2016年 09月 21日 ( 1 )


暑さ寒さも彼岸まで

彼岸入りしました。

題名の「暑さ寒さも彼岸まで」は、「秋の彼岸の頃には涼しくなり、春の彼岸の頃には暖かくなり過ごしやすくなる」という意味のことわざです。

お彼岸といえば、おはぎですね!
我が家も早速、彼岸入りの19日に食べて、邪気を払いました!!

京都には、おいしいおはぎがたくさんありますが、我が家は、「巴屋(ともえや)」のおはぎがお気に入り。東寺の西門を出てすぐのところにお店があります。持ち帰り専門で、おはぎ2種類(あんときなこ)しかないので、旅行で東寺観光に来たとき寄ってみたいと思った人は、割りばし持参ね(笑) 


さてさて、今日は、最後の思ったことがとてもよく書けていた作文を紹介しますね。

小3の課題作文「とくいなこと」からです。

a0132715_10011697.jpg

毎日、ぜん部ダンスのじゅぎょうだったらいいのにな、と思いました。


ダンスが大好きだということがとてもよく伝わってきます。小3らしい、この子らしい感想です。

小学生は、「全体の感想を書くのが一番難しい」とよく言います。そうだろうなと思います。教室では、私が全体の感想を構成用紙に書くことが多いですが、まだそれでよいです。他の人が書いたまとめをまねしながら書いていくうちに、少しずつ自分らしさがでるようになりますから、どんどんまねして使ってね。


-----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
★9月の作文教室は、9月14日(水)と9月28日(水)です。
★10月の作文教室は、10月12日(水)と10月26日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-09-21 10:00 | 言葉の森 | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー