人気ブログランキング |

光る表現

9月17日(火)

夏休みが終わって、久々の三連休という感じがしましたね。
みなさん、三連休を楽しめましたか?

私は、本当は家でのんびりとしたかったのですが、なかなかそうはいかずの三連休でした。
その話はまた今度。

今週は、ラグビーのワールドカップも始まりますし、週末はまたまた三連休ですし、楽しみな週ですね!


それでは、月曜日恒例の「たとえ(まるで~のよう)」の表現を紹介します。

「まるで超能力者のようになんでもお見通しのようだった。」

「そのすがたは、まるで新しい発明をしているようなすがたに見えただろう。」

「まるで仲間のようなので、おどろきました。」

「まるで天国でくらしているくらいうれしかったです。」

「まるで風車が回っているかのように回しているので、私も上手に回せるように努力していきたいです。」

「手遊びの時間などは、手を鏡のようにして、子どもたちがわかりやすくすると言っていました。」

「じゅぎょう中にふざけると、『ろうかにだしますよ。』とまるでおにのようにこわいかおでいいます。」

「いとこのお父さんをまるでイギリス人だと思っているようだ。」


すてきな表現が集まりました。
どんどんまねをして使ってね。

今週も音読をがんばってね!


------------------------------------------------------
【連絡】

【言葉の森】
受験勉強対策のZoom講演会「小6生向けの受験勉強対策講演会」があります。
講師は中根先生で、9月17日(火)20:15~です。
講演会では、主に今後受験作文コースに取り組む人向けの話になるそうです。
受験勉強一般についての話もあるので、作文試験のない受験生も、まだ受験期ではない小5生保護者も聞かれるとよいと思います。
詳細をぜひホームページでごらんください。


【稲荷塾】
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。
11月の作文教室は 11月13日(水)と11月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------


# by kiriko-no-mori | 2019-09-17 12:29 | 光る表現 | Comments(0)

9月11日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす


昨日は、教室に着くのがかなり遅れてしまってごめんなさい。
いつもよりかなり早めに家を出たのですが、家の最寄駅に着く前に激しい豪雨に会い、そこから色々と躓いてしまいました。あと少しで塾の最寄駅というところで、無念の電車停止。。。

いつか役に立つだろうと思って入れておいたタクシー配車アプリを初めて試してもみましたが、全く近辺にタクシーおらず。。。で、みなさんにご迷惑をおかけしました。


どうにか塾に辿り着いて、18時~のクラスは無事授業をすることができました。
どの子もよい態度で集中して課題に取り組めていました。

18時~のクラスは、初めて入試問題に挑戦した人がいましたね。
条件をよく読んで、字数を意識して書く勉強が始まりました。
今までは、「○○字以上」という設定だけだったのが、「○○字以内」という設定も入るようになりました。
長く書けばよいだけではなく簡潔に書くという段階に入りました。
入試問題は慣れるまでは大変ですが、力がつきますから、頑張って取り組んでいきましょうね。


感想文を書いた人、課題作文を書いた人も、よく書けていました。
さらにすてきな表現、豊かな表現が入るよう、少しずつレベルをあげていきましょうね。
気をつけることは個々に伝えています。
できるようになるまで、何回でも添削のときに書きますからね。



私と同じように塾に来られなかった人たちからの欠席連絡、ありがとうございました。
右往左往しながらの返信だったので、乱文でごめんなさい。
渡す予定の課題は、郵送しました。

また、温かいメッセージをたくさんありがとうございました。
苦言を呈されても仕方ない状況なのに、逆に励ましていただき、とても救われました。
帰りの電車の中でメールを打ちながら、涙がでそうになりました。
本当にありがとうございました。

17時~教室に来てくれた人、欠席した人、振替を受けてくださいね。


10月2週目の作文小論文教室は、10月9日(水)です。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。

------------------------------------------------------
【連絡】

【言葉の森】
受験勉強対策のZoom講演会「小6生向けの受験勉強対策講演会」があります。
講師は中根先生で、9月17日(火)20:15~です。
講演会では、主に今後受験作文コースに取り組む人向けの話になるそうです。
受験勉強一般についての話もあるので、作文試験のない受験生も、まだ受験期ではない小5生保護者も聞かれるとよいと思います。
詳細をぜひホームページでごらんください。


【稲荷塾】
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。
11月の作文教室は 11月13日(水)と11月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------


# by kiriko-no-mori | 2019-09-12 12:28 | 稲荷塾 | Comments(0)

本「神の手」

9月11日(水)

昨日の本の話の続き。

昨日は、怖いと評判のミステリー小説で、寝る前には絶対に読んではいけない!と警告されていた本の話を書きましたが、その本を読む前に読んだ本は、寝る前に読むと腹が立って、なかなか寝付けない本した。

その本はこれ。「神の手」
小説としては、とても奥深く、安楽死についてはもちろん、死生観や仕事観、人生観、また日本の医療問題につていも考えさせられ、とてもよい本だったと思います。

ただ、人がたくさん死に過ぎるし、闇の雰囲気があふれているし、腹立たしいことばかり起こるし、令和版「白い巨塔」のようだけれど里見先生は登場せず、里見先生に癒されたいと思いながら、最後まで、眉間にしわを寄せて読みました(笑)
こんな世界に生きることを想像すると辛い。。。

最後の「センセイ」の話にも、モノ申したい気持ちがあるのですが、そこはネタバレになるので書きません。

でも、私が辛口評論をするくらいですから、それだけ人の気持ちをゆさぶる名作であることは間違いありません。

興味のある方はぜひ読んでみてください。
高校生くらいから読めると思います。


------------------------------------------------------
【連絡】

【言葉の森】
受験勉強対策のZoom講演会「小6生向けの受験勉強対策講演会」があります。
講師は中根先生で、9月17日(火)20:15~です。
講演会では、主に今後受験作文コースに取り組む人向けの話になるそうです。
受験勉強一般についての話もあるので、作文試験のない受験生も、まだ受験期ではない小5生保護者も聞かれるとよいと思います。
詳細をぜひホームページでごらんください。


【稲荷塾】
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。
11月の作文教室は 11月13日(水)と11月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------



# by kiriko-no-mori | 2019-09-11 09:45 | | Comments(0)

本「火のないところに煙は」

9月10日(火)

今日は本の話。

今日の本はこれ「火のないところに煙は」


かなり怖いミステリー小説だという情報を得ていたので、少し心配しながら読み始めましたが、私は平気でした。
私は、音とか視覚系の怖さには弱いのですが、活字情報の怖さは意外といける方なので、寝る前に読んでも大丈夫でした。

怖い部分もたくさんあるし、実際に私の身近で同じ現象が起きたとしたら、それはそれは堪えがたい苦しみを味わうだろうと思いながらも、こういう話は実際に起こることもあるのではないかなという気持ちにもなりました。

もし何か霊感のようなものを感じても縁を持ってはいけないということをこの本で知って、少し驚きました。
私は、当たり前のように、何事もなかったかのように、普通に接することがよいと思っていたので。話しかけたりしてはいけないのですね!

もっと若い感性の、箸が転んでもおかしい年頃のみなさんだと、もっと怖い思いをして、この物語を楽しめると思いました。

私と同世代の皆さんも、若い感性の方がたくさんいらっしゃるので、念のため、旅に持って行く本には入れない方がよいと思います。
ひねりもなく、たんたんと話が進んでいくので、読みやすい本だと思います。

------------------------------------------------------
【連絡】

【言葉の森】
受験勉強対策のZoom講演会「小6生向けの受験勉強対策講演会」があります。
講師は中根先生で、9月17日(火)20:15~です。
講演会では、主に今後受験作文コースに取り組む人向けの話になるそうです。
受験勉強一般についての話もあるので、作文試験のない受験生も、まだ受験期ではない小5生保護者も聞かれるとよいと思います。
詳細をぜひホームページでごらんください。


【稲荷塾】
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。
11月の作文教室は 11月13日(水)と11月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------



# by kiriko-no-mori | 2019-09-10 15:35 | | Comments(0)

光る表現

9月9日(月)

最近、月曜日の朝、スペインのニュースを見るのがとても楽しみです。
なぜなら、香川選手の活躍が伝えられることが多いから!
今朝も、目覚ましのアラームを消しながら、すぐにチェックしました。

それと同時に、台風情報も確認しました。
心細い夜を過ごされた方も多いと思いますし、今日は学校が休校になった人もたくさんいるでしょう。
被害に遭われた方々が早く日常に戻れますように。



