人気ブログランキング |

10月9日(水)稲荷塾作文小論文教室の様子

 
昨日の作文教室の時間には、阪神のクライマックスシリーズのファイナルステージの大事な初戦が始まるし、ラグビーワールドカップのスコットランドとロシアの試合が行われているし、終わる頃にはガンバ大阪がルヴァンカップの準決勝を戦い始めるし、とスポーツが大好きなみなさんにとっては、そわそわした時間になりましたね。

阪神のこともラグビーのことも教室で話題にあがりました。
この週末、さらに盛り上がって、スポーツ観戦を楽しむことでしょうね!!

私は、帰宅して阪神戦を見ました。9回表、ドキドキしましたね!!ホームランが生まれるのではないかと思ったのですがね。
ガンバ大阪の方も、もちろんドキドキしました。


さて、作文教室の方ですが、17時~のクラスも18時~のクラスも、落ち着いた雰囲気の中、よく取り組むことができていました。

いつもは400字以上や600字以上など長く書くことが目標でしたが、今回は180字以内というような短い字数設定の人がたくさんいましたね。

短い字数の中で、自分の意見や体験を書くのは難しいものです。長く書くことよりも難しいと感じた人がたくさんいたと思います。

書いてみて、越えた字数分、漢字にしたり、短い言葉に言い換えてみたり、色々と工夫して、短くまとめる練習をしました。

やってみて、難しいけど楽しいと感じたのではないかな。
宿題でも、メモ書きの段階で、字数を意識して書いてみてくださいね。
だんだんぴったりと、思う字数に収まるようになりますからね。


作文を習い始めて、6ヶ月が過ぎてくると、書くことにもすっかり慣れて、60分以内どころか、課題によっては30分とか20分で書けるようになってきます。

しかし、「もう一つ書きなさい。」ということは、言いません。
(例外として、宿題の提出が全くない人や、中学生には、次の課題や前の課題をするように言います。)
なぜなら、今日やるべき課題は終わったからです。まだ時間があるからと、次の課題を与えると、だんだん嫌になってきて、今日やるべき課題をだらだらとしてしまうようになるからです。

集中して一気に書こう。
早く書けたら、読書をすること。他に宿題や自習をしてもよし。自分で帰る人は早く帰ってよし。ということにしています。

作文は、短期集中で力がつく勉強ではなく、長い年月をかけてじっくりと根をはるように力がついていく勉強です。

毎日音読をすること。
宿題は60分集中して取り組んで、できたところまででよいので送ってくること。
日々の積み重ねを大事にしていきましょうね!


11月の2週目の作文小論文教室は、11月13日(水)です。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。


------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。
11月の作文教室は 11月13日(水)と11月27日(水)です。
12月の作文教室は、12月11日(水)と12月18日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------



by kiriko-no-mori | 2019-10-10 12:45 | 稲荷塾 | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line