<   2016年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2回目の方が怖いって……

半年ほど前に、このブログで予告していましたが、本日、右下の親知らずを抜歯します。

左下の親知らずを抜歯したときは、1週間腫れてあまり食べられませんでした。その時の痛さを体が覚えていて、今回の方が怖い……。

でも、やらなければならないからね。二度目の「まな板の鯉」になってきますね。

ということで、今日(6/29) 明日(6/30)と添削はお休みします。
次回のブログの更新は1週間後くらいになると思います。

どうぞよろしくお願い致します。

----------------------------------------------------------------------

【連絡】

【稲荷塾】
★7月の作文教室は、7月13日(水)と7月27日(水)です。
★8月の作文教室は、8月3日(水)と8月24日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------



[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-06-29 10:30 | つぶやき | Comments(0)

今日はパフェの日~今日も一日頑張ろう~


きみが涙を流すとき
小さな星がうまれるだろう
こぼれた光は空に瞬き やがて朝を呼ぶだろう
ひとりきり 眠れない夜
今 きみは 朝の先頭にいる

きみが歩きだすとき
新しい風が吹くだろう

これは、この本の最後の方にでてきた詩です。読了後、心に残ったので、ここに書いておきます。

ABC! 曙第二中学校放送部

市川 朔久子/講談社

undefined


中学生が主人公の本を読んでいると、いつも君たち中学生を思い浮かべます。

最近作文の提出がなかなかできていない人、大丈夫かな。
進学して環境が変わった人、新しい環境に慣れたかな。

中学生は、学校の定期考査があったり、部活動が忙しかったりして、思うように書けないかもしれません。忙しい時期は、30分とか60分とか、時間制限を設けて書けたところまでで送ってきなさいね。一行しか書けていなくてもかまいませんからね。どんなに忙しくても、音読だけは毎日すること。コツコツと積み重ねることが大事だからね。



それでは、今日は、おもしろいダジャレ集が届いたので紹介したいと思います。た~くさんのダジャレです!!
 
a0132715_10121965.jpg


これは、おすすめの本情報。「どんな人物だったかが分かる。また、どれだけすごいかが分かる。」と理由付きで教えてくれました。

a0132715_10122104.jpg

おすすめの本情報があれば、また紹介しますね。

-----------------------------------------------------------------------

【連絡】

【稲荷塾】
★7月の作文教室は、7月13日(水)と7月27日(水)です。
★8月の作文教室は、8月3日(水)と8月24日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-06-28 11:10 | つぶやき | Comments(0)

先週のたとえ~英国がEUを離脱するってよ~

金曜日に、英国でEU離脱についての国民投票が行われましたね。みんなの家でも、その話題で盛り上がったことでしょう。

お父さんやお母さんは、仕事や家庭でどんな影響がでそうだと言っていたかな。それぞれがそれぞれの立場で、いろいろと考える週末になったと思います。

私も、EUの、英国の、日本の、アジアのこれからのことを一生懸命考えました。少しユーロを買い、「ウェールズ対北アイルランド」のサッカーの試合をテレビ観戦しました。

これからどうなるのかと聞かれたら、「なるようになるさ」としか言えないですが、知らなかったことを知ったり、それぞれの立場で考えたりしてみるとますます知りたくなりました。もっと勉強しないといけないですね。




それでは、先週のたとえ(まるで~のように)の表現を紹介しましょうね。
紹介するようになってから、だんだんレベルが上がってきているのがわかると思います。先週もすてきな表現がたくさん届きました。どんどんまねしてね。


「いたは、まるで竹をきるようにかたかったです。」

「まるで考古学者になって宝物をさがしている気分でした。」

「その時に、『その人はどのくらい怖いの』と聞かれたとき、『空から雷が落ちてくるぐらいだよ』と言うようなことだ。」

「その時、先ぱいが、『このボールを卵と見たててあのゴールにのせる感じで打てばいいよ。』と教えてくれた。」

「はさみをひらいて、上からカッターみたいにダンボールを切ると、ブルルルルルーとバイクのような音がしました。」

「あそびじゃないまるでほんもののしょうぶのようでした。」

「するとお母さんは、『テレビ見たり本読んだりしていいよ。これから買物に行ってくるけど、何のアイスがいい?』と、まるでべつ人のようにやさしくなります。」

「クラスで一番やんちゃでやかましい男の子をその子が好きになったという、まるで死人が生きかえったようなしんじられないうわさが流れた。ぼくは、スパイのようにこそこそとそのことをたしかめた。」

-----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
★7月の作文教室は、7月13日(水)と7月27日(水)です。
★8月の作文教室は、8月3日(水)と8月24日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------



[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-06-27 12:57 | つぶやき | Comments(0)

「ABC曙第二中学校放送部」「大村智ものがたり」読んだよ~

夏休みの読書感想文コンクール課題図書、この2冊を週末に読みました。

小学校高学年の部

大村智ものがたり~苦しい道こそ楽しい人生

馬場 錬成/毎日新聞出版

undefined

この本は、大村先生が書いた本ではないんですね。大村先生が言いたいことは伝わります。あきらめずに頑張り続ける。自分がやりたいことなら、楽な道より苦しい道を選んだとしても後悔しない。感謝の気持ちを忘れない。このあたりをテーマに書き進めていくとよいと思います。


中学校の部

ABC! 曙第二中学校放送部

市川 朔久子/講談社

undefined

持って生まれた才能と努力、協調性と自己主張、このあたりがテーマとなりそうです。ラブもちりばめられているよ~。本を読まない人にも読みやすい内容だと思いますが、深い読解をしないと2000字は厳しいかなと思います。


どちらも「う~ん・・・」というのが私の感想。
まだ夏休みになっていないし、課題図書でもあるから、これ以上は書きません。


-----------------------------------------------------------------------

【連絡】

【稲荷塾】
★7月の作文教室は、7月13日(水)と7月27日(水)です。
★8月の作文教室は、8月3日(水)と8月24日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-06-26 12:04 | | Comments(0)

6月22日(水) 作文教室のようす

昨日は、最寄駅に着いたときに人身事故の一報が入り、電車が止まってしまいました。急いで迂回ルートで塾に向かいましたが、遅刻をしてしまいました。ごめんなさい。

まだ電車に乗っていなくてよかったと思ったと同時に、大人だから良いというわけではありませんが、学校帰りの子どもでないことを祈りながらとても重い気持ちになりました。雨も激しく降りだして、空も一緒に泣いているようでした。

長岡天神駅に着いてからは、無我夢中で全速力で走りましたよ。一秒でも早く着くためにね。髪が乱れて、お化粧も流れて、息が切れて、汗びっしょりでどうにか教室に着いたら、みんなが元気よく迎えてくれて、大声援の中ゴールテープを切ったような気持ちになりました。


そのような状況で始まった17時~のクラスは、私が着くまでに書くことを考えていたのでしょう。構成用紙を配るとすぐに取り組んでいました。入試問題に挑戦したりことわざ作文を書いたりと初めての課題に取り組んだ人もいました。

特に入試問題は、慣れるまでは時間がかかると思いますが、3カ月もすればすらすらと書けるようになるので、60分で最後まで書けなくても一つの課題にとどまって時間をかけるのではなく、途中まででよいので提出して次の課題に進んでください。

今日は書きたいことがあるから自由作文を書いていいかという意志表示をした子もいました。書きたいことを書くのが一番ですから、そういうときは、課題を変えてもかまいません。宿題の課題も変えていいよ。


18時~のクラスは、中学生が構成を理解して自力で書き進められるようになってきたことを感じました。深い思考は、同じ文章を何回も読んで自問自答することで養われます。中学生になると声に出して読む音読は面倒に感じると思いますが、毎日はきはきと音読をして脳を鍛えてください。


欠席した人は、課題を郵送しました。連絡なしで欠席した人は、電車が動いていなくて、携帯電話も持っていなくて連絡ができなかったのでしょう。大丈夫だったかな。可能な日に振替をしてください。


次回は7月13日(水)、梅雨があけているかな。この1カ月も音読を毎日頑張って、元気に教室に来てね。飲み物も持ってくるのよ。

-----------------------------------------------------------------------

【連絡】

【稲荷塾】
★7月の作文教室は、7月13日(水)と7月27日(水)です。
★8月の作文教室は、8月3日(水)と8月24日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-06-23 17:58 | 稲荷塾 | Comments(0)

「シンドラーに救われた少年」読んだよ~


シンドラーに救われた少年

レオン レイソン/河出書房新社

undefined


どうにか読みました。辛い話ですからね、なかなか前に進みません。
特に寝る前には読めない本です。眠りにつくまでに色々なことを想像すると恐ろしくなって眠れなくなるんです。だから、晴れた日の昼間に少しずつ読んでいきました。

表現は過激ではありません。それなりの配慮があったのだと思います。読書感想文コンクールの課題図書に選ばれているくらいですから、子ども達が読んでも全く問題ないです。高校生の課題図書ですが、中学生から読めます。


この本の最後の方にでてくる「シンドラーのリスト」という映画を見てみようと思って図書館のホームページで検索するとDVDがあったので予約しました。私の予約番号は3だったので、夏休みに入った頃に順番が来そうです。ちょっと本は読みにくいという人は、夏休みに家族でDVDを見るのもよいかもしれません。


重い本を読んだので、次は児童書を読んで、また課題図書に戻りますね。
これから読む本はこの予定。

ルドルフともだちひとりだち (講談社文庫)

斉藤 洋/講談社

undefined

このブログでも紹介した、小5のゲキドライブ君からのおすすめの本です。

-----------------------------------------------------------------------

【連絡】

【稲荷塾】
★6月の作文教室は、6月8日(水)と6月22日(水)です。
★7月の作文教室は、7月13日(水)と7月27日(水)です。
★8月の作文教室は、8月3日(水)と8月24日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-06-22 11:07 | | Comments(0)

先週のたとえ~タスキメシ~


週末に、この本を読みました。

タスキメシ

額賀 澪/小学館

undefined


今年の夏休み読書感想文コンクール、高校生の部の課題図書になっています。
一気に読めました。高校生の課題図書になってはいますが、中学1年生から楽しめながら読めますよ。


以前紹介したこれらの本にはまったという人には、特におすすめです。

武士道シックスティーン (文春文庫)

誉田 哲也/文藝春秋

undefined

風が強く吹いている (新潮文庫)

三浦 しをん/新潮社

undefined

バッテリー (角川文庫)

あさの あつこ/角川書店

undefined


夏休みの宿題で、課題図書で読書感想文を書く予定の人は、早めに本を読みなさいね。


それでは、先週のたとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しましょうね。先週もすてきな表現がたくさん集まりました。どんどんまねして使ってね。


「○○ちゃんのえは、まるで画家のようにうまかったです。」

「おふろの中では、他にもおゆで体をすべらるようにしてジェットコースター遊びもしています。」

「母はまるでプロの料理人のようだ。」

「まるで氷が交ざっているのではないかというぐらいです。」

「まるで時がとまったようにあっという間に時間がすぎてしまいました。」

「ただ、かんがえている時間が長かったので、まるでうちわが高速スピードでふられているようなせんぷうきの音が部屋中にきこえていました。」

「落としたら板がパタパタおちていった。まるでドミノのようだった。」


今週も、毎日音読と読書をして、元気に頑張ろうね!

-----------------------------------------------------------------------

【連絡】

【稲荷塾】
★6月の作文教室は、6月8日(水)と6月22日(水)です。
★7月の作文教室は、7月13日(水)と7月27日(水)です。
★8月の作文教室は、8月3日(水)と8月24日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-06-20 10:42 | つぶやき | Comments(0)

私が読んだ本

今日は、最近、私が読んだ本を紹介しますね。

まずは今読んでいる本はこれ

おしまいのデート (集英社文庫)

瀬尾 まいこ/集英社

undefined

今、半分くらい読みました。中学生から読めます。静かに感動中。電車の中でも気軽に読めると思います。


次も、瀬尾まいこさん

戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)

瀬尾 まいこ/文藝春秋

undefined

私が選ぶ本は、どうしても女の子向きになってしまいがちなのですが、この本は男の子も楽しめる本だと思います。中学生から読めます。笑えるところがたくさんあり、読書が苦手な人も読みやすいと思います。


最後はこれ

花の鎖 (文春文庫)

湊 かなえ/文藝春秋

undefined

最初は気軽に読んでいたのですが、登場人物の関係がどんどんややこしくなってきて、頭で整理できなくなってしまい、前に戻って確認しながら読みました。読了後、再読するともっと深く読めそうだと思いました。著者のメッセージを半分も受け取れていない感じ。少し気持ちを温めて再読したいと思います。高校生から読めます。


みんなのおすすめの本もどんどん紹介していくので、教えてね。

----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
★6月の作文教室は、6月8日(水)と6月22日(水)です。
★7月の作文教室は、7月13日(水)と7月27日(水)です。
★8月の作文教室は、8月3日(水)と8月24日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-06-16 11:02 | | Comments(0)

かわいいいたずら

「いたずらをしたこと」という課題作文があります。

良い子たちばかりなので、普段からいたずらをすることがなくて、書くことがないと悩む子が多い課題です。いたずらをされたことや、いたずらをしたことがないという話を書く子もいます。

一生懸命いたずらを考えて実行した話を書いた作文が届いたので紹介しますね。

a0132715_11150528.jpg
 はしのかわりに、ポッキーをおきました。父と母とわたしと妹のところにポッキーをおきました。妹が、ポッキーのことをしっていましたが、わらわなかったです。妹は、たべたいなぁというかおをしていました。わたしは、妹がたべたいんだなぁ、かわいいなぁ、と思いました。


 これは、お父さんもお母さんも大笑いしたでしょうね!!
いたずらは、おどろく反応があるからおもしろいんだものね。私もポッキーを買ってきて、仕掛けるぞ!!

-----------------------------------------------------------------------

【連絡】

【稲荷塾】
★6月の作文教室は、6月8日(水)と6月22日(水)です。
★7月の作文教室は、7月13日(水)と7月27日(水)です。
★8月の作文教室は、8月3日(水)と8月24日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-06-14 11:10 | 稲荷塾 | Comments(0)

先週のたとえ~今日は、はやぶさの日~

多くの子が本をよく読むようになったなぁと最近実感しています。頑張って読んでいた人も、自然と読むようになってきたね。

今日は、小5のゲキドライブ君から、本のおすすめ情報がありました。めっちゃおすすめだそうです。興味のある人は、図書館で見つけたら読んでみてね。

ルドルフともだちひとりだち 


さてさて、それでは、先週のたとえ(まるで~のように)の表現を紹介しましょうね。先週は、こんなにたくさんのたとえの表現が集まりました。今週もどんどん作文の中に入れてね!


「ゴールは、まるですぐ目の前にあるようにかんじたけど、なかなかつかなかったです。」

「ぼくはこのとき、まるでペンギンが空をとんだかのようにあっけにとられた。」

「いつも、カウンターで本のバーコードを機械でよむとき、私はまるで何かの楽器のようだと思います。」

「わすれものをした○○さんも、まるでわすれものをしていないような笑顔になった。」

「まるでにんじゃのようにはやくはしりました。」

「まるでダンサーのようにたくさんのおどりをおどっています。」

「ぼくは、まるでごみやしきにすんでいた気分でした。」

「なぜなら、ぼくのへやがごみおきばのようにきたなかったからです。」

「友達は、はんぷく横とびを、まるでエアーホッケーのようにすべるかんじでやっていないから、回数があまりいかないんだと思います。」

「まるで宝箱みたいに楽しい話という宝がザクザク出てくるようだ。」

「ともだちがおよいでいるようすは、まるで水泳せん手のようでした。」


今週は、ジメジメと蒸し暑い日が続くそうです。にんにくを食べてスタミナをつけて、今週も元気に頑張ろうね! 音読を毎日やること!

-----------------------------------------------------------------------

【連絡】

【稲荷塾】
★6月の作文教室は、6月8日(水)と6月22日(水)です。
★7月の作文教室は、7月13日(水)と7月27日(水)です。
★8月の作文教室は、8月3日(水)と8月24日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-06-13 10:54 | つぶやき | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー