カテゴリ:つぶやき( 256 )


しょうがないでしょうが~

週末に、新生姜を漬けました。
生姜を洗って、皮をむいて、細く切りながら思いついたダジャレを今日の題名にしました♪

みなさん、不定期にもかかわらず、私のブログに遊びに来てくださり、ありがとうございます。
最近、色々な方から励ましや共感のメッセージをいただき、恐悦至極に存じます♡

特に娘のことを話題にした記事には子ども達からの反響が多く、
「先生の子どもって、何曜日に来てるの?」
「先生の子どもって、おこられることある?」
「先生の子どもって、一番悪いテスト、何点だった?」
などなど、子どもらしい質問をしてくれます(笑)

私が書いた記事が家庭で話題にあがり、おうちの人の思い出話や世の中の話などに話が広がっているようすが目に浮かびます。

読んでくださる人がいるというのは、書く気持ちが前向きになりますね。
できるだけ更新していきますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。

☆----------------------------------------------------------------------------------☆
[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-06-23 17:28 | つぶやき | Comments(0)

夏休みにむけて

みなさん、ゴールデンウィークを楽しむことができましたか。

いとこの家に行った人、旅行に行った人、試合があった人、家でゆっくりした人、みなさんそれぞれの休暇を過ごしたことと思います。春休みが終わって、この連休を楽しみに予定をたてていた人も多かったことでしょう。

お天気にも恵まれて、過ごしやすい連休でしたね。

我が家では、お父さん(私の夫ね)が論文の締め切り間近で白熱していて爆発寸前だったことと高校生の娘に山のような宿題がでたことで、1日だけパーと遊んで、後は机に向かい続ける二人に食事を提供する日々でした。



「やっと行ってくれた!」
今朝の解放感といったら、もう・・・・・・。連休終了後のみなさんとは真反対の気持ちでした(笑)

さあ、今日からまた日常です。5月・6月と頑張って、7月には夏休みが始まりますね。

夏休みにむけて、また新たなスタートです!!
大きな目標と小さな目標をもって、毎日を過ごそうね。

連休中に音読をし忘れた人は、今日からまたスタートです。
何回でも一歩を踏み出せばよいですからね。


☆-----------------------------------------------------------------------☆
[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-05-07 18:58 | つぶやき | Comments(0)

連休中の郵便事情

いつも添削作文が返却されるのを、まだかな、まだかな、と思いながら待っているみなさん。ありがとう!! この気持ち、よくわかります。

私も、みんなの作文が届くのを待っていて、定期的に届かなかったら、どうしちゃったんだろう?? と心配になりますからね。

郵便配達は日曜日と祝日はお休みになっていますが、年に何回か祝日でも配達をする日があります。詳しいことは郵便局のホームページに書いてあります。

http://www.post.japanpost.jp/deli_days/holiday/

今年の連休はこのようになっています。

5月2日(土) 通常配達
5月3日(日) 日曜日なので配達なし
5月4日(月) 祝日だけど配達あり
5月5日(火) 祝日のため配達なし 
5月6日(水) 祝日のため配達なし

ポストに投函した郵便の集配はありますが、連休中に私の家に作文が届くには、5月4日だけ。あとは連休明けになります。

連休明けにはたくさん作文が届くと思うので、添削に精を出しますが、みんなの家に届くのは11日以降になると思います。

気長に待っていてくださいね。

それでは、よい連休をお過ごしください。
☆-----------------------------------------------------☆

[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-05-01 18:22 | つぶやき | Comments(0)

ぐりとぐら展

昨年から楽しみにしていた「ぐりとぐら展」がやっと関西にやってきました。
東京→鹿児島→広島→愛知→兵庫県伊丹市立美術館 長い旅ですね。これから福島県でも開催されるようです。

週末に夫と行ってきました。

a0132715_14363394.jpg
私も子供のころに読んだことがあるし、娘にも何回も読み聞かせをした思い出の本たちです。

原画を見ていると、昔がよみがえってきて泣きそうになりました。だちょうのたまごでホットケーキを焼いてくださった保育園の先生のことや、娘が古着を体にまきつけて掃除を手伝ってくれたり一緒に古くなったセーターをほどいて毛糸にしてマフラーを編んだりしたことなど色々なことをたくさん思い出させてくれました。

絵本の世界は、本の中だけに終わらず、生活の中で物語が生きます。絵本のおかげで、創造的な取り組みができていたことを改めて感じました。

会場には、小さい子も多くいて、大変なにぎわいで、私もよい時間を持つことができました。
a0132715_14590351.jpg

----------------------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-04-21 14:32 | つぶやき | Comments(0)

ハナミズキ


ハナミズキの切手を買いました。
アメリカからハナミズキが寄贈されて今年で100年だそうです。
梅が咲き終わり、桜が散り、梅雨に入る前の爽やかな季節に、白やピンクの大きな花を咲かせるハナミズキですが、日本が送った桜のお礼に送られたということを知りました。

a0132715_19343984.jpg
「ハナミズキ」の映画も心に残っています。
この切手をきっかけに検索してみたら、撮影場所はニューヨーク、カナダとなっていました。私はヘルシンキだとずっと思っていたのですが、うろ覚えなんですね。

私は、この時期になると、ハナミズキの歌をよく口ずさみます。みんなは知らない歌かもしれませんが、お母さんたちはよく知っていると思います。今の私には「ぼくの我慢がいつか実を結び 果てない夢がちゃんと終わりますように」というところにものすご~く励まされます。みんなが頑張っている勉強や習い事も、おうちの人が頑張っている仕事や家事も我慢することが多いですからね。でも、その我慢もいつか夢の実現となって、もしくは違う形になってちゃんと実を結びます。そのことを多くの大人は経験しているので、今日も明日も明後日も努力して生きているのです。みんなで小さな成功体験を積み重ねていきましょうね。


今日のおまけ
一青窈さんの歌声も徳永英明さんの歌声も好きですが、ここはこの人の歌声を出すしかないでしょう(笑)
福山雅治「魂リクバージョン ハナミズキ」


☆-------------------------------------------------------------------------------------------☆

[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-04-16 20:33 | つぶやき | Comments(0)

ドイツに行ったのはどいつ?

昨日から新学期の人も今日、明日から新学期の人もいますね。
入学、進級おめでとう‼

「今読んでいる本」のらんに書いてある本が長編になっていたり、シリーズ化された本を続けて読んでいたり、春休みに読書をしっかりしている人が多かったようです。作文の提出率もよいです。学校が始まってもこの習慣を維持していってくださいね。

私も春休みをいただき、娘と二人ドイツへ行ってきました。多くの人に助けてもらい、やりたいことを全部やって帰国することができました。ドイツは鉄道網が充実していて、私達のような母娘でも自力で色々な街に行くことができました。



これは、ハイデスベルクの街並み。憧れのハイデスベルク大学の学食でランチをすることができました。
a0132715_14554939.jpg



ICEに乗ればあっという間にドルトムント。ゴール裏のスタンドで「うぅ~うぅ~」と叫びながらジャンプをしました。
a0132715_14583484.jpg



アイントラハト・フランクフルトではブンデスリーガ―の選手達が練習をしていました。この練習風景に圧倒された私。ここのスタジアムツアーはドイツ語だったので、私は全く理解できませんでした(悲) 


a0132715_15001626.jpg



昔、娘に何回も何回も読んでとせがまれた思い出の本「大どろぼうホッツェンプロッツ」を本屋さんで見つけ即購入。ドイツ語ではありません。英語版です。
左の本は、「去年一番よく売れた本」と説明があったので買ってみました。店員さんが親切に娘に色々と説明をしてくれていました。人気の本で続編がでるようです。日本語の翻訳本はまだのようです。

a0132715_16070664.jpg


地図をにぎりしめ、時刻表とにらめっこしながら右往左往し、笑いたくさん、失敗たくさん、感動たくさんの旅でした。


おまけは、ドイツ鉄道の駅にある時刻表。降りる駅を間違えたらいけないと不安なのでこうやって写真に撮ってお守りにしていました。
a0132715_16231884.jpg



これから、春休みに楽しかったことを書いた作文が届くと思います。みんなの春休みの体験談を楽しみにしていますね。
-------------------------------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-04-07 09:00 | つぶやき | Comments(0)

時間がかかりすぎる人へ

最近、「時間がかかりすぎる」という相談を何件か受けたので、そのことについて書きます。

作文を書く時間の目安は小学生で60分、中学生で90分です。それ以上は要りません。それ以上時間がかかっている人は、途中でよいので送ってくること。どうしても続きが書きたい人や、結論の書き方を勉強したい人は、続きは清書や自由作文のときに書きなさい。

毎回、時間を計って、60分(90分)を意識して書くと、だんだん時間内に書き上げられるようになります。最初は、3行しか書けなくてもかまいません。途中で終わった場合は、
「先生、ここまでで60分、時間切れです。」
と書いて送ってきなさいね。

構成用紙やメモしか書けなかった人は、構成用紙やメモだけを送ってくればよいのです。

第二段落の途中まで書いてよくわからなくなったという人は、3行ほどあけて、第三段落を書き出すとよいです。そのときも「ここからわからなくなったので、次の段落に行きます。」とメモをしたらよいです。

集中力がなくて他のことが気になって時間がかかる人は、自分の問題です。心を整える訓練をしなさい。毎日、少しの我慢を積み重ねなさい。

おうちの人にも同じような経験があるかと思うので、聞いてみるとよいのすが、時間とはおもしろい生き物で、時間がないときほど人間を要領よく動かさせてくれます。忙しいときほど仕事がはかどったり、家事を入念にしたりするものなんです。

作文の勉強を通して、時間を自分で管理できるようになってください!!

------------------------------------------------------------------
おうちの方へ

時間制限を始めたころは、今までよりも文章が雑になります。それは一時のことで、遅くとも3ヶ月くらいでもとの文章に戻ります。ここで、雑さを指摘すると、長い目でみたときに、いつまでも時間がかかるようになるので、ぐっと我慢してください。
おうちでは、毎日の音読と読書の習慣を維持できるよう、励ましてあげてくださいね。
どうぞよろしくお願い致します。

-------------------------------------------------------------
【連絡事項】
 ◆3月21日(土)が祝日のため、土曜日に到着予定の郵便は月曜日到着になります。普段より返却が遅れると思われます。
 ◆3月27日(金)~4月1日(水) 春休みをいただきます。その間に届いた作文は4月2日以降に順番に返却します。メールの送受信はできるかどうかはっきりわかりません。 
 ◆稲荷塾の3月の作文教室は、3月18日(水)と3月25日(水)にあります。
☆-----------------------------------------------------☆


[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-03-17 14:59 | つぶやき | Comments(0)

春休みに読む本を準備しよう

もうすぐ春休みです。
そろそろ、春休みに読む本の準備を始めよう‼

図書館で借りる予定の人は、早めに予約しないといけないですからね。

せっかくの長期休暇ですから、シリーズ本を制覇するのもよいですし、一つのテーマで何冊か読み比べるのもおもしろいかもしれません。


最近、中学生の何人かにはこの本を薦めました。稲荷先生のブログでも紹介されていた本です。原発のこと、硫黄島のこと、拉致問題のことがとてもわかりやすく説明されています。読みやすいですよ。私も春休みに娘に薦める本はこれにしました。

ぼくらの祖国

青山 繁晴/扶桑社

undefined



後、この本を薦めた人もいますね。小5くらいから読めると思いますが、小学生のときに読んだ人も、中高校生になって再度読むと新たな視点で読めたり、実感できる場面が増えたりしているかもしれませんね。

モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)

ミヒャエル・エンデ/岩波書店

undefined


このシリーズもお勧めです。今まで、何人の子が全巻制覇したことでしょう。50巻あります。春休みから夏休みにかけて、ぜひ挑戦してほしいですね。小3くらいから読めます。

それいけズッコケ三人組 (ポプラ社文庫―ズッコケ文庫)

那須 正幹/ポプラ社

undefined



これらは、ほとんどの子がおもしろいという本です。あまり本を読まない人は、まず、これらのどれかを手に取ってみるとよいと思います。

------------------------------------------------------------------------------
ある夏に、言葉の森の講師達がお勧めの本を出し合い検討し、「読書感想文の推薦図書」を決めたことがあります。この記事にあります。
   ↓

少し前だと思っていたら、もう7年も前になるのですね。今見ても、良書ばかり! 参考にしてください。

☆-------------------------------------------------------------------------☆

[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-03-06 09:00 | つぶやき | Comments(0)

3月が一番好き!

3月になりました。

みなさん、音読 頑張っていますか。

言葉の森のみなさんは、毎週、音読や暗唱のチェックをしているので大丈夫ですね! 

