<   2014年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧


女神の笑顔

今、稲荷塾の4年生の音読教材を思案中です。皆が秋くらいに音読する教材です。脳の話にしようかな、それともイカの話にしようかな、はたまた、ファンタジーの話にしようかな。

この前、教室で音読のようすを聞きました。小学生は「漢字が難しい」という感想が多かった。

そうですよね~。まだ学校で習っていない漢字がバンバン出てきますよね。ふりがなをつけてないものが多い! 

読めない漢字は全ておうちの人に聞いてください。
おうちの人は全部、教えてあげてください。ふりがなを書いてもらってOK!

子「お母さん、これどう読むん?」
母「(台所でぬれた手をふきながら)どれどれ?」
子「(プリントの漢字を右手の人差指で指しながら)これ」
母「滅茶苦茶(めちゃくちゃ)やん。あんた、『めっちゃたのしかったで』とかよく言うやろ。それや。なんか漢字だけ見てたらめっちゃ苦いお茶みたいな感じやな。」
子「お母さんの説明、めちゃくちゃや」

こんな気楽な感じでよいです。読めない漢字が10個あっても20個あっても全く問題はありません。
毎日音読をしていくうちに、このくらいのレベルの説明文を繰り返し読んでいくうちに、必ず自力で読めるようになりますし、読めない漢字がでてきても前後で想像して内容を理解できるようになります。

「そんな漢字も読めんのん?」「辞書ひき~」などと言いたい気持ちをぐっと飲み込んで、女神の笑顔で接してあげてください。幸運の女神が微笑む!です♡

☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*

[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-05-24 17:48 | つぶやき | Comments(0)

図書館いこ~の続き

稲荷塾の4年生の音読教材「図書館で調べる」より


分類の話から司馬遼太郎さんの話、本の世界の話まで興味深い話がのっています。

この話に出てくる【司馬遼太郎記念館】とても良い所ですよ。
関西に住んでいる人はぜひ一度!

小さい子が走りまわるような雰囲気ではないので、少し大人になってからの方が味わいやすいかと思います。でも、稲荷塾の子の中で走りまわる子はあの子とあの子くらいなので、みんな大丈夫でしょう(笑) 
この話を音読した人や司馬遼太郎さんの本を読んだことがある人は興味をもってもらえるのではないかな。

私は夏に行ったのですが蚊が多い!!! 多いってもんじゃないです。2時間ほどの滞在で両足がふくれあがるほど刺されてしまいました。これからの時期は蚊よけ対策を!

さて、この話を読んで感想文を書いた子の作文を紹介します。
自分が本を選ぶときの方法を説明した後に、お母さんに聞いた話で話を転換したところがすばらしいです。

a0132715_1430641.jpg
お母さんの時代には、本をさがすのには、図書目録カードというものがあったそうです。目当ての本をさがすのに1枚1枚をめくっていくので、時間がかかったそうです。かしだし中かどうかすぐには、わからないそうです。

お母さん、貴重なお話をありがとうございました。これからも子ども時代の話をどんどん聞かせてあげてください。

☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*

[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-05-22 14:33 | 稲荷塾 | Comments(0)

図書館いこ~

最近おもしろいと思う本になかなか出会えず、読み始めては途中でやめるの繰り返し。
こんな時期もあります。本も縁ですからね。ということで、少し本から遠のいていた私。

こんな私が突然読みたくなった。

図書館いこ~ 

昼下がり、時間を作って行ってきました。本来は内省的な読書が好みなのですが、新しい世界を感じたい私がいて、話題になっても手を出していなかった本を何冊か借りてきました。

その中の一冊。これ、30分くらいで読めます。ちょっと頭が柔らかくなるという感じ。読了後にもう1回読もうと思えます。それから、話のネタになります。


a0132715_14291388.jpg

私は、こんな添削ができたら、こんな雰囲気の声掛けができたらと思いました。
気に入ったページをパシャパシャと写メして明日には返却。便利な時代です。

☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*

[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-05-22 14:31 | | Comments(0)

ラブちゃんがこれ大好き♡って気に入ったってよ。

記念すべき1回目の作文が届きました。

a0132715_1982992.jpg

ラブちゃんがおうちに来て数日。
ラブちゃんがおうちになれることと前から飼っているインコが機嫌をそこねないようにインコに声掛けをすることを気をつけているんだそうです。

「じぶんがしたこと」と「まわりのようす」を両方説明しているところと「たぶん」とラブちゃんの気持ちを想像したところが上手!!

a0132715_1982962.jpg

わたしが、ゴムのほねやぬいぐりみをふると、ラブちゃんは、ぴょんぴょんととびはねて、ぬいぐるみやほねにかみつきます。たぶんその時、ラブちゃんは、「これ、何だろう? わたしこれ大好き。」と思っていたと思います。

想像した話 パートⅡでした。

☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*

[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-05-19 20:00 | 言葉の森 | Comments(0)

かまくらの大仏さまがさんぽをするってよ♡

これ見て。何か考え事をしているような大仏さま。私たちの日ごろの行いを厳しく見守ってくださっているような威厳のある大仏さまでしょ。
小2の女の子が描いた絵です。

a0132715_1993414.jpg


予想以上に大きくてびっくりしたそうです。
かまくらに行った話を上手にまとめて説明できていました。特にここの想像した話がよかった!! 


a0132715_1993432.jpg

大ぶつさまのとなりに、人げん三人ぐらいのれる、大きなわらじがありました。わたしはたぶん、大ぶつさまのわらじだとおもいます。よなかになったら、そのわらじをはいて、ドスドスどこかへおさんぽするのかなぁとおもいます。


想像した話はその年齢にしか書けない味がでます。7歳には7歳の、10歳には10歳の、15歳には15歳の……私には私の、味を作文につけていこうね。


☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*

[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-05-17 12:00 | 言葉の森 | Comments(2)

科学する心

稲荷塾の作文教室では、小6(半年以上続けている人は小5の人も)の秋頃から入試問題に取り組みます。昨年度は18回分の問題を出しました。その14回目がこの問題。皆、題材探しに苦戦していました。

a0132715_1845565.jpg

これは17回目の課題。これは比較的よく書けていました。

a0132715_1845632.jpg

このような科学がテーマの課題は食わず嫌いで苦手意識を持つ子が多いのですが、低学年のうちからその手の長文を音読し、身近な話にしていくことで好きになっていきます。

よって、稲荷塾の音読教材は科学的なテーマが多いです。
感想文に苦戦している子が多いですが、書くことよりもまずは読むことに重点をおくこと。
音読を続け、「私にも同じような経験があったなぁ」「ぼくだったらこうするのにな」「きっとこう思ったにちがいないよ」と心にいるもう一人の自分と会話する時間をもつことが大事です。

さて、私が毎朝楽しみにしている茂木健一郎さんの連続ツイートの中におもしろいつぶやきがありました。今日はこれをおまけで紹介しますね。

5月9日の分より
アオスジアゲハ、カマキリ、川の小魚の気持ちになって、その人生というか、蝶生、虫生、魚生で起こりうることを想像して、どうするか考えてみること。ここに、「科学する心」の萌芽があると、私は思っている。科学する心の反義語は、対象に対する無関心である。

最後に一言。今日、音読した???

☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*

[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-05-16 19:00 | 稲荷塾 | Comments(0)

今日のおまけ Part2

母の日だから大奮発!!!

「FIFAワールドカップ2014ブラジル大会日本代表メンバー」が明日発表になります。サプライズはあるのか???
a0132715_12444252.jpg
私は南野君を推します016.gif

☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆

[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-05-11 12:39 | つぶやき | Comments(0)

母の日

今日は「母の日」ですね。
全国のお母さん! 毎日ありがとう!! 
お母さん達のおかげで日本には底力があります!!!

言葉の森の子たちは、みんなお母さんが大好き??
稲荷塾の子たちもお母さんが大好き??

作文の中にもお母さんの話題がたくさん出てきます。

そりゃあ、しかられてふてくされることもあるし耳の痛い話を聞かされることもあるけど、お母さんのことが大好きです016.gif

今日は、お母さんのことを書いた作文を紹介します。


a0132715_1874666.jpg


今思うと、すごくお母さんに感しゃしています。いたさや心細さをがまんして、赤ちゃんから今の十才の私を育ててくれたからです。今回の作文のことで話をしていたら、お母さんが、
「成長してくれてありがとう。」
とやさしい声で言ってくれました。私はいつかそういうけい験をするかもしれないので、私もお母さんみたいに、いたさや心細さをのりこえて、大変なことがあっても、最後は自分がこうかいしないようにしたいです。

今日のおまけは、福山雅治の「誕生日には真白な百合を」魂リクバージョンです。



*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*

[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-05-11 12:00 | つぶやき | Comments(0)

おれは「メロンエナジーアームズ」だ!

「メロンエナジーアームズ」君(小3)の作文を紹介します。

「メロンエナジーアームズ」は彼のペンネームです。毎回ペンネームが変わります。このように、毎回ペンネームを変える子もいますし、自分のペンネームを決めて何年も使い続ける子もいます。小さなところに楽しみを見つけてくれています。

お母さんから、「題名がきめられているため、それについて親子で話し合う会話が増えました」と嬉しい近況報告がありました。メロンエナジーアームズ君は、電話の前にお母さんと話しながら項目を考えるという予習をしてくれています。お母さんと話したことを、再度私に電話で話して教えてくれるのですが、一生懸命頭の中でまとめながら話していることがよく伝わってきます。めっちゃ頭使ってるなぁと思いながらいつも聞いています。

そんなメロンエナジーアームズ君の作文の目標は、小学生新聞に作文がのること。
何度も挑戦してくれています。今回も挑戦する予定です。

a0132715_19163796.jpg


(途中のみ)
ぼくは、だいどころに行ってながしだいを見るとあわだてきやボールやけいりょうスプーン、クッキーのかたなどいろいろなものがたくさんありました。ぼくは、なんだかめんどくさいなーと思いました。もしドラえもんのどうぐのコピーロボットがあったら、らくなのになーと思いました。まず、あわだてきをスポンジたわしであらいました。スポンジでよごれのあるところをごしごしあらうと、まるでしゃぼんだまのようなあわがでてきました。

みなさんも気に入った作文が仕上がったら、清書して小学生新聞や地元の新聞に投稿してみるとよいですよ。

☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*

[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-05-10 17:00 | 言葉の森 | Comments(0)

ぼくも頑張っています!

稲荷塾の最年少ボーイ。
1年間休むことなく書き続け、音読も毎日休むことなくやり続け、作文も感想文も書けるようになってきました。たぶん、お母さんが一番成長を感じていると思います。

宿題の構成用紙はお母さんが書いてくれています。話を聞きながらメモ書きをしてくれています。教室では最初は私が全部書いていましたが、今は全部自分で書けるようになりました。

一文の長さが長くなった。段落わけができるようになった。
さらに、今回は四段落構成ができていた!
第三段落のところを紹介しますね。


a0132715_19111931.jpg


何日か前の小学生新聞でワニのぼく場があってワニを食用にするためにかっているという記事を読みました。ワニの肉を食べるとはらの中でワニがいるように思ってしまいます。けどワニの肉はまるでトリ肉のような味だそうです。カラアゲにするとおいしいかなと思います。

継続は力なり。
継続の秘訣はムリをしないこと。先をみすえて今をがんばること。
その中に楽しいと思えることを見つけること。
おうちの人にも継続の秘訣を聞いてみてごらん。
きっと、おもしろい話が聞けると思うよ。

☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*

[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-05-09 17:03 | 稲荷塾 | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31