パパママ川柳

4月19日(木)

今年のパパママ川柳の受賞作品を見ました。

子どもが成人し、子育てに費やす時間が全くなくなった私は、パパママ川柳を読みながら、なつかしい気持ちでいっぱいになりました。

どの川柳も「あるある」ばかり。
今は笑って話せる思い出話になってはいますが、当時はいつも大変でした。


朝ごはんはいつもお弁当を作りながら立って食べていたし、
本を読む時間があれば寝たいと本気で思っていたし、
どうやったらこの子を自立させられるのかといつも悩み考え続けていました。
当時のことを思い出すと、
孤軍奮闘
試行錯誤
四苦八苦
粉骨砕身
……
こんな言葉ばかりが浮かんできます(笑)
なのに、とても懐かしくて、その時間が愛おしいんですね。今は!


もっと子育てをしやすい社会にしなければならないと思います。
身近なところに、ちょっとしたことで改善できることがたくさんありますからね。

でも毎日、子どもの一番近くで奮闘するのはやっぱりお母さんお父さんです。

子育ては本当に大変だと思います。
新学期になって、なかなか居場所を見つけられないお子さんもいらっしゃると思います。
子どもの将来のことで悩んでいる方や、反抗期で全く親の言うことを聞かなくて困り果てているという方もいらっしゃるでしょう。
頑張っているのは私だけ。。。と思う日もあるでしょう。


パパママ川柳で笑って、少しの癒しになればいいなと思います。


--------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
4月の作文教室は、4月11日(水)と4月25日(水)です。
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------


[PR]

# by kiriko-no-mori | 2018-04-19 17:44 | つぶやき | Comments(0)

本「聖の青春」

4月18日(水)

やっと、中学生のみなさんにおすすめできる本に出会いました。

「聖の青春」

29歳で他界した天才棋士村山聖の物語です。

幼い頃、難病を患い、病と闘いながら名人になることを夢見て闘い抜いた村山君のすさまじい精神力に圧倒され、「命がけ」という言葉の重みを感じながら読みました。

村山君の立場と、両親の立場と、師匠の立場を想像しながら読んだので、少し時間がかかりました。
親の立場で読むのが一番辛かったですね。
この子の後ろにこの親あり、でした。


本の世界で死に直面すると自然と涙が浮かんでくることが多いですが、今回はあまりにも凄まじくて涙を出すことさえできませんでした。
無念だったと思います。もっと生きたかったと思います。
思うように動かぬ体で、自分自身と闘いながら、勝負師として生き切った彼の人生から学ぶことは多いと思います。


将棋好きの人も将棋を全く知らない人も読むことができます。
中学生くらいから読めると思います。
読書感想文も書きやすいと思いますよ。

-------------------------------------------------------------------------

【連絡】

【稲荷塾】
4月の作文教室は、4月11日(水)と4月25日(水)です。
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

# by kiriko-no-mori | 2018-04-18 09:15 | | Comments(0)

中学生の自由作文

4月17日(火)

中学生のみなさんから、自由作文の課題のときは何を書いたら良いのかという質問がよくあります。

基本的には何を書いてもよいのですが、中学生ですからできるだけ意見文を書いてほしいですね。

例えば、「遠足に行ったこと」を書くとしましょう。

小学校低学年のみんなは、
会話文を入れたり、
自分がしたことを書いたり……ですよね。


小学校中学年から高学年のみんなは、
聞いた話や前の話も書きますよね。
結論も大事ですよね。


中学生になったら、「遠足は必要か」「遠足を通してどんなことを学びたいのか」ということを考えて書きます。



今だとこういうテーマが書けそうですね。

○クラス替えは必要か
○部活動の週休二日制度に賛成か反対か
○シリアへのアメリカの攻撃について
○大谷選手の二刀流について
○ハリルホジッチ監督解任について
○阪神タイガースが優勝するために必要なこと
○ガンバ大阪の不振の原因について

参考にしてください。


--------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
4月の作文教室は、4月11日(水)と4月25日(水)です。
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------


[PR]

# by kiriko-no-mori | 2018-04-17 11:06 | 質問から | Comments(0)

光る表現

4月16日(月)