稲荷塾のみなさんも、かなり音読が習慣化してきましたね。前回の作文教室のときに聞いてみると、「難しい所もあるけど、お母さんに聞いているからだいじょうぶ。」「今月は結構頑張ったんですよ。」と自己アピールができる子が増えてきました。1年前は「あっ、ふつうに。」「まあまあ。」なんて答えていたのにね(笑)

2月の私はこのブログを書くことを頑張りました!!! 
言葉の森の中根先生も稲荷塾の稲荷先生も、毎日毎日、記事を書いていらっしゃって、私もこれからできるだけ毎日アップしようと決意して臨んだ取り組みでした。

思い起こせば、言葉の森の講師になって一番大変だった仕事は、毎月言葉の森新聞に載せる記事を書くという仕事で、一番楽しかった仕事は、子ども達の光る表現を集めて記事にするという仕事でした。どちらも現在はない仕事ですが、私に多くの学びを与えてくれ、成長させてくれたと実感できた仕事だったので、この二つを合わせたブログを作ろうと考え、今日に至っています。

毎日、多くの方が立ち寄ってくださり ありがとうございます!!

最近、子ども達の作文に「おうちの人から聞いた話」がよく入るようになりましたし、子ども達が前よりも増して生き生きと作文を書くようになりました。全て、家庭学習と親子の対話の成果です。これからも、子ども達と私(!)を励まし支えてやってください。

3月も走り続けます!!!

3月は私が一番好きな月です。だってマイバースディがあるんですもの。
もうこの歳になったらだれも祝ってはくれませんから、自分で祝うんです。
よって、3月27日(金)~4月1日(水) 春休みをいただきます。その間に届いた作文は4月2日以降に順番に返却します。少し早い予告ですが、3月27日(金)4週目の言葉の森の電話指導は代講になります。時間が合えば、3月26日(木)に振替可能です。講師都合なので指名振替料は不要です。希望する人は早めに伝えてくださいね。また近づいたら、再度お知らせします。

☆------------------------------------------------------☆

[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-03-02 09:00 | つぶやき | Comments(0)

ダメな母親

今日は少々刺激的な題名ですが、私はダメな母親です!(と言ってしまえば気も楽になる(笑))

プライベートな話ですが、母親になって最初に、母乳が満足にでなかったので、ダメな母親になりました。全てはここからです。夫が抱っこひもで娘を抱いて、昼過ぎにベランダで洗濯物を干している様子を見られて、ダメな母親だとお叱りを受けたこともありましたし、娘の好物しか入れない茶色いお弁当は過保護だと忠告を受けたこともありますし、最近では子離れができていないと心配してくださる人もいます。

耳の痛い話もあるし、反論したい気持ちを持ちながら黙って聞くこともあるし、とにかくこれらはほんの一例で、ずっと「こんな子育てではダメだ。」と言われてきました。

なぜこのようなことを書いたかというと、このブログを読んでくださっている方の中に、

「私は子供の音読の習慣を上手くつけさせられなかった。」
「私の育て方が間違っていたから、子供の成績がよくないんだ。」
「私は子供を褒めることができない。」
「他の子は勉強もできるし親の言うこともよく聞くのに、どうしてうちの子だけダメなんだろう。私の育て方がいけないのかな。」

と自分を責めてしまう方がいらっしゃるかもしれないと、一抹の不安を感じたからです。

このブログでは、作文が特に上手に書けている場面や音読や暗唱の家庭学習が上手くいっている人を紹介していますが、どの子も多かれ少なかれ波があり、上手くいったりいかなかったりを繰り返しながら取り組んでいます。

私もそうです。仕事も子育ても上手くいったりいかなかったりですが、上手くいかない方が多いです。言葉の森に長く在籍してくださっているお母様とは、お互い子育ての大変さを話しながら(お手紙交換しながら)励まし合っています。

最近では、私より若いお母さんが増えたので、私の不器用な子育てを参考に話をさせてもらうことも増えましたが、最初の頃は、お母さん方から教えていただくことばかりでしたし、言葉の森の同僚の講師から教えられることもたくさんありました。

一緒に働く同僚や私と同じ子育て中のお母さん方は、私の心の支えです。

みんな、試行錯誤しながら頑張っているんだよね。何が正しくて何が間違っているかなんてわからない。ダメな母親でも、日常を積み重ねながら努力していけば少しはましになるかなと思いながら、私も走り続けています。


久々のおまけ。私が元気をもらう曲の一つ。福山雅治「生きてる生きてく」


昨年は運悪く1回もライブに行けず、今週末にある映画館でのライブビューイングのチケットも取れませんでした(悲) 次こそは!!
☆------------------------------------------------------------------☆

[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-02-13 09:02 | つぶやき | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28