作文教室への送迎について

4月13日(金)

塾や習い事、学校への送迎をしているみなさん、おつかれさまです。


作文教室では、お迎えがある人は、たとえ早く書き終わっても、お迎えの時間まで教室にいて本を読んで待っているように言っています。少しくらい遅れても、あせらず、安全第一でお迎えに来てください。
もし、早めに塾についたら、3階に上がってきて見学をしてもらってもかまいません。


私も、子どもが小さいころは、習い事の送迎で色々な経験をしました。
どこで時間を潰そうかと思案したこともありますし、渋滞で焦ったこともあります。
子どもがなかなか出て来なくて、先に家に帰ったのかと不安になりながら待ち続けたこともあります。
稲荷塾の迎えは、お父さんが担当してくれましたが、稲荷塾の前で待っていると蚊にたくさんかまれて大変な時期があったようです。
どれも今ではよい思い出ですが、当時はそれなりの負担がありました。


作文教室の送迎は、できるだけやりやすい形を模索していってくださいね。
時間変更や、10分遅れの10分延長、なども受け付けます。
希望がありましたらメールをください。


自力で帰る人は、作文を書き終わったら帰ってよいことにしています。
宿題の提出が滞りがちな人は、その日の課題が終わった後、宿題の構成用紙を書くようにしています。
しかし、19時00分以降も居残りをするということはありません。


水曜日に作文教室から帰って少しして、隣県で「拳銃を持った犯人が逃走中」という速報ニュースを知って、みんなのことを心配しました。

送迎をするにしても、自力で通塾するにしても、教室のようすを知ったり、私とコミュニケーションを取ったりするとおうちの人も少しは安心できると思い、この記事を書きました。

不明なことがありましたら、いつでもメールをくださいね。


--------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
4月の作文教室は、4月11日(水)と4月25日(水)です。
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-04-13 09:32 | 稲荷塾 | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31