最近、「読みかけの本」のらんへの記入率が増えました。
うれしいですね。

私が読んだことがある本を書いている人を見つけるとうれしい。
このブログで紹介した本を読んでくれている人を見つけたときもうれしい。
私が読んだことがない本を書いていると、私も読んでみようと「読みたいリスト」」にする登録します。それもうれいし。


ちなみに、私が今読んでいる本はこれ
「謎の独立国家ソマリランド」

謎の独立国家ソマリランド

高野秀行/本の雑誌社

undefined

分厚い本で、頑張って読んでいるという感じですが、
少しずつソマリランドのことが分かってきました。

このブログで、「土漠の花」を読んで、ソマリアのことをもっと知りたくなったと書きましたね。
それで、この本にたどりついたわけです。

これからも、毎日本を読んで、読み終わった本や読みかけの本を書いて教えてくださいね。



それでは、月曜日恒例のたとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しますね。

「~すごいいきおいで兄が来て、わたしの横でぴょんとはねました。まるでうさぎのようでした。」

「その味は、天にものぼるほどのおいしさでした。」

「桜はまるで春のよろこびを私たちに教えてくれたようでした。」

「タオルの表はまるでわたあめのようにふわふわしていて、うら面は、とてもさわり心地がよいのだ。」

「私とお母さんはそれを聞いたとたん、お笑いの博多華丸のように目をみひらいてしまった。」

「さらに進んだところにも、まるで森には看板しかないぐらい同じ看板があった。」


すてきな表現がたくさん集まりました。
どんどんまねをして使ってね。


音読も頑張ってね!

-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
4月の作文教室は、4月11日(水)と4月25日(水)です。
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------


[PR]

# by kiriko-no-mori | 2018-04-16 11:11 | 光る表現 | Comments(0)

本「去年の冬、君と別れ」

4月14日(土)

今年の本屋大賞が発表されましたね。

この本は2014年の本屋大賞の10位になった作品です。

「去年の冬、きみと別れ」


これを恋愛小説という人が多いそうですが、私はミステリー小説の部類に入れたいですね。

とても複雑で、1回読んだだけではなかなか理解できない部分があると思います。
だいたいのことがわかったけれど、何か大事なものをまだ読み取れていないような気がすると思いました。
でも、2回目を読む気にはなりませんでした。
狂っていて、悲しくて、気持ち悪くて、これ以上この世界に深入りしたくないと思ったのです。
娘が先に読んでいて、感想を言い合ってそれで十分、ごちそうさまでした。


もっとページ数を増やして、登場人物の人となりを表現すれば大作になると思いますが、あえて短くしたのでしょう。読み手に想像の幅をたくさん残しているという点でも成熟した大人向けの本のような気がしました。


今、映画が公開されているようですね。
主演が岩田剛典君なら、中高生の多くが見に行くことでしょう。
大丈夫なんかな? とおばちゃんは心配してしまいますが、予告編を見たら、映画の方が楽しめそうな気がしました。初デートで映画に行く人は、違う映画にした方がいいんじゃないかな(笑)


--------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
4月の作文教室は、4月11日(水)と4月25日(水)です。
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------


[PR]

# by kiriko-no-mori | 2018-04-14 10:14 | | Comments(0)

作文教室への送迎について

4月13日(金)

塾や習い事、学校への送迎をしているみなさん、おつかれさまです。


作文教室では、お迎えがある人は、たとえ早く書き終わっても、お迎えの時間まで教室にいて本を読んで待っているように言っています。少しくらい遅れても、あせらず、安全第一でお迎えに来てください。
もし、早めに塾についたら、3階に上がってきて見学をしてもらってもかまいません。


私も、子どもが小さいころは、習い事の送迎で色々な経験をしました。
どこで時間を潰そうかと思案したこともありますし、渋滞で焦ったこともあります。
子どもがなかなか出て来なくて、先に家に帰ったのかと不安になりながら待ち続けたこともあります。
稲荷塾の迎えは、お父さんが担当してくれましたが、稲荷塾の前で待っていると蚊にたくさんかまれて大変な時期があったようです。
どれも今ではよい思い出ですが、当時はそれなりの負担がありました。


作文教室の送迎は、できるだけやりやすい形を模索していってくださいね。
時間変更や、10分遅れの10分延長、なども受け付けます。
希望がありましたらメールをください。


自力で帰る人は、作文を書き終わったら帰ってよいことにしています。
宿題の提出が滞りがちな人は、その日の課題が終わった後、宿題の構成用紙を書くようにしています。
しかし、19時00分以降も居残りをするということはありません。


水曜日に作文教室から帰って少しして、隣県で「拳銃を持った犯人が逃走中」という速報ニュースを知って、みんなのことを心配しました。

送迎をするにしても、自力で通塾するにしても、教室のようすを知ったり、私とコミュニケーションを取ったりするとおうちの人も少しは安心できると思い、この記事を書きました。

不明なことがありましたら、いつでもメールをくださいね。


--------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
4月の作文教室は、4月11日(水)と4月25日(水)です。
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------


[PR]

# by kiriko-no-mori | 2018-04-13 09:32 | 稲荷塾 | Comments(0)

4月11日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす


4/11(水)の稲荷塾の作文小論文教室は、よい雰囲気の中で行うことができました。
学習態度がとてもよく、作文を書くぞ! と思って来ている子ばかりでした。


3年生になったばかりの子たちが、60分弱しっかり集中していたというのには驚きました。
きっと疲れ果てて家に帰ったことでしょう。
「よく頑張って書いたんだね。」とおうちでたくさんほめてあげてください。


60分で作文用紙の最後まで書けた子もいましたし、作文用紙の途中で終わった子もいましたが、それでよいです。
家で続きを書かす必要はありません。
だんだん時間内に書けるようになりますからね。
宿題も、時間を計って、時間内でできたところまでで送ってきてください。


継続組のみなさんも、難しい課題によく頑張って取り組んでいました。
今回の宿題で、難しい感想文には、例を書いた紙を入れてみました。参考にしてください。
これで、少しでも書きやすくなるといいなと思います。


読みかけの本を持ってきて見せてくれた子も多かったです。
持ってくるのを忘れた人は、次回は持ってきてくださいね。

音読もこの調子で続けてください。


どの子も新学期のよいスタートがきれています。
3月に教室で会って2週間で、少し成長したみなさんに出会うことができました。


そうそう、一番年上の中3の子は、出会ったときには私よりも背が低くて可愛らしい少年だったのに、今では、うんと背が高くなって、声も低くなって、教室での立派なお兄さんになりました。
基本的な構成から少しずつアレンジして書く段階にきています。よいお手本です。


教室には、小3~中3まで様々な学年の、様々な学校の、様々な個性のある子ども達が集まって、作文を書いています。教室のようすを子ども達からもたくさん聞いてくださいね。


次回は、5月9日(水)です。
ゴールデンウィークが終わって、暑くなり始めるときですね。
水分補給のために飲み物を持ってきたらよいですよ。私も授業中に飲みますから。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。


--------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
4月の作文教室は、4月11日(水)と4月25日(水)です。
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------


[PR]

# by kiriko-no-mori | 2018-04-12 11:16 | 稲荷塾 | Comments(0)

好きな季節

4月11日(水)

小学校中学年の先週の課題は、「春」の題材が多かったですね。
桜の木の下でお父さんと遊んだこと
入学式のこと
つくしをとって、おばあちゃんとおひたしを作ったこと
などなど、
自分がしたことや思ったことがたくさん書けた作文が届きました。


小学校高学年になってくると、もう少しレベルがあがって、このような作文を書くようになります。

a0132715_10091718.jpg
あなたの好きな季節はいつですか。その理由をふくめ、体験談を交えて述べなさい。

春が好きという人、
春から夏になる変わり目が好きだという人、
秋が好きだという人、
にきちんと分かれていましたが、夏が好き、冬が好き、という人はなかなかいません。
長い夏休みやイベントがいっぱいの冬休みがあるのに、と少し不思議な感じもしますが、暑すぎたり寒すぎたりと不快なイメージが強いのかもしれませんね。


今は、多くのみなさんが大好きな春本番!!
私の花粉症もかなり症状が軽くなりました。もう大丈夫!
どこにでも飛んで行けそうなくらい体が軽くなりました。

これから花粉症の症状がきつくなる人もいるでしょう。
同情します。じっとその時期が終わるのを耐えるしかないですものね。
好きな物を食べて、インドア生活を楽しんでください!!


「春」
「春を見つけたこと」
「好きな季節……」
の課題をこれから書く人もいますね。
どんな話が入るのか、楽しみにしていますね♡


--------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
4月の作文教室は、4月11日(水)と4月25日(水)です。
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------


[PR]

# by kiriko-no-mori | 2018-04-11 10:09 | 作文の題材 | Comments(0)

本「土漠の土」

4月10日(火)

今日は私が読んだ本の話

「土漠の花」

土漠の花 (幻冬舎文庫)

月村 了衛/幻冬舎

undefined


裏表紙にあった、作品紹介

a0132715_14275955.jpg

ソマリアの国境付近で、墜落ヘリの捜索救助にあたっていた陸上自衛隊第一空挺団の精鋭たち。その野営地に、氏族間抗争で命を狙われている女性が駆け込んだとき、壮絶な撤退戦の幕があがった~


とても激しく読むのに疲れましたが、最後まで読んでよかったと思えました。
「手に汗握る」という表現がぴったりで、戦闘シーンでは「死なないで!」「どうにか逃げて!」と心で叫びながら読み進めました。


敵を殺した場面でも「よかった。こっちが殺されないでよかった。」と思ってしまうくらい冷静ではいられませんでした。これを映画で見たら、たぶん途中でやめていたと思います。私は戦闘ものは苦手なのでね。


この話は、本当に起こったこと? これからこういうことが起こる可能性が高いということ?

ソマリア沖に、2009年から現在まで、日本は自衛隊を海賊対策のために派遣しています。
出てこない情報。
上書きされる事実。
隠される日報。。。

小説・作り話とは思えませんでした。
結末もホント日本的(笑)
でも、この結末が読者に危機感を与えるので、結論として正解!というところでしょう。


私の中で、ソマリアのことを、自衛隊の海外派遣のことを、もっと知らなければならないという気持ちが湧いてきた1冊になりました。

戦闘シーンがたくさんでてきて残酷ですので、大学生くらいから読めると思います。

--------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
4月の作文教室は、4月11日(水)と4月25日(水)です。
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

# by kiriko-no-mori | 2018-04-10 08:30 | | Comments(0)

光る表現

4月9日(月)

学校が始り、新年度がスタートしましたね。

進学したみなさん、進学おめでとうございます!!
新しい学校の雰囲気はどうですか。

進級したみなさん、進級おめでとうございます!!
クラス替えはどうでしたか。
希望通りになったかな。

この時期は、自分の居場所を見つけることで疲れるでしょうから、できるだけ睡眠を長くとるようにね。新しいことばかりですから、少しずつ少しずつですよ。


それでは、月曜日恒例のたとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しますね。

「まっくらの中にキラキラした星みたいなものがうかんでいて、ジェットコースターでくねくねまがるアトラクションでした。」

「その石は、まるで卵みたいに丸かったです。」

「その時は、なぜ私だけ当たっていないのかと私自身夢ではないかと目をこすってしまうほどだったし~」

「お父さんはクラスの人気者でリーダーのようなそんざいだったから先生からも『○○君がいなかったらクラスがどうなるか不安だよー。』と言われた。」

「私はそのときに、頭の中がぼーとすっからかんになったようだったのだ。」

「私たちは、周りからもうらやましがられるほど仲がよく、まるで同級生のようだ。」

「まるでほっぺたがおちるような味でした。」

「また、ごはんと卵をいっしょに食べると、ほっぺたが落ちるほどおいしいです。」



すてきな表現がたくさん集まりました。
どんどんまねをして使ってね。


今日も音読を頑張ってね!


--------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
4月の作文教室は、4月11日(水)と4月25日(水)です。
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

# by kiriko-no-mori | 2018-04-09 10:19 | 光る表現 | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー