人気ブログランキング |

本「魔眼の匣の殺人」

6月26日(水)

今日は本の話
「魔眼の匣の殺人」四行詩の感想


「屍人荘の殺人」の続編。
あの衝撃的な結末から、どんな展開になるのだろうと期待しながら読みました。最後の最後に驚きの展開がありましたが、それまでは前回と比べてかなり落ち着いた感じ。

推理小説ですから、推理を楽しみながら読み進めればよいのですが、人が死んだ場面では読み急ぎをせず、じっくりと感情移入したいなと思いました。読み手と筆者の駆け引きのようなところがこの本のおもしろいところかと。

登場人物の一人に子どもを入れたのは、何かしらの意図があるのだろうとも思った。

続編がでそうな結末でした。

本をよく読む人なら、中学生くらいから読めます。
------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
6月の作文教室は、6月12日(水)と6月26日(水)です。
7月の作文教室は 7月10日(水)と7月24日(水)です。
8月の作文教室は 8月7日(水)と8月28日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------



by kiriko-no-mori | 2019-06-26 09:10 | | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line