<   2015年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


「水無月」で厄払い

京都では、6月30日の「夏越の祓」に「水無月」という和菓子を食べる風習があります。一年のちょうど折り返しの日に、半年の厄を払い、残り半年の無病息災を祈願します。

私は京都に来てこの風習を初めて知りました。毎年、この時期になると、「今年はどこの水無月にしようかな」と考えます。京都に住んでいる人は、一目見ただけで、どこの「水無月」かわかるそうですね。

私が今年食べたのはこれ。
a0132715_22491862.jpg


そう!「仙太郎」の「水無月」です。

これで今年の後半も元気に頑張れそうです!!

--------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ(再掲)】

【言葉の森】 
8月10日(月)~8月16日(日) 電話なし。お休み宿題がでます。
祝日は電話なし。お休み宿題がでます。
5週目は電話なし。宿題もありません。


【稲荷塾】
★7月の作文教室は、7月8日(水)と7月22日(水)です。
★8月の作文教室は、8月5日(水)と8月26日(水)です。
★9月の作文教室は、9月9日(水)と9月30日(水)です。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、メールをください。
(ただし、第二水曜日の17時~は現在振替不可です。)

【私の夏休み(今日現在決まっていること)】

★7月6日(月)~7月8日(水)
この間は、代講の先生が電話をします。 
4日到着の作文は添削後6日の朝投函予定。
この間に届いた作文は9日以降順番に添削予定。
8日は稲荷塾の作文教室はやります。
メールの受信はできますが、送信はできません。

★8月10日(月)~8月16日(日)
この間に届いた作文は17日以降順番に添削予定。
メールの送受信はできません。


※夏休みの宿題の作文・感想文を添削してほしい人は、8月5日までに下書きでよいので出すこと。
締切間際に慌てて読んでも書けませんよ。
読書感想文の課題図書は発表になっています。書く予定の人は早めに本を読むこと。
http://www.j-sla.or.jp/contest/youngr/61thkadaitosho.html

----------------------------------------------------------------
[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-06-30 22:48 | つぶやき | Comments(0)

下を向いていたら、虹を見ることはできないよ

中学生の作文に入れる名言で、ぴったりの名言はないかな~と探していたとき、すてきな名言をみつけたので、1つ紹介しますね。

You’ll never find a rainbow if you’re looking down.
(下を向いていたら、虹をみることはできないよ)

チャップリン

雨の日が多いですが、雨が上がったとき、空を見上げると、虹がでているかもしれないよ。

----------------------------------------------------------------------------------------

それでは、今日は、感想文を紹介します。

「コオロギは『リーリー』と鳴くというが、『リーリー』と聞こえるのは人間の耳にそう聞こえるだけのこと。ヨーロッパの人の耳には、あの美しいコオロギの鳴き声も雑音としてしか聞こえないらしい。私たちは、知っているものしか見えないし、聞こえない。知識は現実の見え方や感じ方を変えてしまう力をもっているのだ。」
という内容の長文を読んでの感想文です。小5の課題です。

題名「ものの見方一つで 世間が見えることがある」
a0132715_16524720.jpg

a0132715_16530160.jpg


私がこの話を読んで気が付いたことは、ものの見方や考え方を工夫することだ。私はこのことは、映画「ベイマックス」ににていることが分かった。映画を見ていなくても大丈夫。軽く説明する。

(中略)

「ヒロ、お前は天才だ。ならばもっと天才になろう。ヒロ、ものの見方を変えてごらん。もっとすてきな世界に行けるぞ。」
ヒロも私も最初は上と下を反対にしたりするだけかと思っていたが、いろいろな場所に動かすだけでなく世の中を見てごらんといったのだと思う。私も世間をしっかり見ようと思った。そして、ヒロもいつも世間を見ていようと思ったのだろう。私とヒロの心情が一致したことが少しうれしかった。



この子は、最近、少し大人びた文章を書くようになってきました。
思いはたくさん持っていて、でも言葉で説明するのが難しい。なんて書いていいのかわからん。「かわいそうでした」とか「びっくりしました」とかもう書きたくないんだ。
という時期を乗りこえて、少しずつ前に進み出した彼女です。

こういう作文もこの時期にしか書けないです。
大人が読んで添削すれば、流れるような文章になるのですが、これはこれで、今のこの子の味がとてもよくでています。

「作文が思うように書けない」という時期は、書くことは下手でいいので、読むことを頑張ってほしいです。音読と読書をしっかりしていると、ふと書けるようになりますからね。


そうそう、冬休みぐらいだったかな。前に、「せんせい~ 『ベイマックス』絶対おすすめ。みてくださ~い。」と教えてもらっていました。ちゃんと覚えていて、機内で見ましたよ。この映画の話が、にた話として登場したところもすてきです。

--------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ(再掲)】

【言葉の森】 
8月10日(月)~8月16日(日) 電話なし。お休み宿題がでます。
祝日は電話なし。お休み宿題がでます。
5週目は電話なし。宿題もありません。


【稲荷塾】
★7月の作文教室は、7月8日(水)と7月22日(水)です。
★8月の作文教室は、8月5日(水)と8月26日(水)です。
★9月の作文教室は、9月9日(水)と9月30日(水)です。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、メールをください。
(ただし、第二水曜日の17時~は現在振替不可です。)

【私の夏休み(今日現在決まっていること)】

★7月6日(月)~7月8日(水)
この間は、代講の先生が電話をします。 
4日到着の作文は添削後6日の朝投函予定。
この間に届いた作文は9日以降順番に添削予定。
8日は稲荷塾の作文教室はやります。
メールの受信はできますが、送信はできません。

★8月10日(月)~8月16日(日)
この間に届いた作文は17日以降順番に添削予定。
メールの送受信はできません。


※夏休みの宿題の作文・感想文を添削してほしい人は、8月5日までに下書きでよいので出すこと。
締切間際に慌てて読んでも書けませんよ。
読書感想文の課題図書は発表になっています。書く予定の人は早めに本を読むこと。
http://www.j-sla.or.jp/contest/youngr/61thkadaitosho.html

----------------------------------------------------------------
[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-06-26 17:29 | 言葉の森 | Comments(0)

【私の夏休みのお知らせ】お疲れサマー

続いて、私の夏休みをお知らせします。
6月23日現在、決まっていることです。

言葉の森の月曜日と火曜日のみなさんにはお知らせしましたが、今年は、少し早めとお盆期間に夏休みをいただきます。

★7月6日(月)~7月8日(水)
この間は、代講の先生が電話をします。 
4日到着の作文は添削後6日の朝投函予定。
この間に届いた作文は9日以降順番に添削予定。
8日は稲荷塾の作文教室はやります。
メールの受信はできますが、送信はできません。

★8月10日(月)~8月16日(日)
この間に届いた作文は17日以降順番に添削予定。
メールの送受信はできません。


※夏休みの宿題の作文・感想文を添削してほしい人は、8月5日までに下書きでよいので出すこと。
締切間際に慌てて読んでも書けませんよ。
読書感想文の課題図書は発表になっています。書く予定の人は早めに本を読むこと。
http://www.j-sla.or.jp/contest/youngr/61thkadaitosho.html

参考になるHPの記事「言葉の森が提案した読書感想文の書き方
☆----------------------------------------------------------------------------------------☆
[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-06-23 19:30 | お知らせ | Comments(0)

【夏休みのお知らせ】冷やし中華は冷やし中か?

後1カ月で夏休みですね。
夏休みについての質問がありました。夏休みの予定を決める時期ですものね。お知らせしますね。

言葉の森】 
8月10日(月)~8月16日(日) 電話なし。お休み宿題がでます。
祝日は電話なし。お休み宿題がでます。
5週目は電話なし。宿題もありません。


稲荷塾
★7月の作文教室は、7月8日(水)と7月22日(水)です。
★8月の作文教室は、8月5日(水)と8月26日(水)です。
★9月の作文教室は、9月9日(水)と9月30日(水)です。
赤字のところは、振替日になっています。日にちを間違えないこと。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、メールをください。
(ただし、第二水曜日の17時~は現在振替不可です。)

☆----------------------------------------------------------------------☆
[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-06-23 18:30 | お知らせ | Comments(0)

しょうがないでしょうが~

週末に、新生姜を漬けました。
生姜を洗って、皮をむいて、細く切りながら思いついたダジャレを今日の題名にしました♪

みなさん、不定期にもかかわらず、私のブログに遊びに来てくださり、ありがとうございます。
最近、色々な方から励ましや共感のメッセージをいただき、恐悦至極に存じます♡

特に娘のことを話題にした記事には子ども達からの反響が多く、
「先生の子どもって、何曜日に来てるの?」
「先生の子どもって、おこられることある?」
「先生の子どもって、一番悪いテスト、何点だった?」
などなど、子どもらしい質問をしてくれます(笑)

私が書いた記事が家庭で話題にあがり、おうちの人の思い出話や世の中の話などに話が広がっているようすが目に浮かびます。

読んでくださる人がいるというのは、書く気持ちが前向きになりますね。
できるだけ更新していきますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。

☆----------------------------------------------------------------------------------☆
[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-06-23 17:28 | つぶやき | Comments(0)

雨期にウキウキ♪

梅雨の季節ですね。
ジメジメして、体にまとまりつく空気が不快ですが、ここは前向きに梅雨を楽しみたいですね。

月曜日の朝、「よし、今日も添削がんばるぞ!」と週末に届いた封筒を開いてみると、こんなかわいらしいお手紙つきの作文がありました。

これは、小6の女の子のひとこと。
「インドではなんでも修理して徹底的に使い切る」という長文を読んで感想文を書く課題の電話指導のとき、「短くなった鉛筆の上につける筒のようなものを使う」という話をしていて、「この道具は何ていうんだろうね?」と言う話になりました。その後、すぐ調べてくれたのですね。

a0132715_12281611.jpg



これは、小3の女の子のひとこと。

a0132715_12283236.jpg



「せんせい、なめくじとかたつむりのちがいはどこでしょう?」というクイズをだしてくれていました。
a0132715_12284437.jpg


この調べた話が作文に入っていて、作文を読めば答えがわかるというしくみでした。


これは、小1の女の子のひとこと。
a0132715_12285493.jpg

作文に、シャカシャカアイスを作った話が少し入っていて、そのことを質問してくれました。
私、アイス大好きです。毎日1本食べます。冷凍庫の一つはアイス専用になっています。



女の子はこういうひとことを書くのが、上手だなと思います。
添削が全部終了して、ほっとしたとき、なぜか昔のことを思い出しました。

私は普段は、朝、お弁当を作りながら夕食も作っています。
朝食とお弁当と夕食を作りながら、娘を起こして、朝食を食べている娘の髪を結う。この時、ものすごく時間に追われていたなと。

今は、娘も自分で起きて、自分の用意は自分でして、もちろん髪型も自分で作りますから、私は必要ありません。あの、子どもと密接していた時間は私の人生のほんのひとにぎりの時間だったんだと懐かしさがこみあげてきました。

「このリボンがいい」
「えー、それは明日ね」
「今日はおだんごにして」
「今日は三つ編み。こんどね」

もっとしてやれたことがあったと思う。もっと寄り添えたことがあったと思う。
こういう気持ちを私の生徒たち、君たちへ贈り続けたいと思います。

☆------------------------------------------------------------------------------------☆
[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-06-16 12:25 | 言葉の森 | Comments(0)

怒りをコントロールしますね

これは、先日の作文教室で書いた中3の男の子の構成用紙の結論部分です。

a0132715_12544968.jpg


「確かに人間は生き物なのだから、怒りを感じることはある。しかし、その怒りを抑えてどれだけ自分をコントロールするかが大切だ。」

持って帰って、添削していて、ちょっと笑ってしまいました・・・・・・。

この子は、作文教室開講のときからいる子ですしね、優しい繊細な子ですからね。
私のただならぬ気配を敏感に感じとったのでしょう。こんな私へのメッセージを書いてくれていました。

私が怒ったことは知らないと思います。
18時からのクラスでしたから。
最初に修学旅行に行った話を和気あいあいとして、すぐに作文をやり始めてました。
努めて笑顔で話したつもりだったんだけど、顔がひきつっていたのかなぁ。

彼の言葉に救われました。ありがとね。


--------------------------------------------------------------------------------
【お知らせ】

※稲荷塾のみなさんへ
★6月の作文教室は、6月10日(水)と6月24日(水)です。
★7月の作文教室は、7月 8日(水)と7月22日(水)です。
★8月の作文教室は、8月 5日(水)と8月26日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、メールをください。
(ただし、第二水曜日の17時~は現在振替不可です。)
☆--------------------------------------------------------------------------------☆
[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-06-12 13:00 | 稲荷塾 | Comments(0)

作文教室の危機

6月10日の作文教室での出来事です。

作文教室には、様々な子がいます。
独り言の声が大きい子、
時間になっても作文を書こうとしない子、
どんな環境でも人に流されることなく黙々と作文を書く子、
せっかく先生に会ったんだからと積極的に話しかけてくる子、
いろいろです。

作文を書くにあたり、子どもと話をすることを大事にしたいと思っているので、私も作文の題材に関係のないような話をよくします。だから、少々の私語やだらしない言動はさりげなく私が関わることで修正してきました。

しかし!!

この前の授業態度は、ひどかった。ひどすぎた!!

大声で独り言を言うだけでなく、
本をしまうように注意しても無視。
歩き回る。
いすをガタガタいわす。
いすを移動する。
流されやすい子も一緒になって歩き回る。
大声でしゃべる。


生徒に怒ることなんて今まで一度もなかった私が、ついに叱りました。
「いいかげんにしなさい。座りなさい。」
「作文を書きなさい。」


びっくりして、静かになった子もいましたけどね。
全く反省していません。
かわいそうに、叱られ慣れているのでしょうね。
私の静かな怒りを恐れることもなく、
「そのくらいの叱られ方だったら、全然怖くないし……」という態度。

私、怒りの感情を抑えるのが大変でした。

ひょっとして、今、自分の居場所がないから荒れているのかな。
何か、学校で辛いことがあるのかな。家でかな。
どうしたら、静かに作文を書く態度になるんだろう。
色々考えましたよ。

家に帰ってからも、昨日も今日もずっと考えました。
みんなのことを考えました。
何がベストなんだろうと。
私がすべき教育とは何なんだろうと。


「授業中は立ち歩いてはいけません。」
「いすに正しく座りなさい。」
「大声の私語は禁止です。」

こんなきまりがある塾って、悲しくないですか。


稲荷塾は、知的好奇心が旺盛で、意欲的に学習する子たちが、
ただ、テストで高得点を取るためや偏差値の高い学校に合格するためではなく、
世界で活躍し、歴史に足跡を残す、世の中に貢献する、
簡単に言うと、夢を実現するために努力する場所です。

これから、作文を書く態度にならない子は、作文教室をやめてもらいます。
退塾勧告、退塾命令をだすことにしました。

一人一人の子の人生を考えたら、「しつけ」から指導すべきという考えがないわけではないのですが、
作文講師として、この、たった60分の時間を、「しつけ」を指導する時間と捉えることはできません。
「作文」を指導する時間にしたいですから、「しつけ」を指導してほしい人は、別の環境を探してください。

真面目に取り組んでいる子には、応急処置として別の時間に変わるよう提案しました。

流されやすい子も、「自分は流されやすい」と自覚しなさい。
社会にでれば、楽な道はたくさんあります。
せっかく光る才能があっても、悪の道、楽な道に流されては、宝の持ちぐされです。
どうしたら、悪の道に流されないのか、自分で方法を見つけなさい。
強くなりなさい。

☆--------------------------------------------------------------------------------☆
[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-06-12 12:53 | 稲荷塾 | Comments(0)

6月といえば

6月といえば・・・

6月ですね。
あっという間に今年も半分が過ぎようとしています。
6月といえば、みなさんは何を思い浮かべますか。

アスパラ、豆ごはん、新たまねぎ、かつお、さくらんぼ、水無月、(あっ、食べものばかりですね)

あじさい、ラベンダー、ほたる、カタツムリ、衣替え、梅雨、父の日・・・・・・

色々な言葉がでてきますね。

6月は祝日がない唯一の月です。先日、我が家で、6月に祝日を作るべきだという話で盛り上がりました。6月に祝日ができたとしたら、どんな「○○の日」がよいと思いますか。夕飯のときにでもおしゃべりしてみてくださいね。

今日は、感想文を紹介します。

4月から感想文の勉強が始まった人が多いですね。
1回目で書き方の流れがきちんと理解できたようで、2回目のときは、にた話や想像した話をよく考えていました。準備がきちんとできいて、みんなえらい!!

その子らしいにた話や想像した話が入った感想文を紹介します。
書き出しから想像した話に入るところまでを紹介しますね。



a0132715_17341733.jpg



 「牛のお通りで電車がとまる」を読んで、一番ふしぎだと思ったことは、インドの人は牛をかみ様のかわりにしているところです。(中略)
 わたしにもにた話があります。日本には、こい、きつね、かめ、さるなど色いろな動物がかみ様のお使いだと言われています。わたしは、その色いろな中の白へびをかみ様だと思っています。
 この前、おばあちゃんがびょういんで白へびのゆめを見たとおしえてくれました。わたしも白へびのゆめを見たいなと思いました。
 もしわたしが白へびと友だちだったら~



 他にも、「世界で日本人しかのりを消化することができない。しかし、日本人は牛乳をたくさん飲むと消化できない。」という話を書いていた子もいました。食べ物の消化も民族によってちがうというのは、驚きですね。私も勉強になりました。



 毎日、音読をして、近くでおうちの人が聞くともなく聞いていて、課題文の内容を話題にして楽しくおもしろく気軽におしゃべりをしてくださる家庭が多く、いつもありがとうございます。

 このような事前準備があると、子どもは楽に感想文を書くことができます。
これからも、おうちの人の明るいおしゃべりをどうぞよろしくお願い致します。

これは、作文に同封されていた絵。すてきですね。
a0132715_17343770.jpg


--------------------------------------------------------------------------------
【お知らせ】

※稲荷塾のみなさんへ
★6月の作文教室は、6月10日(水)と6月24日(水)です。
★7月の作文教室は、7月 8日(水)と7月22日(水)です。
★8月の作文教室は、8月 5日(水)と8月26日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、メールをください。

☆--------------------------------------------------------------------------------☆
[PR]

by kiriko-no-mori | 2015-06-04 17:32 | 言葉の森 | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30