<   2014年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


ただいま!

みなさん、御心配をおかけしました。

無事、退院し、今日から少しずつ添削します!!!

入院中、近況をお知らせしたかったのですが、アプリの調子が悪いようで投稿できませんでした。
現在、喉に少し違和感が残るものの、順調に快復しています。昨日は、大好きなお好み焼きと珈琲を味わうことができました。あつあつはまだ食べられないので、常温になった頃に食べています。それでも、おいしい。

休暇中、届いた作文が山のようにあります。届いた順番に少しずつ返却するので、もうしばらく待ってくださいね。

☆-------------------------------------------------------------------------------------☆



[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-12-29 10:18 | つぶやき | Comments(0)

幸せのお茶

これからは、近況ブログとなります。携帯電話からの投稿なので、文章短めです(#^.^#) ←顔文字入り

娘と夫が週末に北野天満宮に大福梅をもらいに行ってくれました。
a0132715_21351097.jpg
a0132715_21352627.jpg
写真をアップしたいのに、アプリの調子が悪い😭💦💦うまくアップできてるかなぁ?

お茶に入れて飲んで、梅も食べました。北野天満宮にいらっしゃる牛を見つけては、喉をさすりまくってきたそうです。

手作りのお守りやメッセージカードなどなど、みんなも本当にありがとう!!! 全部荷物に入れました💞💞💞

準備は整った。後は出発するのみです。

☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆

[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-12-16 21:34 | つぶやき | Comments(0)

良馬はうしろの草を食わず

本日夕方までに届いた作文は、添削を終えました。明日の朝、投函します。
明日以降に届いた作文の返却は、1月5日以降になります。
よろしくお願い致します。
☆--------------------------------------------------------------☆




 
[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-12-16 20:49 | お知らせ | Comments(0)

明日の子供たち

何番目だったかな。たぶん100番くらいだったと思う。
発売早々、図書館に貸出の予約をして、やっと私の順番になった「明日の子供たち」

明日の子供たち

有川 浩/幻冬舎

undefined

すぐに借りに行ったのに、読めないまま返却することになりました。残念。。。
またの機会に楽しみはとっておくことにしました。

今日は、準備をしています。

荷物の中に入れた本はこれ。

とっぴんぱらりの風太郎

万城目 学/文藝春秋

undefined

この本はとても分厚いです。5センチあります。
読んでいて息苦しくなく、誰かを憎むような内容でもなく、しかし、続きが読みたくなるような、腰を据えて読むような本がいいなと思っていて、家族のアドバイスでこれにしました。


長期休暇をいただくことになり、ご迷惑をおかけします。
皆さん、温かいお言葉や励ましのお言葉をありがとうございます。
皆さんのお気持ちに涙がでそうです!!!

ネット環境が整い、体調がよければ、近況を報告できるかと思います。
☆-----------------------------------------------------------------------------------☆

[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-12-14 14:41 | つぶやき | Comments(0)

ないしょの話

言葉の森では、今週は「作文実力試験」の週でした。
★の重要項目が入って、目標字数が達成していれば合格です。締め切りは8日の月曜日まで。まだ書けていない人は、週末書いて送ること。

「ないしょの話」の作文が届きました。
入会間もない子ですが、書くことが大好き。生き生きとした声でやる気満々の女の子です。この子のないしょの話は、ないしょなので書けません。今日は、お母さんの話を紹介。
a0132715_10552346.jpg
お母さんから聞いた話ですが、お母さんも小さいころは、ないしょの話があったようです。これは、お母さんが高校生のころのお話です。ある日、お母さんがおでかけすることになりました。お母さんはこっそりおねえちゃんのイヤリングをかってに着けて行ってしまいました。しかし、イヤリングはつけなれていなかったので、ゆるめにしていたら、イヤリングが両方とも、どこかへおちてしまったそうです。そのことを、おねえちゃんにないしょにしていたそうです。

お母さん、思い出話をありがとうございます。結論に、「同じようなひみつがお母さんにもあったんだ。」というような内容の感想を書いていました。

ある子は、「テストの点数が悪くてお母さんにばれないようにかくしたことを書く。今日、お母さんに言ったら、お母さんも同じようなことがあって、おばあちゃんにしかられたんだって。」と話してくれました。

この子達は、お母さんの話を聞いて、心が軽くなったと同時にお母さんと同じことを実感できて温かい気持ちになったと思います。

これからも、お母さんお父さんの思い出話をたくさん話してあげてくださいね。
☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*



[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-12-06 10:47 | 言葉の森 | Comments(0)

約束の絵パート2 かわいいでしょを二連発

この、イラストつきのペンネーム、かわいいでしょ。小3の男の子です。
小さなことを工夫することができる子です。
a0132715_11492492.jpg
作文の書き出しも紹介
【どうしてかというと】の項目を習ったころは、どのように使ったらいいのかむずかしそうでしたが、最近はすんなり入るようになりました。

「朝だよ。」
と言うお父さんの声でおきました。きがついたら車の中でした。どうしてかというと、きのうのよる、家をでて車に乗ってユニバーサルスタジオジャパンにむかったからです。


これは、幼児作文講座の子の絵。連日届いたのでアップ。
a0132715_11494283.jpg
細かいところまでよく描いていました。

「せんせいはカフェでなにをのんだことがありますか」という質問メモがはいっていました。
かわいいでしょ。この子たちは、なんでも質問してくれます。しかも、作文の内容にあったことを聞いてくる質問上手さん。小さいころから、こうやって不思議に思ったことや知りたいと思ったことを質問するくせをつけています。

その答えの中に「マホウカフェのまほうのお水とバタービールがのんでみたい」と書きました。バタービールは上の絵の子が電話で教えてくれた飲み物です。

☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*

[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-12-04 11:47 | 言葉の森 | Comments(0)

約束の絵

以前、このブログで、幼児作文講座を受講中の子の絵が届いたらアップすると約束していました。届きました!
a0132715_1137137.jpg
「大きいのが一つ、小さいのが二つあって、おおきいのは10人くらい入れそうでした。小さいゆぶねの大きさはフラフープのような大きさです。ゆぶねの上に『いよびじんのゆ』とかいてありました。」

おふろの数と大きさを電話で質問したとき、「うーんとねぇ~」と上手に説明してくれました。そのままをお母さんが文にしてくれていました。

あともう一つ。幼稚園でたいらなブロックを使ってこまを作って、こまを回して遊んだ話を書いた作文がとどきました。
a0132715_11373494.jpg
今回は、この絵と75字のところまで自分で書けていました。思いついたダジャレもこの通り、ていねいな字で書いていました。

ちなみに「今読んでいる本」のらんに書いてあったのは「ゾクゾク村の雪女ユキミダイフク」でした。
私はこの本を読んだことがなく、とてもおもしろそうなので図書館に行ったとき探してみようと思っています。
☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*

[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-12-02 15:34 | 言葉の森 | Comments(0)

ぼくはがんばった

12月になりました。今年も残すところ31日。
毎日2回音読をして、大晦日まで62回の音読。今年の音読もあと62回になりました。

今年一年、一日も休まず毎日音読を続けられた人。
大きな声で「ぼくはがんばった!」と自分をほめてあげよう。このような毎日の小さな取り組みの積み重ねが日常の生き方の基本になります。自分を律して芯を持って生活できた一年だったと思います。

大きな声では言えないけれど、音読あまりしなかったなぁと言う人。
今日から毎日やろう!! とりあえず、大晦日まで62回積み重ねよう!!
何かが変わりかけている自分を発見した年になるはずです。

今日は、「ぼくはがんばった」という題の作文を紹介します。

マラソン大会にむけて、毎日練習し、ライバルに勝つ作戦をたて、本番をむかえた話を書いていました。これは作文の結論部分。
a0132715_9211011.jpg
三年生のときよりもじゅう位が一位さがったけれども、またライバルよりも速くなった。れんしゅうしたかいがあった。ぼくは、これで、ど力はかならずみのると思った。これから、ぼくの人生で、ここはがんばるべきときが何度も出てくるだろう。くじけそうになったときは、こんかいのぼくのがんばりとけっかをおもいだすことにする。ぼくはがんばったぞ。
☆----------------------------------------------------------------------------☆

[PR]

by kiriko-no-mori | 2014-12-01 09:05 | 言葉の森 | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31