夏休み読書感想文課題図書中学生の部「スピリットベアにふれた島」

スピリットベアにふれた島 (鈴木出版の海外児童文学―この地球を生きる子どもたち)

ベン マイケルセン / 鈴木出版



【感想文のヒント】
この本で伝えたいことは、最後の訳者あとがきにまとめて書いてあるので、そこまでしっかりと読むことをおすすめします。
自分の感情をコントロールすることの難しさと必要性、犯罪者は刑務所に入ることで罪を償うことができるのか、更生の方法はあるのか、このあたりをテーマにして書けそうです。裁判員制度や少年法、再犯についての社会実例を入れてみるのもおすすめ。

また、家族のあり方や自然から学ぶことの大切さを考えさせられる場面もあるので、自分の体験実例を入れながら意見化していくのもよいでしょう。是非の主題や総合化の主題、生き方の主題など、どの意見文でも使えます。意見文の構成で書くとかなり書きやすくなると思います。

この本は、2000字程度の感想文を書くにはかなり大変だと思いました。答えがでない問題が多く心の中に残ると思います。私のようにもやもやとした気持ちのまま読み終えたとしたら、そのもやもやとした気持ちを言葉にして表現することに挑戦してみてください。そうすると自分らしい感想文になると思います。
[PR]

# by kiriko-no-mori | 2011-07-15 19:20 | | Comments(2)

夏休み読書感想文課題図書中学生の部「聖夜」

聖夜 ― School and Music

佐藤 多佳子 / 文藝春秋



何か楽器をしている人は共感する部分がたくさんあるのでどこの場面でもにた話が出てくると思う。

楽器はしないけど音楽を聴くのが好きと言う人は、同じ曲でも弾く人によって違うし、聞く人によっても違うという話が書けそう。そこだけで終らせず、この物語から自分の生き方や日常を見つめてみよう。

試練から逃げてしまった自分の話や自分の気持ちを言葉や音楽や行動で表現してみるけど上手く表現できず、そういう自分に嫌気がさしたという話や、親や指導者が立派でよい影響を与えられている一方、表の部分(見せている部分と言えばいいかなぁ)のようでイラッときてしまうという話などが書けそう。

理想と現実の狭間で悩みもがきながら、人間って完璧じゃないのに、完璧を目指して生きていこうとする人間像にせまっていくのもおもしろい展開になりそう。

結びの部分は、クリスマスコンサート前日で終っている。その続きを自分の言葉で綴ってもいい。手紙は読んだのだろうか。その手紙には何が書かれていたのか。返事を書くとしたらどんなことを書いただろうか。思い切って母に会いに行ったかもしれない。父と祖母は? 想像がふくらむ結びなので、想像した話を入れても個性的な感想文になりそう
[PR]

# by kiriko-no-mori | 2011-07-15 19:18 | | Comments(0)

積読中の本

言葉の森新聞にも書いてありましたが、今、言葉の森では、facebookを使って様々な情報を発信し共有しています。たくさんのグループがあるのですが、その中の一つに「読書の好きな子になる庭」というのがあります。言葉の森の講師や保護者だけでなく、たくさんの人が参加しています。

その中で、「めっきらもっきらどおんどん」という絵本が面白いという情報を得ました。
早速、図書館へ行って探してみたのですが、予約でいっぱいとのこと。ますます読みたくなり、次は本屋さんへ。ありました! 立ち読みするだけのつもりが欲しくなって買ってしまいました。うちの子が大きくなって、絵本コーナーから遠のいていましたが、久々の絵本で心がわくわくしました。

ついでに、「だるまちゃんの絵はがきの本」も購入! だるまちゃんの本も懐かしかったです。

a0132715_11451745.jpg


下の本は図書館で借りてきた本。
その日は、雨でじめじめしていたんですけど、図書館はエアコンの設定温度を高くしているみたいで、外よりもさらに暑かった。自己啓発系の本棚のところが涼しくて、今回はそこらあたりの本を手当たり次第に借りてみました。
[PR]

# by kiriko-no-mori | 2011-06-18 12:08 | | Comments(0)

進級試験です。

a0132715_11102459.jpg

【今、私のお気に入りのマリナドブルボンのさくらんぼティ】
 ホットで飲むと少し苦味があるけど、アイスにすればすばらしい風味になります。半日かけてゆっくり水出しするのがおすすめ。口の中はもちろんのこと頭もすっきりしますよ。

 言葉の森新聞でもお知らせしましたが、
6月1週は「進級試験」です。

056.gif項目シールが4枚きちんとはられていること
056.gif目標字数を達成できていること
056.gif締め切りが守られていること
056.gif4月・5月にそれぞれ1作品以上の提出があること

 以上、4点で合格が決まります。

新学年になり、時間のやりくりに試行錯誤をしていて、なかなか作文に取り組めていない人は、急いで作文用紙に向かいましょう。ちょっと心配な子がちらほら。。。あなたの作文が届くのを待っていますよ。
[PR]

# by kiriko-no-mori | 2011-05-25 11:39 | つぶやき | Comments(0)

再開します。

みなさん、こんにちは。

私の生活も少し余裕ができたので、万城目学さんの新刊「偉大なる、しゅららぼん」の発売を記念して、今日からこのブログを再開したいと思います。

偉大なる、しゅららぼん

万城目 学 / 集英社


早速、本屋さんで買ってきました。うちでは、まず私が読んで、次に子供、最後にお父さんが読みます。新しい本に折り目を入れるときがすごく好きです。トップバッターの特権ですね。

最近、こちらの図書館へ行ってカードを作ってきました。これで、家から予約したり、延長したりすることができます。人気のある本は待っている人がとても多いので、なかなか順番がまわってこないんですけどね。図書館へ行ったとき、新刊の棚にあったこの本を借りて読みました。

鉄のしぶきがはねる

まはら 三桃 / 講談社


コンピューターは間違いもなく1ミリのくるいもださないけど、職人の仕事にはそれ以上にすばらしいものがあるということに気がついた高校生の話です。技能五輪や町工場の現状なんかもわかるような内容になっています。もう1冊、

カラーひよことコーヒー豆

小川 洋子 / 小学館


も借りてみました。小川洋子さんといえば、「博士の愛した数式」や「ミーナの行進」で有名な方ですね。物静かな人という印象でしたが、小川洋子さんでも話しすぎたかなと後悔することがあるそうです。私も、だいたいにおいて、「しゃべりすぎたかな。」と思うので、少し親近感が持てました(笑)
[PR]

# by kiriko-no-mori | 2011-04-26 15:46 | 言葉の森 | Comments(0)

しばらくお休みします。

a0132715_1147062.jpg


このブログはしばらくお休みしようと思います。

更新したかな、と覗きに来てくれていた人たち、ごめんなさい。

桜が咲く頃に再開できたらいいなと考えています。
[PR]

# by kiriko-no-mori | 2010-11-11 11:52 | 言葉の森 | Comments(0)

とうふ作り

先日、小2の生徒さんからとうふの作り方を教えてもらいました。
にがりの量を正しく入れないとにがくて食べられないそうです。
3回目にやっとおいしくできたそうです。

作文用紙の裏いっぱいに作り方を絵に描いてくれたのですが、写真を撮るのを忘れてお返ししてしまいました。


豆乳とにがりをボウルに入れて混ぜます。
a0132715_18564473.jpg


よく混ぜると、茶碗蒸し用の食器に流しいれます。茶碗蒸しのときみたいにこさなくても大丈夫。
a0132715_18571749.jpg


その後、電子レンジに入れてスタートボタンを押すと出来上がり!
スチーム機能で20分でちょうどよい仕上がりになりました。
a0132715_18574169.jpg

