書き出しの工夫

学校の宿題の作文や感想文を読んで、もう一工夫! と思ったところは、どれもだいたい同じところにあります。

まず、書き出しね。それから、まとめ。

この2点を少し工夫するだけで、読み手をひきつけ自分の意見をしっかり主張する文章になります。特に小学生は、自分で工夫するのには限界があるから、少しおうちの人に助けてもらうとよいですよ。


今日は、参考になる書き出しの工夫を紹介しますね。

小4の課題作文「いちばんすきな遊び」から書き出しと途中の説明を紹介。音と会話文からの書き出しがよくできていました。

a0132715_10524917.jpg
 リン、リン、リン、リン。
「やった! 八メートルも歩けた。」
わたしは、さい近、竹うまにはまっています。7才のたん生日に、お父さんとお母さんからもらいました。もらったときは、竹うまはどんなに楽しい物なのかを知らなかったので、全く練習していませんでした。でも、今年になり、やってみようと思い、七月の二日に、お父さんに手伝ってもらいながらやってみたら、乗れるようになりました。
(中略)

初めて乗るときに、一番むずかしかったところは、力を入れて、ぼうをもたないと、ぼうがくるくる回ってしまい、まっすぐ歩けなかったり、バランスをくずしてしまったりすることです。今は、リズムがむずかしいと思います。一、二、一、二、などとかけ声をかけないと、長く歩けません。

一番むずかしかったところの説明を、初めて乗ったときと今の二つ説明したところがよいです。


結びの工夫は、文章の中で大事な言葉を結論でもう一度使うこと。わかったことを入れること。

少し意識して書くだけで、かなり違ってくるので、宿題の清書をこれからする人は、参考にしてね。

-----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
★8月の作文教室は、8月3日(水)と8月24日(水)です。
★9月の作文教室は、9月14日(水)と9月28日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------



[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-08-23 10:52 | 言葉の森 | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31