれば、数ヶ月書けない時期が続くときもあります。
そういう時は、書けたところまででいいんです。毎週の課題に、小学生で45分、中学生で60分以上時間を費やす必要はありません。その時間内で書けたところまでで送ってきてください。
作文は出力作業です。入力作業の音読と読書と対話がないと出力できません。一番大事なことは、書けるときも書けないときも、毎日のルーティンワークを粛々とこなすことです。音読・読書・対話 です‼
ーーーーー☆彡ーーーーー☆彡ーーーーー
[PR]

by kiriko-no-mori | 2013-08-07 09:36 | つぶやき | Comments(0)

読書感想文を書くために

 読書感想文を書くための本の読み方を紹介します。

072.gif読書1回目
 本を読みながら、楽しそうだなと思ったところや悲しいと思ったところ、不思議だと思ったところやもっと知りたいと思ったところ、すごいと思ったところなど、心が動いたところにどんどん付箋をはります。読み終わったとき、一番感動した場面を構成用紙に簡単に説明しておきます。

072.gif読書2回目
 さあ、ここからが本番です。自分も同じような経験をしたところや同じような気持ちになったところ、「もし自分だったら」と想像したところに付箋をはりながら読みます。1回目より丁寧に読めるので、さっとしか読まなかった情景表現や心境の変化を感じる会話文などが目にとまってくると思います。すてきなだと思った表現は構成用紙の端に書き出してもいいですね。感想文の中に同じような表現を入れると豊かになります。

 付箋をはったところを書き出して、流れを組み立てます。

 結論は、「この本を読んで分かったこと学んだこと」「これからどのように活かしていきたいか」ということを書きます。

*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*
[PR]

by kiriko-no-mori | 2013-08-05 19:25 | つぶやき | Comments(0)

今日ははし(箸・橋)の日

みなさん、お久しぶりです。約2年ぶりです。

 このブログをお休みしている間は、「フェイスブックで繋がろう!」という言葉の森のキャンペーンのもと、ブログからフェイスブックへの移行を試みていました。

 久しぶりにブログを開いてみて、あの頃は、月に1回、言葉の森新聞の記事を書いていたんだと懐かしく思い出しました。

 フェイスブックは、全国の言葉の森講師や卒業生とコミュニケーションを取るには、とてもよいSNSです。友達限定の記事では、かなりプライベートなことまで書くことができ、他の先生達の子育てや家事をしながら自分の趣味を楽しみ、自分らしく生きようと頑張っている姿や、卒業生たちの未来に向って突き進んでいる姿に刺激をもらえます。

 しかし、読むことができるのはフェイスブックに登録している人だけなので、なかなか輪が広がりにくく、外への発信には期待薄なのかなと感じています。

 また、このブログを再開し、連絡事項や伝えたいことなどを書いていこうと思います。時間があるときに、遊びに来てください。

*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*
[PR]

by kiriko-no-mori | 2013-08-04 17:10 | つぶやき | Comments(0)

進級試験です。

a0132715_11102459.jpg

【今、私のお気に入りのマリナドブルボンのさくらんぼティ】
 ホットで飲むと少し苦味があるけど、アイスにすればすばらしい風味になります。半日かけてゆっくり水出しするのがおすすめ。口の中はもちろんのこと頭もすっきりしますよ。

 言葉の森新聞でもお知らせしましたが、
6月1週は「進級試験」です。

056.gif項目シールが4枚きちんとはられていること
056.gif目標字数を達成できていること
056.gif締め切りが守られていること
056.gif4月・5月にそれぞれ1作品以上の提出があること

 以上、4点で合格が決まります。

新学年になり、時間のやりくりに試行錯誤をしていて、なかなか作文に取り組めていない人は、急いで作文用紙に向かいましょう。ちょっと心配な子がちらほら。。。あなたの作文が届くのを待っていますよ。
[PR]

by kiriko-no-mori | 2011-05-25 11:39 | つぶやき | Comments(0)

とうふ作り

先日、小2の生徒さんからとうふの作り方を教えてもらいました。
にがりの量を正しく入れないとにがくて食べられないそうです。
3回目にやっとおいしくできたそうです。

作文用紙の裏いっぱいに作り方を絵に描いてくれたのですが、写真を撮るのを忘れてお返ししてしまいました。


豆乳とにがりをボウルに入れて混ぜます。
a0132715_18564473.jpg


よく混ぜると、茶碗蒸し用の食器に流しいれます。茶碗蒸しのときみたいにこさなくても大丈夫。
a0132715_18571749.jpg


その後、電子レンジに入れてスタートボタンを押すと出来上がり!
スチーム機能で20分でちょうどよい仕上がりになりました。
a0132715_18574169.jpg

うん、うん、スプーンで食べるとうふ。美味しかったです。
[PR]

by kiriko-no-mori | 2010-09-21 19:03 | つぶやき | Comments(0)

告白

告白

湊 かなえ / 双葉社



 最近、中学生・高校生の生徒さんでこの本を読んだ本を書く欄に書いてくれる人が何人かいます。
今、映画が放映されていて、話題になっているんですね。
15歳以上の人しか見られないので、本を読んでいるとコメントしれくれた人もいます。

 私はこの本を1年位前に読んだのですが、感動というよりはちょっと怖い感じがしました。冷静というよりは冷たい感じがしたんですね。

 映像化ではどのように表現されているのかわからないので、15歳以上しか見られないという点はコメントできませんが、本に興味を持って読んで考えさせられたという経験は大事にしたいですね。


それからこの本。この夏にドラマ化されます。
私の大好きな福山さんがこの本を読んで歌をかいたというので、早速私も読みました。

美丘

石田 衣良 / 角川書店


 
まあ、私には許せれる部分と許せれない部分があるのですが(笑)、
作者の石田さんは、もっと深い恋愛をして苦しい恋も楽しもうというメッセージが込められているとインタビューに答えていました。
傷つきたくないから真正面から向き合わない、真剣にならないという人が増えているんだそうです。私の周りは熱血人が多く、皆さんも心に熱いものを持った人ばかりなので、そういう感覚はなかったのですが、世の中の流れはそうなのかもしれませんね。

福山さんがどんな歌詞をかいたのかまだわからないので、その点で私はドラマの初回楽しみにしています。
[PR]

by kiriko-no-mori | 2010-07-08 18:40 | つぶやき | Comments(0)

サッカーワールドカップ 盛り上がっていますね。

 連日、好試合が続いているサッカーのワールドカップですが、皆さんにとっては、なかなかテレビで観戦することが難しい時間帯ですね。

 開催前に、サッカー好きな少年たちに、どこのチームが良さそうか聞いてみたのですが、それぞれなんですね。
「イタリア」や「ブラジル」、「メッシが注目」などなど、サッカーのことをあまり知らない私にていねいに教えてくれたみんな、ありがとう!

 あれから、一生懸命調べて、かなりわかってきましたよ。
開幕してから夜更かしをしてみていましたが、昨晩は応援もお休み。
今日の「ギリシャvsナイジェリア」に備えます!
この試合は、どちらを応援しようかと悩んでしまいますね。

ひいきのチームは、まずは、絶対 「日本」でしょ。
次に、アジア対○○○ だったら、アジアでしょ。
そして、アフリカ対○○○だったら、アフリカ。

でもね。ギリシャは、今、国内が不安定だから、サッカーを見ることで元気になれるかもと思ってしまうし、そんなことを言うと、北朝鮮とかパラグアイとかホンジュラスとかもそうだし。。。

やっぱり、ナイジェリアを応援しようと思います。

でも、例外が1つだけ。ポルトガルはひいきのチームです。だって、ロナウドがかっこよいんだもの。
[PR]

by kiriko-no-mori | 2010-06-17 12:16 | つぶやき | Comments(0)

かわいいシールが届きました。

 学校も新学年が始まり、クラス替えがあった人は喜んでいる人も不安に思っている人もいるようですね。私は、とても小さな田舎の学校に通っていて、小学校のうちは1学年1クラスしかなかったので、皆さんのようにクラス替えで心を躍らせる経験が乏しいです。だから、この時期、皆さんのそういう話を聞くのがとても楽しいです。不安に思っている人は、早くクラスの中で自分の居場所が見つかるといいなぁと思います。

 言葉の森も新学期になり、1週目のお勉強が終了しました。今学期も事務局からかわいいシールがたくさん届きました。皆さんの作文用紙にはるシールです。3ヶ月に1度、その季節にあったシールをふくめ、いろいろな種類のシールを事務局の先生方が吟味して送ってくれます。私もお店に行ったとき、どんなシールがあるんだろうと興味を持って見るのですが、作文用紙にはれる大きさで、みんなが喜びそうなシールで、これだけの種類を毎回準備するのは大変だろうと思います。事務局の先生たちの愛がこれらの小さなシールにいっぱいこめられています。
「シールをたくさんはってください。」というコメントを書いてくれる人もいますね。はぁ~い!たくさんはりますよ。4月は、封筒の宛名窓には桜の花のシールをはっていますが、さくらが終わると、たんぽぽ→こいのぼりと続く予定です。後は、お楽しみに!   

a0132715_13384982.jpg

[PR]

by kiriko-no-mori | 2010-04-10 14:08 | つぶやき | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー