<   2016年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧


秋に向けて

今日は、言葉の森のホームページから、参考になる記事があったので紹介します。


この記事は、「1冊を完璧に、自分のペースでやり遂げることの大切さ」を伝えています。

受験生は、いよいよ本格的な受験勉強に入る時期になりました。夏休みに底上げした基礎力を使って、これから総合力をつけていかなければいけません。模試を受けたり、過去問に取り組んだりとそれぞれが1つギアを上げて、猛スピードで走り続ける秋となります。

言葉の森でも、中学受験生はいよいよ受験コースが始まります。(受験コースは4カ月間です。)
稲荷塾の作文教室でも、小5以上の人は、入試問題に入りました。

孤独に頑張った夏からいよいよ実戦の秋に移ります。難しい問題にしっかり向き合って頑張ってほしいと思います。


受験生でない人は、まず、「毎日やらなければならないことをやる」ことが大事です。歯磨きも筋トレも計算問題もお手伝いも、そして音読と読書も。やると決めたことは絶対することです。

次に、「やらなければならないこと」の質を考えることです。これは、低学年のうちは、大人の協力が必要になると思います。

作文の勉強に関しては……

まず、音読を毎日すること。
かなり難しい課題文を渡していますが、難しくて何を書いているかわからないような文章を、わからないなりに毎日声に出して読むことで、だんだん理解できるようになります。とにかく、読み続けることが大事です。同じ文章を1週間毎日2回読むと14回読むことになります。もう覚えてしまいますね~。そのくらい読むことが大事です。


それから、毎日読書をすること。
これは、どんな本を読んでもよいです。読書については、このブログによく書いているのでよ~くわかっていますね(笑)


次に、音読の課題文の題材について、おうちで話をすること。
これは、「感想を言いなさい。」「どこが感動したの?」と子どもに言わせることではありません。お父さんやお母さんが、「そういえば、昔、お父さんが行った動物園でな~、」「そうそう、お母さんも空気を読んで後悔したことがあるんよ。この前ね~、」と世間話や思い出話をしてあげてください。


最後に、毎週作文を書くこと。
何時間も悩んで書く必要はありません。小学生で60分、中学生で90分で書けたところまでで送ってくること。無駄に時間をかけないでね。


明日から9月です。それぞれの秋を有意義に過ごしてほしいと思います。


-----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
★9月の作文教室は、9月14日(水)と9月28日(水)です。
★10月の作文教室は、10月12日(水)と10月26日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-08-31 10:33 | つぶやき | Comments(0)

先週のたとえ~毎日が大切~

大型の台風が日本列島に接近中ということで、これから荒れた天気になるようですね。
今日から学校が始まったという人も多いと思います。

夏休み、やりたいことが全部できたかな。
毎日、音読を続けたかな。

今日からまたスタートです。

毎日やらなければならないことをやる! ですよ。


それでは、先週のたとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しましょうね。先週も力作がたくさん届きました。

「息つぎを教えていないのにできて、まるで水泳の選手のようでした。」

「まるでふじ山のようにたかくなるそうです。」

「さわるとふわふわで、まるでくもをさわっているみたいです。」

「常に蚊の鳴くような声でぼそぼそつぶやいていて、あまり仲の良い友だちはできていなかった。」

「買わなければ当たらない宝くじのように、希望を持たなければ夢はかなわない。」


どんどんまねして使ってね。

-----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
★9月の作文教室は、9月14日(水)と9月28日(水)です。
★10月の作文教室は、10月12日(水)と10月26日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-08-29 11:03 | つぶやき | Comments(0)

読書のこと

この前の作文教室では、本を読んでいる子が多かったです。始まる前や書き終わってからはもちろん、作文の途中に我慢できなくなって読んでいる子もいたくらいです。

見させてもらうと、青い鳥文庫を地区の図書館で借りている子がほとんどでした。中には、大好きな歴史の本だったり地図だったりする子もいました。


特に小学生のうちは、学校の図書室や地区の図書館を利用して、たくさんの本を借りることをおすすめします。家族全員の図書カードを作ると、だいたい2週間で20冊くらい借りられると思います。かたっぱしから借りて、読めなかったらそのまま返すとよいのです。読んでいておもしろくなかったら途中でやめたらよいのです。一冊を最後まで読む人と、数冊を並行して読む人がいると思いますが、どちらでもよいです。

自分がおもしろいと思える本を読むこと。
いつも読みかけの本があること。
テレビを見たりゲームをする時間と同じ時間本を読むこと。

この3つを続けてね。


問題は中学生ですね~
小学生のときに読書習慣がついている人は大丈夫ですが、中学生になってから習慣化するのは大変。これは、本人の意思が必要です。

本を読まないと言う人は、寝る前に10分本を読んで寝るということを毎日自分に課すことが必要です。やはり・・・

自分がおもしろいと思える本を選ぶこと。
読みかけの本があること。
布団の中に入ったら、携帯電話をさわるのではなく本を読むこと。

この3つですね。習慣化するまでは、読書も勉強の一つだと思って自分自身で強制的に本を読ませる意識を持って3カ月頑張ってみなさいね。

-----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
★9月の作文教室は、9月14日(水)と9月28日(水)です。
★10月の作文教室は、10月12日(水)と10月26日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-08-26 11:05 | つぶやき | Comments(0)

8月24日(水)作文教室のようす

処暑を過ぎましたが、まだまだ暑いですね。暑いけど、みんな元気!夏休みの話をたくさん話して聞かせてくれました。旅行に行った話やおじいちゃんちに行った話、宿題がまだ終わっていないという話やオリンピックの話など、昨日は大いに盛り上がっていました。


17時~のクラスは、感想文課題の人が多かったのですが、課題文を持ってくるのを忘れていたり、音読ができていなかったりして課題を変えた人が数人います。感想文課題は宿題になった人がいるので、おうちで音読をしっかりしてから書いてね。

最後の方は、少しさわがしかったですが、おおむねよく頑張って書いていました。小学生は、どうしても60分集中して書くことが難しい子が多いのは仕方ないですね。前半の30分、しっかり集中して取り組めばよしとしないとね。書くことにも慣れてきて、自力で書く時間が増えてきました。家でも、60分と時間を決めて、書けたところまでで送ってくること。しっかり60分という時間を意識して、60分で仕上げるという意気込みで取り組むこと。


18時~のクラスは、静かに取り組めていました。感想文課題や入試問題などのそれぞれの課題をしっかり考えて書いていました。よく書けるようになったなぁと思いながら、仕上がった作文を読みました。


欠席した人は、課題を今日送付しました。9月に振替ができる人はしてくださいね。

この調子で、毎日の音読と読書を続けることですよ。
次回の作文教室は、9月28日(水)読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。

-----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
★9月の作文教室は、9月14日(水)と9月28日(水)です。
★10月の作文教室は、10月12日(水)と10月26日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-08-25 11:12 | 稲荷塾 | Comments(0)

聞いた話

夏休みは、家族で過ごす時間が多いので、お父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんに色々な話を聞いていると思います。

「いつも怒ってばかりのお母さんでも、辛い思いをしたことがあるんだなぁ。」とか、「おじいちゃんの子どものころって、おもしろいなぁ。」とか思いながら聞いていることでしょう。こういう生きた話は、子ども達の心の中に多くの生きる知恵を蓄積していきます。

作文の課題でも感想文の課題でも、おうちの人の思い出話をどんどん話して聞かせてあげてくださいね。


今日は、小5の感想文「花の絵を描き始める時」から、聞いた話を書いた第三段落を紹介します。とても感動的な話が入っていました。


a0132715_10531939.jpg

 お母さんにも似た話がある。お母さんは、日によって心のじょうたいがちがうと感じるそうだ。どういうことかというと、今回はゆったりするなという心や、ざわざわしていらいらするときもあるし、うれしいときやかなしいときのかんじょうがあるそうだ。最近、ヨガの先生に、
「心と体はつながっていて、体がこり固まっていると心も固くなるんですよ。」
と教えられたそうだ。どれがわるいということではなく、どのかんじょうともむきあうことが大切だなと分かったそうだ。体もゆるめ心もリラックスしたじょうたいで生活していきたいなと思ったそうだ。



-----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
★8月の作文教室は、8月3日(水)と8月24日(水)です。
★9月の作文教室は、9月14日(水)と9月28日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-08-24 10:52 | 言葉の森 | Comments(0)

書き出しの工夫

学校の宿題の作文や感想文を読んで、もう一工夫! と思ったところは、どれもだいたい同じところにあります。

まず、書き出しね。それから、まとめ。

この2点を少し工夫するだけで、読み手をひきつけ自分の意見をしっかり主張する文章になります。特に小学生は、自分で工夫するのには限界があるから、少しおうちの人に助けてもらうとよいですよ。


今日は、参考になる書き出しの工夫を紹介しますね。

小4の課題作文「いちばんすきな遊び」から書き出しと途中の説明を紹介。音と会話文からの書き出しがよくできていました。

a0132715_10524917.jpg
 リン、リン、リン、リン。
「やった! 八メートルも歩けた。」
わたしは、さい近、竹うまにはまっています。7才のたん生日に、お父さんとお母さんからもらいました。もらったときは、竹うまはどんなに楽しい物なのかを知らなかったので、全く練習していませんでした。でも、今年になり、やってみようと思い、七月の二日に、お父さんに手伝ってもらいながらやってみたら、乗れるようになりました。
(中略)

初めて乗るときに、一番むずかしかったところは、力を入れて、ぼうをもたないと、ぼうがくるくる回ってしまい、まっすぐ歩けなかったり、バランスをくずしてしまったりすることです。今は、リズムがむずかしいと思います。一、二、一、二、などとかけ声をかけないと、長く歩けません。

一番むずかしかったところの説明を、初めて乗ったときと今の二つ説明したところがよいです。


結びの工夫は、文章の中で大事な言葉を結論でもう一度使うこと。わかったことを入れること。

少し意識して書くだけで、かなり違ってくるので、宿題の清書をこれからする人は、参考にしてね。

-----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
★8月の作文教室は、8月3日(水)と8月24日(水)です。
★9月の作文教室は、9月14日(水)と9月28日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------



[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-08-23 10:52 | 言葉の森 | Comments(0)

先週のたとえ~いよいよ東京オリンピック~

いよいよ夏休みの終わりが近づいてきましたね。
宿題は全部できたかな。

今日から日常に戻った人も多いと思います。まだまだ残暑が厳しいですが、やらなければならないことをさっさとやって、元気に頑張ろうね!!

それでは、先週のたとえの表現(まるで~のよう)を紹介します。
お休み宿題の週でしたが、頑張って書いた作文が届きました。

「どろ団子を作ったこともあります。おにぎりのようにまるめていたら、ぐちゃっとつぶれました。」

「まるでまほうで曲をかんたんにしているようでした。」

「○○は、すごく暑くてあせがだらだらでて、まるで南の島にいるようでした。」

「あやまり合えるわたしたちのグループは、まるでハチの家族のように一人一人友だちがとても多いです。」

「まるでほんもののうちゅうせんにのっているようでした。」

「まるでとうきょうタワーにのぼったようにたかくまでとべるとおもいます。」


-----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
★8月の作文教室は、8月3日(水)と8月24日(水)です。
★9月の作文教室は、9月14日(水)と9月28日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-08-22 10:48 | つぶやき | Comments(0)

先週のたとえ~五山送り火~

京都では、昨日、五山送り火が行われて、無事お盆休みが終わりました。

お盆休み中に届いた作文や感想文は、返却済みです。

我が家は、今年は夏休みはありません。受験生がいるからね。毎日、決まった時間に起きて、決まった時間に食事を作り、決まった時間にお風呂に入り、決まった時間に寝るという生活をものすご~く強く意識して送っています。

私は、お盆休み中に、リオオリンピックのサッカーと卓球を見ました。今日、サッカーの準決勝がありますね~。あのナイジェリアとドイツの対戦、うちのギンターとベンダー(6番のほうね)を応援しないとね。明日の朝が楽しみです。


さてさて、今日は、お盆休み中に届いた作文と感想文の中から、たとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しますね。


「まるで今にもトムニャンがギターをひきだしそうです。」

「ジバニャンににているようだなとおもいました。」

「まるできゅうりは、ながいものように大きかったです。」

「クワガタの足の先の小さい小さいとげみたいな茶色いつめみたいなものにひっかかってしまったので、いたかったです。」

「はしっているときに、いきがしづらくてくるしかったけれどとまらないでがんばりました。まるでたいかいのようでした。」

「おじさんがくろくて太ったブタとさんぽしていました。まるで犬とさんぽしているようでした。」

「お手伝いのときは、もう作ってあり、もりつけやドレッシングをかける仕事しかないので、まるでごはんに出てくるりょうぐらい食べてしまいます。」

「ジェットコースターにのっているとき、まるで空をとんでいるようでした。」

「バームクーヘンをたべたとき、まるでくもをたべているようにふわふわでした。」


お盆休み中、音読ができなかった人、今日から再スタートですよ。
音読を毎日頑張ってね。

-----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【言葉の森】
★夏休みは、8月11日(木)~8月17日(水)です。お休み宿題がでます。

【稲荷塾】
★8月の作文教室は、8月3日(水)と8月24日(水)です。
★9月の作文教室は、9月14日(水)と9月28日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-08-17 11:41 | つぶやき | Comments(0)

山の日

今日は、初めての「山の日」の祝日でしたね。
おうちの人が今日からお盆休みという人も多いのではないかな。

昨日、今日と、夏休みの作文や感想文の宿題が届きました。宿題が順調に終わっている人が多そうですね。

おじいちゃん、おばあちゃんの家に行っている人や、旅行中の人もいると思いますが、毎日の音読はできるだけ続けてね。


それでは、今日は、夏休みだぁ~!! という絵と写真を紹介します。

キャンプに行って、クワガタを見つけたそうです。クワガタをしっかり観察しているね!
a0132715_19145804.jpg

台湾旅行中の子から絵葉書が届きました。すてき♡ 

a0132715_19145976.jpg

夏休みを楽しんでいる人が多いですね。夏休みに経験したことをどんどん作文に書いて教えてね。
受験生は、勉強三昧の日々だと思いますが、そういう年も絶対自分の力になるからね。邁進してね。

このブログも少し間、夏休みをいただきます。
次回の更新は、8月17日(水)を予定しています。

-----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【言葉の森】
★夏休みは、8月11日(木)~8月17日(水)です。お休み宿題がでます。

【稲荷塾】
★8月の作文教室は、8月3日(水)と8月24日(水)です。
★9月の作文教室は、9月14日(水)と9月28日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-08-11 15:14 | つぶやき | Comments(0)

先週のたとえ~立秋~

立秋が過ぎ、暦の上では秋が始まりましたが、暑いですね~。ちょうど夏休みの半分が終わろうとしていますが、宿題はできたかな。

作文や感想文の宿題の下書きが届いています。全体的によく書けていますよ。
通常の添削とは違い、直した方がよいところやもう少し詳しく説明した方がよいところなどを書いていて、花丸は入れてないからね。参考にしながら、清書しなさいね。

宿題には、文字数の制限があると思います。何字書かなくてはいけないのかを明記してね。


さあ、それでは、先週のたとえ(まるで~のよう)を紹介します。

「初めて家でじゅんさいを食べた時、おいしすぎて、いすから落ちそうになりました。」

「食感はぷりぷりで、歯ごたえのあるゼリーのようでした。」

「見た目は、緑のタケコプターみたいでおもしろかったです。」

「すべっているときは、まるで空をとんでいるようできもちよかったです。」

「ぼくはこのとき、まるでむずかしいゲームのこつをつかんだようによろこんだ。」

「最後に、まるでサンドイッチのように左右のお米を合わせるようにしてかぶせれば、できあがりです。」

「まるで三角形でも丸の形でもないような形になってしまいました。」

「いくとちゅう、まるでおねえさんのようにおもいました。」

「その音は、まるで牛にゅうとごはんをまぜるくらいいやな音だ。」


学校の宿題の作文や感想文にも、たとえの表現がたくさん入っていました。提出するので、ここには出していませんが、良い表現がたくさんありました。


今週も、毎日音読をして、やるべきことをしっかりやって、規則正しい一週間にしようね!!

-----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【言葉の森】
★夏休みは、8月11日(木)~8月17日(水)です。お休み宿題がでます。

【稲荷塾】
★8月の作文教室は、8月3日(水)と8月24日(水)です。
★9月の作文教室は、9月14日(水)と9月28日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

--------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-08-08 09:26 | つぶやき | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー