雨だれ石を穿つ

昨日は、頑張っている子を二人紹介しましたが、他にも頑張っている人はたくさんいます。特に中学生で、毎日音読をして、毎週作文を書いている子は、ハグしてほめてあげたいと思いますよ。思うだけでハグはしませんけどね。

幼稚園生や小1の子たちもよく頑張っているし、小2、小3の子たちもよく頑張っている子が多い。

コツコツ・コツコツ・一歩ずつ進んでいくんやで!


さあ、今日は、自由作文課題でことわざ作文を書いていた小4の男の子の作文を紹介します。

題名は、ずばり「雨だれ石を穿つ」

一輪車に乗れるようになった話と作文を頑張って書いている話の二つの話で構成を組み立てていました。

第三段落の作文を頑張っている話のところ
a0132715_10494396.jpg
 もう一つにた話がある。一年前から続けている作文だ。作文はいろんなときにかいた。やりたくないとき、くるしいとき、にげだしたいときもあった。でも、一年間つづけて、ぼくはこれからもつづけようと思う。


 ほんまやなぁ。と思いながら読みましたよ。
「やりたくないとき」うんうん。そうやろな。見たいテレビもあるだろうし、友だちと遊んだり、ゲームをしたりもしたいだろうしね。
「くるしいとき」そうやな。毎日音読をしても、何を言いたいのかチンプンカンプンという課題もあるよね。全く興味のない分野の文章のときもあるしね。
「にげだしたいとき」1回くらい書かんでも先生は怒られんで。という気持ち、あるよね。

こういう気持ちに勝って、毎回提出してきた君はえらい!

 最近、「努力したこと」や「頑張ったこと」といった題材に、音読や作文の話題を挙げる子が増えてきました。おうちでも、「よう頑張っているなぁ。」と声掛けをしてくださっているので、子ども達も自覚してきたんだろうなと感じています。

 引き続き、毎日の音読の声かけと、作文を読んでのべた褒めをどうぞよろしくお願い致します。

-------------------------------------------------------------------
【お知らせ】
この時期は、他の習い事や塾の関係で、曜日や時間変更の希望が多くなります。
現在、空きが少ない状況ですので、希望がある人は早めに相談してください。
(言葉の森・月曜日17時40分と18時30分 火曜日18時30分と19時10分のみ移動可)
(稲荷塾・3月からのクラスは、全て満員になりました。)

【言葉の森】
★2月29日(月)は、5週目のため、お電話お休みです。宿題もありません。

【稲荷塾】
★2月の作文教室は、2月10日(水)と2月24日(水)です。
★3月の作文教室は、3月16日(水)と3月23日(水)です。
都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。
--------------------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-02-05 11:25 | 稲荷塾 | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31