<   2017年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧


おすすめの本

3月31日(金)

小3の女の子からのおすすめの本を教えてもらいました。

a0132715_17122873.jpg
とてもおもしろそうな本だなと思ったので、ここに紹介します。
興味のある人は、ぜひ読んでみてね。


春休みに入ってからも、順調に作文が届いています。
「今読んでる本」を書く欄にも、色々な本の名前を書いていて、春休みも順調に読書をしていることが伝わってきます。

なかなか読書の習慣がないという人は。。。
とにかく、毎日決まった時間、本を読むということを3カ月続けてください。
本は、自分が読みたいと思った本を読むこと。
読んでいて、おもしろくなかったら次の本を読むこと。途中でやめても大丈夫。
おうちの人は、どんな本を読んでいても何も言わないでね。



読書ばかりして困るという人。。。
最近、こういう本の虫ちゃんたち♡ が増えてきました。
とてもよいことなんですよ。うらやましいと思う人がたくさんいると思いますが、
本ばかり読んで、やらなければならないことを雑にしてしまう、というのは困ります。
本の虫ちゃんたちもよ~くわかっているんですけどね。止められないのよね~
きちんと計画をたてて、やるべきことをきちんとやってから、後は好きなだけ本を読むように自分自身を管理しようね。

また、おすすめの本があったら、どんどん教えてね。

-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
 4月の作文教室は、4月12日(水)と4月26日(水)の予定です。
 5月の作文教室は、5月10日(水)と5月24日(水)の予定です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

---------------------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-03-31 10:12 | | Comments(1)

私の誕生日

3月29日(水)

昨日、3月28日は私の誕生日でした。

この1年は、私自身がとにかく体調を崩さないように気をつけながら、娘のサポートに心を砕いてきましたが、これからの1年は、自分の時間を持って、楽しみたいと思っています。

最近、作文の話が少ないブログですが、もう少し書かせてね。。。

お祝いに娘と一緒に「ラ・ラ・ランド」の映画を観に行ってきました。
大感動、涙が止まらない、ということはありませんでしたが、観た後に残る感覚は深くてよかったです。

中学生や高校生が親と一緒に観に行くにはとてもよい映画だと思いました。
夢が叶う幸せと、夢を追い続けることで失われるものがよく表現できていたと思います。


家族からのプレゼントはこれでした。
じゃん~
ガンバ大阪のユニフォームです。
a0132715_16414888.jpg

「8」世界を見据える 青黒魂の後継者「井手口選手」の名前入り(笑)

a0132715_16420235.jpg
もうこれで、私も真のガンバファンですね。

-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
 4月の作文教室は、4月12日(水)と4月26日(水)の予定です。
 5月の作文教室は、5月10日(水)と5月24日(水)の予定です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

---------------------------------------------------------------------



[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-03-29 16:40 | つぶやき | Comments(0)

京都パン屋さん巡り

3月28日(火)

26日の日曜日に、自転車で、パン屋さん巡りからの花見をしました。
家族3人でサイクリング&ピクニックは、かなり久しぶりでした。
これから、こういう機会も少なくなっていくのだろうと思うと、貴重な一日になりました。

春休みに京都に来る人、これから京都旅行を考えている人へ、一目でわかるよう地図をはっておきますね。
京都駅から京都御所まで5キロ弱ですから、中学生くらいなら自転車で行けます。
ちなみに、清水寺、八坂神社、南禅寺、二条城、この辺りまで5キロ圏内
南側の、東寺、東福寺、伏見稲荷、ここらも自転車が便利です。



私が今回行ったのは、この3店。全てお初です。
全部で15種類ほど買って、京都御所で食べました。
(他に、鴨川沿い、梅小路公園、京都府立植物園も堂々とお弁当が食べられます。)

好みはそれぞれで、
私が一番気に入ったパンは、「菜の花とちりめんのパン」
娘は、「マカロン生地のクリームパン」
お父さんは、「ウインナーベーグル」
でした。。。



-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
 4月の作文教室は、4月12日(水)と4月26日(水)の予定です。
 5月の作文教室は、5月10日(水)と5月24日(水)の予定です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-03-28 09:14 | つぶやき | Comments(0)

光る表現(先週のたとえ)

3月27日(月)

今年は、なかなか温かくならないですね。

昨日は、パン屋さん巡りからのお花見の予定でしたが、桜は蕾すら小さくてまだまだ咲きそうにありませんでしたし、肌寒くて長居ができませんでした。
本当に、今週中に開花するのかなぁ。。。

「えっ? パン屋さん巡り?」と興味を持った人は、明日のブログを見てね。



それでは、月曜日恒例のたとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しましょうね。

「もらったおかしは、まるでほうせきのようにきらきらしていました。」

「まるでえひめにりょ行に行ったようでした。」

「まるでホースから水がでるようでした。」

「夜の町は、まるでトンネルのようでした。」

「それは、速い人はゴールの先まで全速力で走り、おそい人は、ゴールの手前でスピードがおち、ゴールするときはまるで歩いているぐらいの速さで走っているということです。」

「人間にとって文学とは、人間の心の柱となり、深く豊かに、広い広い大空のように大きくしてくれるものであると私は思っている。」

「わたしと○○ちゃんは、まるできょうだいのようになかがよいです。」

「わたしはうれしすぎて、まるでうさぎのようにピョンピョンはしりまわりたいほどウキウキして、○○ちゃんと『パン』とタッチをしました。」


先週も、すてきなたとえの表現が集まりました。どんどんまねして使ってね。


今週も音読を毎日頑張ってね!!

-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
 4月の作文教室は、4月12日(水)と4月26日(水)の予定です。
 5月の作文教室は、5月10日(水)と5月24日(水)の予定です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-03-27 14:49 | 光る表現 | Comments(0)

3月22日(水)作文小論文教室のようす

3月22日(水)

稲荷塾の新学期が始まって、ちょうど2週間。
今日も無事作文教室を終えることができました。

どの子も一生懸命課題に取り組めていました。

途中、集中力が切れて、おしゃべりに花が咲くこともありましたが、
注意すると、また静かに良い姿勢を保つことができていました。

特に低学年の子たちは、60分間ずっと集中して取り組むことはなかなか難しいと思いますが、
集中力が切れたときに、人に迷惑をかけずに息抜きをすることが、教室内では必要です。
どの子も私の話を一生懸命聞いてくれて、話して聞かせれば態度もすぐ直りますから、
今は、「今日も頑張って作文書いてきたんだね。」とほめ言葉をかけてあげてください。


今日は欠席者が多く少人数だったので、色々な話がたくさんできました。

春休みに楽しみなことを聞いてみると、
「おばあちゃんちに行くこと」
「お楽しみ会」
「映画をみに行くこと」
「旅行に行くこと」
「試合」
など、笑顔で話してくれました。

今週末から春休みになる人が多いようですね。

春休みも、毎日音読をすること。
やるべきことをさっさとやって、読書をたっぷりして、後はたくさん遊んで、たくさんお手伝いをしてね。

次回の作文教室は、4月26日(水) 読みかけの本をもって元気に教室に来てね。


-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
 4月の作文教室は、4月12日(水)と4月26日(水)の予定です。
 5月の作文教室は、5月10日(水)と5月24日(水)の予定です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-03-22 23:49 | 稲荷塾 | Comments(0)

春いっぱい

3月22日(水)

春らしくなってきましたね。
関東では桜が咲き始めたということですが、京都はもう少しかな。
開花予想では、4月6日が満開日になっていたので、進級進学に合いそうですね。


今日、図書館に行ったら、予約していた本が届いていました。
この本ね。

いつ予約した本なんだろう……
だれかに薦められたのかな……
全く記憶がありません(笑)

でも、題名が今の時期にぴったりで、この時期に私の手元に届いたのも何かの縁だと心躍らせて受け取りました。

今読んでいる本がおもしろいので、これを最後まで読んで、


次にこれを読んで、

その後に読む予定。

感想はまたブログに書きますね。

-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
 3月の作文教室は、3月15日(水)と3月22日(水)の予定です。
 4月の作文教室は、4月12日(水)と4月26日(水)の予定です。
 5月の作文教室は、5月10日(水)と5月24日(水)の予定です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-03-21 11:20 | | Comments(0)

光る表現(先週のたとえ)

卒業を迎えた人 おめでとう!!
これからの新生活に期待をふくらませていることでしょう。
一つ一つ階段を上がっていくように、ていねいに時間を刻んでいってね。


さて、月曜日恒例のたとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しましょうね。

「さらに、毛並や光沢、瞳の輝きには細心の注意を払い、息が止まるくらい集中して描き込んだ。そんな努力の甲斐あって、色鮮やかで、まるで命が吹きこまれたようなリアルな作品に仕上がった。」

「ろうそくの火は、まるで火の玉みたいでした。」

「でも、最後にリフトに乗って頂上からすべったときには、上手にすべれて、まるでしまうまの赤ちゃんがライオンからにげるために生まれてすぐ立って歩けるようになったようでした。」

「でも、そんなお父さんを見ていると、なんだかまるでじゅう医さんをやっているみたいでかっこいいです。」

「いま、しずおかでさくらがさいていると、まるで人工の雪のように、人工でさかせるさくらのようなかんじがします。」

「そこの二人は、大食い選手権をやっているようだな。」


先週も、すてきなたとえの表現が集まりました。どんどんまねして使ってね。

-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
 3月の作文教室は、3月15日(水)と3月22日(水)の予定です。
 4月の作文教室は、4月12日(水)と4月26日(水)の予定です。
 5月の作文教室は、5月10日(水)と5月24日(水)の予定です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-03-20 10:13 | 光る表現 | Comments(0)

謝恩会⇒春休み

お待たせしました~やっと春休みのことが書けます。

休み明けの電話指導のときも、「先生、どこに行ったのですか」と聞いてくれた子がいました。
「春休みにニューヨークに行く」と嬉しそうに話してくれた子もいましたし、
「ドイツにサッカーをみに行きたい」と小さな声で話れくれた子もいました。
行きたい国は、シンガポール、ハワイ、オーストラリア、イギリス……などなど子ども達の夢は無限大です。

私は、「大学生になってバイトをしてお金をためて、海外に行くといいよ。どこに行きたい?」と子ども達に話しています。
私の旅行記が子ども達の夢につながったらいいなと思います。


さてさて、今回私が行ったところは……

ここです。
a0132715_17514822.jpg
スペインのバルセロナにある「カンプ・ノウスタジアム」でした。当たった人、いるかな。



スタジアムに着くと、大きな選手たちのポスターがお出迎えをしてくれました。
a0132715_17554721.jpg



メッシとネイマールとスアレスが試合前に練習をしているところ
さすが、大スター達。華やかです。オーラが全身から出ています。すごい!!
a0132715_18004737.jpg


私達が観戦したのは、「バルセロナVSセルタ」
いよいよ試合が開始しました。

ここは10万人が入るスタジアムで、試合開始の頃にはほぼ満員になっていました。熱気がすごい。 

私達も、「バルサ・バルサ♪」と声援を送りました。
a0132715_18075113.jpg
終わってみれば、5-0で快勝でした。
メッシの三人抜きドリブル、スアレスの絶妙なクロス、ネイマールの華麗な足技など、わかってはいても驚くことばかり。なんだか全然次元の違うものを見せられた感じがしました。



世界中にファンがいるバルサですから、旅行会社やチケット代行業者からチケットを買うことが容易にできますが、私は、バルサの公式ホームページから購入しました。10月に買ったので、そのくらい前だと個人でも手配できると思います。
ちなみに、バルセロナ市内のツーリストインフォメーションセンターに、前日に「明日の試合のチケットあります」という案内板がでていました。
サッカー好きの人、ぜひぜひ一度行ってみてください~


-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】

 3月の作文教室は、3月15日(水)と3月22日(水)の予定です。
 4月の作文教室は、4月12日(水)と4月26日(水)の予定です。
 5月の作文教室は、5月10日(水)と5月24日(水)の予定です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-03-17 09:48 | つぶやき | Comments(0)

3月15日(水)作文小論文教室のようす

2017年度稲荷塾の作文小論文教室が始まりました。

17時~のクラスも18時~のクラスもとてもよい雰囲気で学習ができました。
どの子も学習態度がよく、自分の課題に一生懸命取り組むことができていました。


【昨年度から継続の人】
それぞれ目標字数が増えています。
引き続き、毎日音読をすることと毎週作文を書くことを続けること。
この調子でやり続けてくださいね~


【新入生の人】
ピンクの紙に、勉強の仕方や作文の送り方などの大事なことを書いています。おうちの人も読んでおいてください。

作文の宿題は、小学生で60分、中学生で90分で、できたところまで送ってくること。構成用紙しか書けなくてもかまいません。また、「第二段落は書けないけど、第三段落だったら書ける」場合は、第二段落は飛ばして書くとよいです。

音読は毎日やること。時間を決めてやると継続しやすいです。朝ごはんを食べる前とか、お風呂に入る前とかね。
音読に休みはありません。学校の宿泊学習のときと体調不良のときのみ休んでもよいです。

雨がふっても、台風が来ても、家族旅行の日も運動会の日も、お母さんにものすごく怒られた日も友達とけんかをした日も、毎日毎日読むこと。どんなことがあっても、これだけは続けること。


勉強のやり方でわからないときは、いつでもメールをください。

次回の作文教室は、4月12日(水) 読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。

-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
 3月の作文教室は、3月15日(水)と3月22日(水)の予定です。
 4月の作文教室は、4月12日(水)と4月26日(水)の予定です。
 5月の作文教室は、5月10日(水)と5月24日(水)の予定です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-03-16 11:21 | 稲荷塾 | Comments(0)

卒業式⇒謝恩会

卒業式の後といえば……「謝恩会」です。

謝恩会といえば……「感謝のお手紙」

私も娘にお手紙を書いて、お手紙交換をしました。
前日に何を書こうかなと思案して、私らしさを出すことにしました。


題名は「お母さんのおせっかい。大学生になるまでに読んでほしい本10冊」


程良く読書をしてきた娘ですが、この1年は1ページも読んでいないのではないかな。
そんな余裕はなかったでしょう。大好きなサッカーの試合をテレビで見る余裕もなかったですからね。

久しぶりの読書ということで、物語に入っていきやすく、一回読むだけで筆者の意図が理解できるような本を選出しました。3日で1冊読めて10冊でちょうど4月。1カ月で10冊って達成感あるでしょ~

私が子どもに薦める本ってどんな本だろう、と興味を持って下さった方がいらっしゃったら嬉しいなと思って、ここにも書きますね。このブログで紹介した本が多いです。

もちろん、今春高校生になる人も、高校2年生になる人にもおすすめできると思います。



★「アリスのままで」 リサ・ジェノヴァ
ハーバード大学の教授が若年性アルツハイマーを発症し右往左往する話。
他人事ではないです。


★「アントキノイノチ」 さだまさし
孤独死がテーマ。孤独死をした人の部屋を片付ける仕事を通じて感じること。
他人事ではないです。


★「痛みの道標」 古内一絵
第二次世界大戦末期のインドネシアで起きたポンティアナック事件の話


★「満願」 米澤穂信
ミステリー短編集。人間はだれでも狂気を持っている。


★「朝が来る」 辻村深月
17歳で妊娠した女の子の人生とは。
大事なことって何? 命を育てることって?


★「本屋さんのダイアナ」 柚木麻子
女子力ってなに? 可愛くすること? モテること?
いいえ。違います。女子同士の戦いに勝つことです!! なんてね(笑)


★「マカン・マラン」 古内一絵
オネエの本。
オネエは、男の気持ちも女の気持ちもよくわかる。
オネエの友だちを一人持つだけで世界が違ってくる。
ていねいに生きること、自分らしく生きることを優しく教えてくれる。


★「八月の六日間」 北村薫
山登りの話。
この本を読んで、スイスに行きたいと思いました。


★「神様のカルテ」
あなたが別世界を生きている間に、1.2.3.0と出ています。


★「シンドラーに救われた少年」 レオン・レイソン
今年度の高校生の読書感想文課題図書でした。人を助ける方法は色々あります。



娘のことですから、律儀にこの10冊を読むとは思いませんが、数冊でも読んでそこから自分で読みたいと思う本を見つけるきっかけになったらいいなと思い、こういう手紙にしました。


-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
★2017年度の作文教室は、3月15日(水)から始まります。
 3月の作文教室は、3月15日(水)と3月22日(水)の予定です。
 4月の作文教室は、4月12日(水)と4月26日(水)の予定です。
 5月の作文教室は、5月10日(水)と5月24日(水)の予定です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-03-16 09:54 | | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー