<   2016年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧


「案ずるより産むが易し」を信じて

以前、このブログで予告していましたが、今から、親知らずを抜きに病院へ行ってきます。ドキドキ・・・
よって、今日から3日間は添削はお休みします。
28日到着分の作文は添削済みです。
どうぞよろしくお願い致します。

-----------------------------------------------------------------
【お知らせ】
この時期は、他の習い事や塾の関係で、曜日や時間変更の希望が多くなります。
現在、空きが少ない状況ですので、希望がある人は早めに相談してください。
(言葉の森・月曜日のみ移動可)
(稲荷塾・3月より各時間数名の空きあり)

【言葉の森】
★1月29日(金)は、5週目のため、お電話お休みです。宿題もありません。

【稲荷塾】
★2月の作文教室は、2月10日(水)と2月24日(水)です。
★3月の作文教室は、3月16日(水)と3月23日(水)です。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

--------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-01-29 09:00 | つぶやき | Comments(0)

1月27日作文教室のようす


私が教室に入ると、もう席に座って準備をしたり、学校の宿題をしたりしていました。この日に書くテーマは、宿題の構成用紙に書いているので、それぞれが「何かこうかな。」と考えながら1週間過ごしているようです。

今日も17時~のクラスは大人数でにぎやかでしたね。
3年生の女の子たちは学校が違っても、みんな同じクラス名なんだとかで盛り上がっていました。読んでいる本を見せ合ったり、筆記用具を貸し合ったりしながらも、それなりに集中する時間を作って書き進めていました。

入試問題に取り組んでいる人と中学生は苦戦せずに楽に書いていましたね。課題によって書きやすいときと書きにくいときがあるので、今日は当り!でしたね(笑) 

行きの電車で一緒になったとき、友達がたくさんいたのに、会釈してくれてありがとう! 自ら合格報告をしてくれた人もいました。おめでとう! 合格しても変わらず音読を続け、課題をする姿が立派でした。それぞれがよく頑張っていました。


18時~のクラスは、全員男の子で学年もばらばらなので、とても落ち着いていました。今日の課題を終わらせると、宿題に進んでいる子もいました。が! このクラスは音読が毎日できていない子が多い!!! 「音読を頑張ってね。」と声掛けしましたから、2月は頑張るでしょう。期待しています。

未提出の宿題を手渡してきた分は、今日全部添削しました。明日朝、投函予定です。
この1カ月も音読を毎日続けて、2月24日(水)に元気に教室に来てね。


-----------------------------------------------------------------
【お知らせ】
この時期は、他の習い事や塾の関係で、曜日や時間変更の希望が多くなります。
現在、空きが少ない状況ですので、希望がある人は早めに相談してください。
(言葉の森・月曜日のみ移動可)
(稲荷塾・3月より各時間数名の空きあり)

【言葉の森】
★1月29日(金)は、5週目のため、お電話お休みです。宿題もありません。

【稲荷塾】
★1月の作文教室は、1月13日(水)と1月27日(水)です。
★2月の作文教室は、2月10日(水)と2月24日(水)です。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

--------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-01-28 20:24 | 稲荷塾 | Comments(0)

雪が降らなかったね。

雪を楽しみにしていたみなさん、雪が思うほど降らずに残念でした。
私も、京都に住んで初めてかまくらが作れるんじゃないかと期待していましたが、全く降らず、ただただ寒いだけでした。

雪が降らなくて、残念でつまらなくておもしろくないという作文が届きました。その気持ち、よくわかるわ~! 

それとは反対に、大雪だった地区のみなさん、雪かきお疲れさま! 大変だったね。

日本は小さい国と言われているけど、こんなに違いがあるんだね。


さて、今日は、小3の感想文課題「果物をお皿にのせたまま」の感想文を紹介します。

この課題、毎年かなり悩む子が多いです。感想文で初めて苦しんだという感想をよく聞きます。題材を見つけるのが難しい課題ですが、音読をしながら一生懸命題材探しをしていたようです。くさったみかんをダンボールの中で見たことがあるとにた話に書いていました。

お母さんに聞いた話のところを紹介。

a0132715_17370358.jpg

 わたしは、お母さんから、
「インフルエンザやノロウィルスなどのウィルスもび生物なんだよ。」
と教えてもらいました。わたしは、なっとうやみそなどに入っているカビや、食べ物につく青カビや黒カビなども、び生物なのか知りたくなりました。なので、おかあさんにきいてみました。お母さんは、
「カビなどもび生物だよ。けんびきょうで見ないと見えないぐらい小さいんだよ。」
と、さらにくわしく教えてくれました。もし、び生物も人間と同じようにさんそがある方が元気だったら、人間がびょうきをしたときは、とても大へんになるだろうなぁと思いました。



お母さんと話をしていてさらに知りたくなったことを書いた後に、想像した話に展開したところが上手い! 感想文も深く書けるようになってきました。


-----------------------------------------------------------------
【お知らせ】
この時期は、他の習い事や塾の関係で、曜日や時間変更の希望が多くなります。
現在、空きが少ない状況ですので、希望がある人は早めに相談してください。
(言葉の森・月曜日のみ移動可)
(稲荷塾・3月より各時間数名の空きあり)

【言葉の森】
★1月29日(金)は、5週目のため、お電話お休みです。宿題もありません。

【稲荷塾】
★1月の作文教室は、1月13日(水)と1月27日(水)です。
★2月の作文教室は、2月10日(水)と2月24日(水)です。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

--------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-01-26 19:00 | 言葉の森 | Comments(0)

本には多くの宝が眠っている


「宝島の海賊たちが盗んだ財宝やカリブ海の底に眠っている宝物よりも、本には多くの宝が眠っている。そして何よりも、宝を毎日味わうことができるのだ。」

これは、ウォルト・ディズニーの名言です。

毎日の音読と読書が定着しだしましたが、忙しかったり体調を崩したりして数日休むと、しないままになりがちです。

★いつも読みかけの本があること
★読みにくい本だったら、途中でやめて、新しい本を手にすること

読めなかった本はそのまま返すとよいし、読みにくい本を途中でやめることもやりやすくなるの、学校の図書室や地区の図書館を利用することをおすすめします。冬の夜長も本を読んで、いろいろな冒険の旅に出発しよう。

今日は、本選びの参考になりそうな本を紹介します。

小3の女の子からの推薦図書です。
a0132715_11122721.jpg

ジュン先生がやってきた! (3年1組ものがたり 1)

後藤 竜二/新日本出版社

undefined

後藤竜二さんの本は、小1から読める本がたくさんあって、男の子も女の子もだれでも楽しく読むことができます。学校の図書室にある後藤竜二さんの本を全部読んでみるのもよい挑戦ですよ。


今、私が読んでいるのはこれ。

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

川村 元気/小学館

undefined

小6の男の子に紹介してもらいました。
サラッと読むこともできるし、深く考えながらゆっくり読むこともできる本です。最初にサラッと読んで、二回目に深く読んでもいいしね。考えさせられる文がよく出てきます。今春映画公開予定のようです。





おすすめの本が見つかったら、どんどん教えてね。ブログで紹介していきますね。

-----------------------------------------------------------------
【お知らせ】
この時期は、他の習い事や塾の関係で、曜日や時間変更の希望が多くなります。
現在、空きが少ない状況ですので、希望がある人は早めに相談してください。
(言葉の森・月曜日のみ移動可)
(稲荷塾・3月より各時間数名の空きあり)

【言葉の森】
★1月29日(金)は、5週目のため、お電話お休みです。宿題もありません。

【稲荷塾】
★1月の作文教室は、1月13日(水)と1月27日(水)です。
★2月の作文教室は、2月10日(水)と2月24日(水)です。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

--------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-01-25 11:53 | | Comments(0)

週末に大寒波がやってくるらいしよ。

 全国的に雪の影響かな。作文が通常より遅れて我が家に届いているようです。いつもよりゆっくり返却を待ってね。週末はさらなる大寒波が到来するとか。。。 雪遊びを楽しみにしている人たちはいよいよですよ。待ちに待った雪遊びのようすを作文に書いて教えてね。


 それでは、今週のたとえの表現を紹介します。たとえのレベルもどんどん上がってきましたね。いつも書いていることですが、いいなと思った表現をどんどんまねして使うとよいですからね。


「ぼくは、勝ちたい気持ちが、まるでサッカーの試合のときのようにあふれていました。」

「おかあさんは、まるでびんぼうがみのようです。それにくらべておにいちゃんは、ふくのかみのようです。」

「当初は、アンビルトの女王の異名をもつ、ザハ・ハディド氏の自然的な要素を排除したまるでヘルメットのような近未来的なデザインに決定された。」

「赤い、それはまるで熟した果実のような唇で私は学校へ行った。」

「まるでストーブから出ているガスのようです。」

「かけあしとびやあやとびは、まるでチーターがはしるみたいにできたのでうれしかったです。」

「ショートケーキのいちごが、まるでいちごの人形のようにかわいかったです。」

-----------------------------------------------------------------
【お知らせ】
この時期は、他の習い事や塾の関係で、曜日や時間変更の希望が多くなります。
現在、空きが少ない状況ですので、希望がある人は早めに相談してください。
(言葉の森・月曜日のみ移動可)
(稲荷塾・3月より各時間数名の空きあり)

【言葉の森】
★1月29日(金)は、5週目のため、お電話お休みです。宿題もありません。

【稲荷塾】
★1月の作文教室は、1月13日(水)と1月27日(水)です。
★2月の作文教室は、2月10日(水)と2月24日(水)です。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

--------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-01-22 19:05 | つぶやき | Comments(0)

大寒に思うこと

 先日、我が家で、センター試験の一日目が終わったらすぐに答え合わせをするかしないか、という話になりました。意外によくできた、意外にできなかった、という感情で答え合わせをするかしないかを当日決めるのではなく、答え合わせをするかどうかは、事前に決めておく方がよいのだそうです。

 娘は、「答え合わせはしない。」と即答していたので、そのことを手紙に書きました。1日目が終わったら渡すつもりです。

 娘と来年の今頃はどうかという話をしていく中で、大学受験で親がやってあげられることは、話を聞くこととおいしい食事を用意することくらいなんだなと実感しています。中学受験のときとは大違いですね(笑) 

 中学受験のときは「よーいスタート」で二人で過去問を解き競争をしていました。その頃のことは、今では私の良い思い出で、娘の笑い話になっていますが、思い起こしてみれば、私が初めて受験を経験した高校受験のときも、父と一緒に勉強をしました。その期間が親との思い出の中で一番の思い出になっています。

 私自身、不合格通知をもらった経験があり、娘も不合格通知をもらった経験があるので、親を泣かせてしまったこと、親としてなぐさめようのない気持ちになったこと、両方を経験しています。受験で学ぶことは多いです。色々な経験が全て今では宝になっています。

 受験が終わると色々な感情があふれてくると思いますが、次の一歩を力強く踏み出し、新たなステージへ進んで行ってほしいと思います。


 言葉の森の記事より、参考にしてください。


-----------------------------------------------------------------
【お知らせ】
この時期は、他の習い事や塾の関係で、曜日や時間変更の希望が多くなります。
現在、空きが少ない状況ですので、希望がある人は早めに相談してください。

【言葉の森】
★1月29日(金)は、5週目のため、お電話お休みです。宿題もありません。

【稲荷塾】
★1月の作文教室は、1月13日(水)と1月27日(水)です。
★2月の作文教室は、2月10日(水)と2月24日(水)です。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

--------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-01-21 12:22 | つぶやき | Comments(0)

音読をやること

昨日は、たくさんの作文が届きました。みんな、頑張って書いたのね。

時間内で書けたところまでで送ってきた人。それでよいのです。たとえ3行までしか書けなくても、小学生は60分、中学生は90分で書けたところまでで送ってくること。

1月になって作文提出ができていない人。最新の課題から取り組むこと。

音読はどんなことがあっても、毎日すること。毎日音読ができている人は、結果的に作文も書けています。頑張ろう!


今日は、小3の自由作文より「私のペットのフクロモモンガ」の最初の説明のところを紹介します。

a0132715_11071545.jpg

 私はフクロモモンガのオスを二匹かっています。名前はミルクとマロンです。野生のフクロモモンガは群で生活するので一ぴきでは淋しくて病気になるそうです。私もできるだけ抱っこしたり遊んであげたりします。夜行性なので深夜から起きだし昼ぐらいまで、食べたり遊んだりしています。おやつがほしい時や私と遊びたい時はチッチッチッと私を呼びます。大好物はかぼちゃやひまわりの種です。


フクロモモンガの説明がとてもていねいにできています。説明の中に、「私もできるだけ~」と自分がしたことを入れたところが特によいです。段落の最初に描いてあるモモンガのイラストがかわいいの! ちょっとした遊び心はイラストだけでなく、文章にも表われています。読むのが楽しくなる作文を書く子です。


今日、まだ音読ができていない人は、すぐにすること。毎日10分を音読を積み重ねること。みんなでがんばろうね!

-----------------------------------------------------------------
【お知らせ】
この時期は、他の習い事や塾の関係で、曜日や時間変更の希望が多くなります。
現在、空きが少ない状況ですので、希望がある人は早めに相談してください。

【言葉の森】
★1月29日(金)は、5週目のため、お電話お休みです。宿題もありません。

【稲荷塾】
★1月の作文教室は、1月13日(水)と1月27日(水)です。
★2月の作文教室は、2月10日(水)と2月24日(水)です。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

--------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-01-19 16:47 | 稲荷塾 | Comments(0)

先週のたとえ 雪ですのー

朝、起きたら雪が積もっていて驚いたという人、雪だるまは作れたかな。ちょっと大変な週明けになりましたね。

センター試験が終わり、関西は中学入試が続いています。明日夜からこちらでも雪の予報がでています。入学試験のある人は、雪対策をして頑張ってね。

今日は、先週のたとえを紹介します。
作文の中に、「まるで~のように」の表現が二つ、三つと入るようになってきました。本で読んだり、音読をしたりしていいなと思った表現、みんなが使ったたとえをどんどんまねして使ってみてね。


「そのときの先生は、まるで生徒のようです。」

「まるで四にんきょうだいのようでした。」

「お父さんとしんけいすい弱をすると、まるで赤ちゃんと遊んでいるのかというくらいお父さんが弱いので、私は大勝ちをします。」

「しかし、二日から三日にかけて、まるで天国から地獄に落ちたような日になった。」

「まるでやなせたかしがかいたようにかけました。」

「しかし、少し緊張していたみたいで、かみしめるように発表したつもりがだいぶ早くなっていたみたいで、みんなキョトンとしていた。」

「そして顔を洗いに洗面所へ行くのですが、そこへ行く時に通るろうかが氷のように冷たくて足がこおりつきそうになります。」

「その水が冷たすぎで、地獄のようです。」

「私は寒い日の休日の朝は、ねこのようにこたつでごろごろしています。」

「ダンボールは、まるでふじさんのようにいっぱいありました。」


-----------------------------------------------------------------
【お知らせ】
この時期は、他の習い事や塾の関係で、曜日や時間変更の希望が多くなります。
現在、空きが少ない状況ですので、希望がある人は早めに相談してください。

【言葉の森】
★1月29日(金)は、5週目のため、お電話お休みです。宿題もありません。

【稲荷塾】
★1月の作文教室は、1月13日(水)と1月27日(水)です。
★2月の作文教室は、2月10日(水)と2月24日(水)です。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

--------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-01-18 17:35 | つぶやき | Comments(0)

1月13日作文教室のようす

寒くなりましたね。こちらは、まだ初雪は降っていませんが、日中も気温が上がらなくなりました。防寒着を着て、手袋やマフラーをして、作文教室に元気に来てくれました。1カ月ぶりに顔を見ると、嬉しいものですね。ぐっと背が伸びたような気がした子。少しふっくらとした感じがした子。第一印象はそれぞれに伝えましたが、みんな幸せそうで安心しました。

冬休みの楽しかったこと、図書館で借りた本の話や長岡京市の図書館の話などをしました。お正月は音読をやらなかったこと暴露してきた子もいました。作文を書き終わるとすぐに読みかけの本を読み始める姿が立派でした。

この時期になると、私が一から十まで書くことを指示するということはありません。どんなことを書くかだいたいのことを考えて作文教室に来て、すぐに課題に取り組んでいます。集中力が途中で切れても、つなげることができるようになってきました。作文教室歴2年、3年という人はもちろん、1年目の人も10ヶ月継続できたわけですから、よいペースで学習できていると思います。

18時~は振替があり中学生が多く、中学生は課題も難しく苦しんでいましたね。大いに苦しんでくださいな。1回読んだだけで書けるような簡単な課題なんて渡しません(笑) 今日初めての子も緊張しながらも頑張って書いていました。毎日、音読を頑張ってね。

特に中学生は60分で完成させるのは難しいと思います。最後まで仕上げられなかった人も、その課題はそれで終わりにしていいよ。よく考えていたからね。

さあ、毎日音読をして、1週間に一度作文を書いて送ってくること。
2月10日(水)に元気に作文教室に来てね。

-----------------------------------------------------------------
【お知らせ】

【言葉の森】
★1月29日(金)は、5週目のため、お電話お休みです。宿題もありません。

【稲荷塾】
★1月の作文教室は、1月13日(水)と1月27日(水)です。
★2月の作文教室は、2月10日(水)と2月24日(水)です。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

--------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-01-15 10:00 | 稲荷塾 | Comments(0)

お正月の作文 パート2

今日も、お正月の作文を紹介します。

なんと2か月かけて、手作りのかるたを作ったそうです。しかも、お父さんとお母さんにヒミツにしていたんだとか。そのようすを上手に説明できていました。

小1の自由作文「ひみつのかるた」より
a0132715_17164751.jpg

カルタは二ヶ月かかってつくりました。たいへんだったことは、一日五まいかいたこともあったことです。たのしかったことは、文をかんがえたことです。わたしが一ばんうまくかけたえは、赤ちゃんまんです。


「一番たいへんだったこと」「一番たのしかったこと」「一番のお気に入り」の3つの説明がとてもよくできていました。中心がしっかり決まった作文になっていました。

この子も、音読をよく頑張っています。少しずつ成長しています!

-----------------------------------------------------------------
【お知らせ】

【言葉の森】
★1月29日(金)は、5週目のため、お電話お休みです。宿題もありません。

【稲荷塾】
★1月の作文教室は、1月13日(水)と1月27日(水)です。
★2月の作文教室は、2月10日(水)と2月24日(水)です。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

--------------------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-01-14 10:00 | 言葉の森 | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー