今日はいいにくの日

今日は、「いいにくの日」ということで、お肉料理が食卓に上るおうちも多いかもしれませんね。
ちなみに、我が家の今日の夕食のメイン料理はトンカツです。


さて、中学生は、定期考査が近づいてきているようで、なかなか提出できない人が多いですね。
1週間のどこかで90分時間を取って、一気に書きなさいね。構成用紙を埋めるだけでもかなりの勉強になりますから、まずは、90分の時間を確保する予定をたてることから始めることですよ。


それでは、今日は、体験実例の入れ方の見本になる作文を紹介しますね。
中2感想文からです。

「流行を認めることは大切」という意見を挙げて説明した後の、第三段落の部分を紹介します。
a0132715_11164595.jpg
 一方で、流行とは関係がなく、古くから残る古典も魅力的である。「論語」で語られている「仁」は、どの時代のどの国の人でも大切な思いやりの精神である。だから、江戸の庶民に寺子屋で学ばれたり、現在でもさまざまな解釈によって紹介されていたりする。私も、尾木直樹さんの論語の本を持っているが、落ち込んだときや自分に自信が無くなったときに読み返すと、とても励まされる。また、世界中で最も多くの人に読まれている「聖書」は、ただキリスト教の教えを一つ一つ箇条書きにしたものではなく、いくつもの物語が書かれている。しかしそのファンタジーの中には、優しさや思いやりがどれだけ恵みをもたらすのかや、一方で人間は弱くておろかなものだ等という教えが、たくさん詰め込まれている。古典とは、先人たちの教えや教訓がつまった、いわば「先人からの贈り物」といえる貴重なものなのだ


途中に自分の体験実例を入れながら、説得力のある説明ができています。
とてもよくまとまった文章だったので、全部紹介したいなと思いながらも、清書に使うかもしれないと思い、体験実例のところだけを紹介することにしました。
中学生で、体験実例の入れ方がわかりにくいという人は、参考にしてね。


-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【言葉の森】
★冬休みは、12月29日(木)~1月4日(水)です。月・火・水の1月1週目はお休み宿題になります。

【稲荷塾】
★11月の作文教室は、11月9日(水)と11月30日(水)です。
★12月の作文教室は、12月14日(水)と12月21日(水)です。
★1月の作文教室は、1月11日(水)と1月25日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-11-29 11:16 | 言葉の森 | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31