それでは、月曜日恒例の「たとえ(まるで~のよう)」の表現を紹介します。

「まるで毛がはんしゃばんのようにひかっていました。」

「もしもシカが人のようにあたまがよかったら、わんこそば早食いきょうそうのように、エサ早食いきょうそうをしていたかもしれません。」

「1時間ほどたったので少し休むと、手足がまるでおばあさんのようになっていました。」

「神社の周りには鹿がたくさんいて、まるで奈良の東大寺のようだと思いました。」

「まるで本当の鈴を鳴らしているかのような声だった。その鳴き声が耳の中をコロコロ転がって、良い気分になった。」

「こんこんと木と木がぶつかるような音がした。」

「まるで手がしんかんせんのようにはやくなってしまいます。」



すてきな表現が集まりました。
どんどんまねをして使ってね。

今週も音読を頑張ってね!!


------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。
11月の作文教室は 11月13日(水)と11月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------



# by kiriko-no-mori | 2019-09-09 10:13 | 光る表現 | Comments(0)

本「新聞記者」と「雪と珊瑚と」

9月3日(火)

今日は本の話。

最近読んだ本の中から、今日はこの2冊を紹介します。

まずはこれ。
「新聞記者」
映画を見たのがきっかけで読みました。
映画を先に見たので感じたことかもしれませんが、映画とこの本は全く違うもののような感じを受けました。
望月さんの仕事への情熱や使命感がよく伝わってきました。
自分の仕事観を再考することができました。


2冊目はこれ。
「雪と珊瑚と」

あらすじをのせておきます。

珊瑚21歳、シングルマザー。追い詰められた状況で一人の女性と出逢い、滋味ある言葉、温かいスープに生きる力が息を吹きかえしてゆき、心にも体にもやさしい、惣菜カフェをオープンさせることになるが…。

すてきな物語で、一生懸命生きようとする主人公の珊瑚を応援したくなる本でした。

一人で生きていくことを決意しながらも、人に助けられながら、いつか自分も人の役に立つ生き方をしたいと頑張る健気さに心打たれると共に、少しキレイすぎるような気もしつつ……そこは、私が歳を取り過ぎているからだと思います。もっと若くて、自分の人生をエネルギッシュに生きようとし始めている人たちへのメッセージがこの本にあると思いました。

この本からも、仕事とは何か、お金を得ることだけではないそれ以外の大切なことを考えさせられました。


この2冊は、これから社会に出て働こうとしている人たちへのメッセージがたくさん詰まっていると思いました。


------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。
11月の作文教室は 11月13日(水)と11月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。
★9月11日(水)・9月25日(水)とも、18時~は満員のため、振替ができません。
--------------------------------------------------------



# by kiriko-no-mori | 2019-09-03 09:27 | | Comments(0)

光る表現

9月2日(月)

9月になりました。
少し暑さが和らいできましたね。

最近は、9月から新学期が始まる学校の方が少ないようで、8月の最終週から学校が始まっている人が多いようですね。
娘は今日から学校が始まって、また慌ただしい朝が戻ってきました。
今朝、一仕事終えたとき、あと数年の娘との生活をもっと楽しみたいなぁと思いました。

娘が小さい頃は、ただただ忙しいだけの毎日でしたが、終わりが見えてきた今は、その時間がとても貴重なものに思えます。丁寧に時間を重ねていきたいと思いました。


それでは、月曜日恒例の「たとえ(まるで~のよう)」の表現を紹介します。

「まるでウソを知らない人みたいで正直だ。」

「まるでほうせきみたいにきらきらしていました。」

「らくだはひとこぶらくだで、こぶはまるで大きなおだんごみたいでした。」

「一枚目の絵はとてもきれいで、大満足のコンテストに選出されそうな絵になりました。」


すてきな表現が集まりました。
どんどんまねをして使ってね。

今週も音読を頑張ってね!

------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。
11月の作文教室は 11月13日(水)と11月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。
★9月11日(水)・9月25日(水)とも、18時~は満員のため、振替ができません。
--------------------------------------------------------



# by kiriko-no-mori | 2019-09-02 09:25 | 光る表現 | Comments(0)

8月28日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす


昨日は、夕方、大雨が降る時間帯があって、その時間帯に教室に来た人たちは、大変でしたね。
また、帰りの時間帯も雨が強かったので、大変だったことでしょう。


17時~のクラスは、振替の人が多くて、いつもよりにぎやかでしたね。
感想文課題を書く人が多かったですが、音読ができていなかった人は別の課題に変えました。今日からまた再スタートだと思って、音読をしてください。

17時~のクラスも、18時~のクラスも共通していることですが、あっという間に書き上げた人と、60分で最後まで書けなかった人がいます。最後まで書けなかった人は、続きを家で書く必要はありません。次の課題に進んでくださいね。

全体的に、よく書けるようになってきたことを感じています。
さらにレベルアップできるよう、今までよりも高度な要求をすることが増えました。
全く書けなかったところから、とりあえずは書けるようになり、今度はよく考えて言葉を選んで書く、という段階に入ってきている人が増えました。
今年度後期も、色々な文章を読んで、書き続けていきましょうね。

作文の宿題は、60分で書けたところまででやめること。
60分以上、時間をかけないでください。
たとえ、構成用紙の半分しか書けなくても、それで送ってきてください。

宿題の課題ができていない人は、古い課題はする必要はありません。最新の課題から取り組んでください。


9月の作文小論文教室は、9月25日(水)です。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。

------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。
11月の作文教室は 11月13日(水)と11月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。
★9月11日(水)・9月25日(水)とも、18時~は満員のため、振替ができません。
--------------------------------------------------------



# by kiriko-no-mori | 2019-08-29 10:36 | 稲荷塾 | Comments(0)

光る表現

8月26日(月)

今週から学校が始まる人がたくさんいるようですね。
夏休みの思い出を書いた作文が少しずつ届くようになりました。

夏休み中、忙しくて、なかなか音読ができなかったという人は、今日からまた再スタートしてくださいね!!


それでは、月曜日恒例の「たとえ(まるで~のよう)」の表現を紹介します。

「まるで初耳学に認定されたようだった。」

「しっぽがふさふさしていて、耳がピンとたっていて、まるでぬいぐるみみたいでした。」

「おにぎりの味は、まるで高級店で売っているおにぎりと比べてもわからないくらいおいしい味でした。」

「みんな、もてなくなるくらいたくさんの花をくれました。」

「では、なぜそういう名前になったのかは、きけんがせまったときに、『バァン、バァン』と犬のような声で仲間に知らせるからです。」

「前に、家のリビングのドアを閉め忘れたとき、お母さんかお父さんに、目で『閉めろ』というように視線を動かして訴えられたので、自分は、『はいはい、分かりました。』と言うような感じでドアを閉めたことがある。」


すてきな表現が集まりました。
どんどんまねをして使ってね。

------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
8月の作文教室は 8月7日(水)と8月28日(水)です。
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

★8月28日(水)17時~は満員のため、振替はできません。
★9月11日(水)・9月25日(水)とも、18時~は満員のため、振替ができません。
--------------------------------------------------------


# by kiriko-no-mori | 2019-08-26 11:46 | 光る表現 | Comments(0)

本「スタンフォード式最高の睡眠」

8月22日(木)

今日は本の話

「スタンフォード式最高の睡眠」

あらすじをのせておきます。

レムとノンレムは、「90分周期」じゃなかった!?最新の睡眠データ満載!科学的エビデンスに基づいた、睡眠本の超決定版!「世界最高」の呼び声高いスタンフォードの睡眠研究。そのトップを務める世界的権威が明かす、「究極の疲労回復」と「最強の覚醒」をもたらす超一流の眠り方。


題名や表紙を見たら、難しい本のような印象を受けるかもしれませんが、読みやすく、短時間で読むことができると思います。

質の高い睡眠を目指すために必要なことは、そんなに多くありません。
費用もほとんどいりませんし、少し意識するだけで心も体もかなり楽になります。
私も良質な睡眠を意識するようになって、疲れを翌日に残すことが少なくなりました。

また、時差対策やすっきり覚醒する方法についても書いてありました。

「睡眠」はとても大事です。
高校生のみなさんは、受験勉強で睡眠不足になる前に、一読しておくことをおすすめします。

------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
8月の作文教室は 8月7日(水)と8月28日(水)です。
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

★8月28日(水)17時~は満員のため、振替はできません。
★9月11日(水)・9月25日(水)とも、18時~は満員のため、振替ができません。
--------------------------------------------------------



# by kiriko-no-mori | 2019-08-22 09:45 | | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line