書き出しの工夫 Part2


今日も、書き出しの工夫を紹介します。
小4の課題作文「夏休みの思い出」から。

今回は、会話文と音を組み合わせた書き出しです。

(人や場所の名前が入っていたので、画像は最初の所だけね。)
a0132715_10475469.jpg

「わぁ。きれい。」
花火の
「バババババン」
という大きな音が町中にひびきわたります。お母さんやお父さん、○○も
「すごっ。」
とびっくりしています。火花がちって流れ星を見ているようです。私は、8月○日に○○の花火大会に行きました。その日は、夕方に雨がふっていたのでうちあがるかとても心配していました。


こういうのが、会話文と音とを組み合わせた書き出しね。その後に「大きな音」と音の説明をして、「流れ星を見ているよう」とたとえの表現も入れて、「いつ・どこ」の説明に進んでいる流れがとてもよいです。


作文の勉強は、慣れるまではまねをすることが大事です。
まねをしているうちに、だんだん自分らしく書けるようになるからね。ブログで紹介した表現、本を読んでいていいなと思った表現など、どんどんまねをして書いてね。



-----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
★9月の作文教室は、9月14日(水)と9月28日(水)です。
★10月の作文教室は、10月12日(水)と10月26日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-09-03 10:47 | 稲荷塾 | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31