課題図書「ホイッパーウィル川の伝説」

5月31日(水)

「ホイッパーウィル川の伝説」
第63回青少年読書感想文全国コンクール 中学生の部課題図書


訳者あとがきに、「この本の魅力は、幻想的なファンタジーと、日常のリアリティがみごとにとけあっていることでしょう。」と書いてありますが、私もその通りだと思いました。

中学生の課題図書としては、文章が簡単すぎる感じもしますが、本を読みなれていない子向けに選書されたのかも。ただ、本を読まない子には、このファンタジーと日常が交互にでてくる流れにとまどうかもしれません。


戦死した友達、突然死した母親、事故死した姉と死について考える場面が次々に出てきます。想像通りの結末で、読了感は悪くないです。愛する人を失う悲しさ、心を通わすことができたコギツネが自分の身代わりになることについて、野生動物との関わりなど、この物語を基に自答することで、この物語に寄り添えると思います。

読書力があり、精神年齢が高い子向きの本だと思いました。


-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
 6月の作文教室は、6月14日(水)と6月28日(水)の予定です。
 7月の作文教室は、7月12日(水)と7月26日(水)の予定です。
 8月の作文教室は、8月2日(水)と8月23日(水)の予定です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-------------------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-05-31 10:27 | | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31