人気ブログランキング |

課題図書「クニマスは生きていた!」

5月25日(金)

「クニマスは生きていた!」

第64回青少年読書感想文全国コンクール課題図書(小学校高学年)です。


田沢湖にはかつてクニマスという魚がいましたが、治水事業の影響で絶滅してしまいます。最後のクニマス漁師・久兵衛さんは絶望に打ちひしがれますが、あるとき卵が全国各地の湖に移植されていたことを知り、クニマス発見プロジェクトが始まります。
「クニマスは生きていた!」絶滅していたと思われたクニマスが発見されたというニュースが日本中をかけめぐりました。これからが正念場です。
クニマスが生息できる環境にしなければらなない。ふるさとの美しい山や森、湖、川を守り、次代を担う子どもたち、孫たちに引き継がなければいけない、という話です。


今、私たちは、クニマスだけでなく、多くの生き物を絶滅させたり、絶滅寸前に追いやったしています。一度壊れた生態系のバランスは、簡単に再生できません。

今私たちにできること、しなければならないことを考えるきっかけになる本です。

この本を読んで、クニマスや絶滅危惧種の自由研究をするのもおもしろそうだなと思いました。


---------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。
7月の作文教室は、7月11日(水)と7月25日(水)です。
8月の作文教室は、8月8日(水)と8月29日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------


by kiriko-no-mori | 2018-05-25 10:08 | | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line