<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


告白

告白

湊 かなえ / 双葉社



 最近、中学生・高校生の生徒さんでこの本を読んだ本を書く欄に書いてくれる人が何人かいます。
今、映画が放映されていて、話題になっているんですね。
15歳以上の人しか見られないので、本を読んでいるとコメントしれくれた人もいます。

 私はこの本を1年位前に読んだのですが、感動というよりはちょっと怖い感じがしました。冷静というよりは冷たい感じがしたんですね。

 映像化ではどのように表現されているのかわからないので、15歳以上しか見られないという点はコメントできませんが、本に興味を持って読んで考えさせられたという経験は大事にしたいですね。


それからこの本。この夏にドラマ化されます。
私の大好きな福山さんがこの本を読んで歌をかいたというので、早速私も読みました。

美丘

石田 衣良 / 角川書店


 
まあ、私には許せれる部分と許せれない部分があるのですが(笑)、
作者の石田さんは、もっと深い恋愛をして苦しい恋も楽しもうというメッセージが込められているとインタビューに答えていました。
傷つきたくないから真正面から向き合わない、真剣にならないという人が増えているんだそうです。私の周りは熱血人が多く、皆さんも心に熱いものを持った人ばかりなので、そういう感覚はなかったのですが、世の中の流れはそうなのかもしれませんね。

福山さんがどんな歌詞をかいたのかまだわからないので、その点で私はドラマの初回楽しみにしています。
[PR]

by kiriko-no-mori | 2010-07-08 18:40 | つぶやき | Comments(0)

ビーバー族のしるし

ビーバー族のしるし

エリザベス・ジョージ スピア / あすなろ書房



 中学生の夏休み読書感想文課題図書です。

 文化の違い、価値観の違いに戸惑いながらも、その違いを理解し友情を育む話が中心ですが、自立することの難しさや家族の大切さなども時折読み取れる場面があります。

 今年初めて海外研修へ行った人、中学へ入学し色々な人と出会い友達を作ったという人には書きやすい本です。

 言葉の森でも文化の違いをテーマに作文を書くことがよくあります。今、社会的な問題になっている捕鯨問題を社会実例として入れることに挑戦してくれる人が多いです。映画「ザ・コーヴ」についても様々な意見がでています。ちょっと危険な感じなので中学生が見に行くのは難しいので残念なのですが、文化の違いを理解するということは想像以上に大変なことなんだろうなと感じますね。
この本の感想文の中に捕鯨問題と社会実例として入れて、自分なりの意見を書いてみるのもおもしろいですよ。(1つ注意。捕鯨に賛成とか反対とかいう意見を書くのではなく、文化の違いを理解することは難しいけど必要なことという書き方をしてね。)
[PR]

by kiriko-no-mori | 2010-07-08 17:13 | | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31