<   2015年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


感想文の書き出し

言葉の森では、感想文を書くとき、第一段落に書くことが決まっています。

小5以上は【要約】
小4は【三文抜書き】
小3は【中心を決める】

【中心を決める】のも【三文抜書き】をするのも、【要約】ができるようになるための練習です。

今回、おもしろい書き方をした子がいたので、その感想文を紹介します。小3の男の子です。

【中心を決める】は、「一番○○したところは~です。」という文を作ることです。

「一番おもしろかったところは~です。」
「一番おどろいたところは~です。」
「一番かなしかったところは~です。」
という文を考えて書きます。

この子は、「はじめてしったことは~」という書き方をしていました。感想文の課題に取り組み出してもうすぐ1年。決まった形から少しずつ自分でアレンジができるようになってきました。
みなさんも、「この話を読んで初めて知ったことは~」という書き方に挑戦してみてね。
a0132715_10371711.jpg
ぼくが、くだものをお皿にのせたままをよんで、はじめてしったことは、くさるのはさいきんのせいということです。ぼくはくさるのは、虫のせいかなと思っていましたが、この文章をよんでさいきんのせいなんだなーと分かりました。

小学生で感想文を自力で書くのは大変です。自分の体験談を中心にして、おうちの人に聞いた話を入れながら書いていきます。
これは、言葉の森のHPにある、1200字の感想文の書き方の記事です。参考にしてね。


☆---------------------------------------------------------------------------------------☆
【連絡事項】
★1月29日から住所と電話番号が変わります。
★稲荷塾の3月の作文教室は3月18日(水)と3月25日(水)です。

☆--------------------------------------------------------------------------------------☆

[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-01-27 10:23 | 言葉の森 | Comments(0)

住めば都

今回の引越しは7回目になります。もっと多く引越しをしている方もいらっしゃると思いますが、引越しは労力を使います。気を遣うことが多い。

よく「京都らしい名前ですね。」と言われるのですが、京都には4年前に来ました。よって、京都弁は話せません。関西に来て8年になりますが、関西弁もなかなか難しいです。最近、やっと土地勘がついてきて、「四条通り」とか「堀川通り」という名前と通りが一致するようになってきました。

「言葉の森」に長く在籍してくださっているおうちの人は、「先生、そろそろ引越しになりそうだよね。あーやっぱり引越しだね。」と思ってくださっていると思いますが、今回は、一駅分だけの引越しで、子供の転校がないのと土地勘があるので、いつもの100倍くらい気が楽です。仕事も休むことなくできそうです。

さらに、これは予告ですが、2年後にもう一度引越しをします!! 
ここまでが今決まっていることです。

新住所への変更は1月29日からです。どうぞよろしくお願い致します。
☆----------------------------------------------------------------☆

[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-01-26 10:00 | つぶやき | Comments(0)

重要なお知らせ

1月29日に引越しをします。住所と電話番号が変わります。

★「言葉の森」の生徒さんは、2月の作文から新しい住所シールをはってくださいね。

★「稲荷塾」の生徒さんは、新住所を紙面でお知らせします。1月29日以降に投函する場合は、新住所を書いてください。

郵便局には転送届を出すので、旧住所を書いても、数日後には新住所に届きますから大丈夫です。(転送された場合は、通常より添削が数日遅れます。) 
ヤマトのメール便で送る人は、転送ができません。気をつけてくださいね。

お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。
☆----------------------------------------------------☆

[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-01-23 10:30 | お知らせ | Comments(0)

冬はつとめて

これも、「寒い朝」の課題に挑戦した小4の男の子の作文。

今週はこの作文を最初に読んだので、背筋がピシッと伸びるような気持ちにさせられました。
作文の結論部分
a0132715_16232995.jpg
清少納言は、「枕草子」に「冬はつとめて」と記した。たしかに冬の早朝は、美しい。雪や霜の白さは、きたない世の中の部分をかくしてこの世の中に闇がないように見せる。しかし、半ズボンは、つらいのだ。雪や霜の白さに気づく間もない。冬の朝のうすぎや半ズボンは、文学を生み出さない。冬はつとめて、冬は長ズボンにかぎる。

深さと広さとユーモアのある結論です。

週末は、関西の中学入試の統一日とセンター試験がありました。
受験生を送り出す気持ちは年々重くなります。「強くなれ!」そう思っています。
☆-------------------------------------------------------------☆

[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-01-21 10:19 | 言葉の森 | Comments(0)

書き出しの工夫

「寒い朝」の課題文に挑戦した小4の男の子。

届いた作文の題名を「寒い朝(寒くない朝)」と書いていたので、「どっちやねん⁉」と思わずつっこみを入れたくなりました(笑) これは、作文の書き出し部分。
a0132715_16225178.jpg
 「今日は、寒いから上着を着ていかなあかんよ。」
と、お母さんが上着を三着と長ズボンをもってきた。天気予ほうによると、今日はこの冬一番の寒さらしい。窓から見えるび山はうっすら白くなっていた。ぼくは二年か三年のころから冬でも半そで半ズボンで学校に行っている。

その後は、学校へ行くとき、水たまりに氷がはっていたことやお母さんが子どもの頃は今よりも雪がたくさん降っていたこと、通学路が全部凍ったらスケートしながら学校へ行けるからおもしろそうだと想像した話などを書いてまとめていました。

書き出しが特によくできていました。会話文の後に具体的な説明を入れ、天気予報の話、情景の説明と続き、自分の話を書いた流れがとてもよいです。この流れをみんなもまねしてみてね。
☆----------------------------------------------------------------☆

[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-01-20 16:25 | 言葉の森 | Comments(0)

成長が感じられた自由作文

稲荷塾の中1の男の子の自由作文が届きました。

課題文や感想文のときは、基本的な意見文の構成にそって書くことができるのに、自由作文になると生活作文になってしまう。これはよくあることです。旅行記やクラブ活動の話、学校のことなど身近なことを題材にすることが多いので、どうしても「いつ、どこで、だれが何をした。何と言った。どう思った。」という作文になってしまう。中学生になると、それでは幼稚すぎる。でも自由作文だからそう書くしかない。

そういう段階から一つ成長した作文が届きました。学校で百人一首大会があるという話を実例にして、意見を導き出すことができていました。意見が入ったことで一歩前進。
これは構成用紙。
a0132715_938585.jpg
この子は、毎日ちゃんと音読をしています。
口数の少ないシャイな子ですからね。「音読しているの? ちゃんと読んでる? 週に何回くらい読んでいるの?」なんてくどくどと聞きません。でも、感想文を読んだら音読をどのくらいしているかすぐわかります。学習習慣がきちんとついていて、自分を律することができる子です。授業態度もとてもよいです。毎回、よく頑張っているな、と思いながら添削していますよ。
☆-------------------------------------------------------------☆

[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-01-15 09:43 | 稲荷塾 | Comments(0)

【重要連絡】稲荷塾の作文教室のみなさんへ

明日、1月14日(水)は稲荷塾の作文教室の日です。
17時~19時までやっています。
 途中から参加することは可能ですが、遅くとも18時30分には入室すること。30分しか時間がない場合でもよいです。構成用紙だけでも書きなさい。

 12月4週目の振替がまだの人。去年欠席してまだ振替授業を受けていない人。1月4週目や2月4週目に欠席予定で早めに振替授業を受けたい人。来なさいね。私は一人一人の振替回数は把握していません。各自で欠席したときの振替をするようにしてください。

 通常通り、来ているけど家では書けないという人、宿題ができていない人、おまけで来なさい。新年1回目の作文教室です。気持ちを切り替えるよい機会だと思って来なさい。

------------------------------------------------------------------------------------------
稲荷塾の作文教室は、第2週目と第4週目の水曜日、17時~18時・18時~19時に行っています。

教室に来るのは月に1回で、第2週がよいか第4週がよいか選びますが、欠席の場合は振替可能です。クラブ活動や電車の関係で時間通りに来られない人は、17時20分~18時20分といった間の時間帯も可にしています。

 黒板を使った一斉授業はありません。各自、課題に取り組み、わからないところは質問してもらいます。宿題を添削していて気になる点は、教室で確認するようにしています。音読教材と宿題は一人一人の進路にあわせて作っています。入塾時期と提出回数、音読の取り組みにより判断しています。質問がある場合は、コメント欄かメールで受け付けます。

それでは、明日ね。
☆------------------------------------------------------☆

[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-01-13 10:36 | 稲荷塾 | Comments(0)

科学漫画サバイバルシリーズ

昨年、小3の子におもしろいし勉強になると教えてもらった本があります。
言葉の森の小3の10月・11月・12月の感想文の課題文が「アインシュタイン」でした。そのときのにた話に読書実例として書いていました。
この本。

原子力のサバイバル1 (かがくるBOOK―科学漫画サバイバルシリーズ)

ゴムドリco./朝日新聞出版

undefined


図書館で予約していて、届いたとの連絡が入ったので取りに行ってきました。こんな感じで、マンガと説明文が両方載っています。

a0132715_9284327.jpg
a0132715_9285046.jpg
今、1巻を読んだところ。目にみえない物を理解するのはなかなか難しいのですが、小学校低学年にもわかるように説明している本だと思いました。

「放射能は人の命を助けることもあるし、うばうこともある。」ということを理解し、感想文の中にこの本で読んだ話を上手に入れられていました。(作文の写真が見当たらない……)

「科学漫画シリーズ、たくさんあるよ。」と電話で教えてくれました。興味のある人は図書館で借りて読んでみるとよいと思います。
a0132715_929496.jpg
☆-------------------------------------------------------------------------------------☆
[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-01-13 09:31 | | Comments(0)

笑門来福 おめでとう!

明けましておめでとうございます

2015年のスタートです。大晦日も元旦も音読を続けているみんな、楽しいお正月を過ごしていますか。作文も休みなく届いています。1月2日着までの作文は、本日、全部投函しました。やっと落ち着いた!!

お休み中の添削の方は問題なくというか、盛り気味にやっています。
お話も違和感なくできるようになりました。現在は、あくびをしたときに喉につっぱりを感じる程度で、全快宣言まであと数日といったところです。

1月5日(月)から、電話指導復帰します宣言!!

今年もどうぞよろしくお願い致します。
a0132715_12352688.jpg
☆-------------------------------------------------------------------------------☆

[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-01-03 12:39 | つぶやき | Comments(2)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31