うん、うん、スプーンで食べるとうふ。美味しかったです。
[PR]

# by kiriko-no-mori | 2010-09-21 19:03 | つぶやき | Comments(0)

夏休み

a0132715_17113433.jpg


みなさん、毎日 暑いですね。元気ですか。
夏休みになって、キャンプや宿泊学習や海外研修や夏期講習などでお留守の人もいますが、それぞれの夏を楽しんでいるようですね。
お休みした週の課題は書けなくてかまいませんから、毎日の音読や暗唱を頑張ってくださいね。

8月2週は、お休み宿題です。3年生以上は課題が決まっていますが、夏休み中の出来事を書きたい人は自由な題名で書いてよいです。作文が届くのを楽しみにしていますね。

さてさて、8月8日(日)~8月15日(日)まで、私も夏休みです。事務局もお休みで、この期間は振替が受けられません。

この期間に届いた作文は、8月16日(月)~ 順番に返却します。どうぞ、よろしくお願い致します。
[PR]

# by kiriko-no-mori | 2010-08-06 17:27 | 言葉の森 | Comments(0)

告白

告白

湊 かなえ / 双葉社



 最近、中学生・高校生の生徒さんでこの本を読んだ本を書く欄に書いてくれる人が何人かいます。
今、映画が放映されていて、話題になっているんですね。
15歳以上の人しか見られないので、本を読んでいるとコメントしれくれた人もいます。

 私はこの本を1年位前に読んだのですが、感動というよりはちょっと怖い感じがしました。冷静というよりは冷たい感じがしたんですね。

 映像化ではどのように表現されているのかわからないので、15歳以上しか見られないという点はコメントできませんが、本に興味を持って読んで考えさせられたという経験は大事にしたいですね。


それからこの本。この夏にドラマ化されます。
私の大好きな福山さんがこの本を読んで歌をかいたというので、早速私も読みました。

美丘

石田 衣良 / 角川書店


 
まあ、私には許せれる部分と許せれない部分があるのですが(笑)、
作者の石田さんは、もっと深い恋愛をして苦しい恋も楽しもうというメッセージが込められているとインタビューに答えていました。
傷つきたくないから真正面から向き合わない、真剣にならないという人が増えているんだそうです。私の周りは熱血人が多く、皆さんも心に熱いものを持った人ばかりなので、そういう感覚はなかったのですが、世の中の流れはそうなのかもしれませんね。

福山さんがどんな歌詞をかいたのかまだわからないので、その点で私はドラマの初回楽しみにしています。
[PR]

# by kiriko-no-mori | 2010-07-08 18:40 | つぶやき | Comments(0)

ビーバー族のしるし

ビーバー族のしるし

エリザベス・ジョージ スピア / あすなろ書房



 中学生の夏休み読書感想文課題図書です。

 文化の違い、価値観の違いに戸惑いながらも、その違いを理解し友情を育む話が中心ですが、自立することの難しさや家族の大切さなども時折読み取れる場面があります。

 今年初めて海外研修へ行った人、中学へ入学し色々な人と出会い友達を作ったという人には書きやすい本です。

 言葉の森でも文化の違いをテーマに作文を書くことがよくあります。今、社会的な問題になっている捕鯨問題を社会実例として入れることに挑戦してくれる人が多いです。映画「ザ・コーヴ」についても様々な意見がでています。ちょっと危険な感じなので中学生が見に行くのは難しいので残念なのですが、文化の違いを理解するということは想像以上に大変なことなんだろうなと感じますね。
この本の感想文の中に捕鯨問題と社会実例として入れて、自分なりの意見を書いてみるのもおもしろいですよ。(1つ注意。捕鯨に賛成とか反対とかいう意見を書くのではなく、文化の違いを理解することは難しいけど必要なことという書き方をしてね。)
[PR]

# by kiriko-no-mori | 2010-07-08 17:13 | | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30