2017年 09月 11日 ( 1 )


光る表現(先週のたとえ)

9月11日(月)

さあ、新しい週が始まりました。

中高生は、学園祭の準備で大忙しという人が多そうですね。

受験生は、ギアを一つ上げて全力モードに突入ですね。
本当に大変だと思いますが、大変でなければ夢は叶いませんからね。一心不乱に頑張ってください!!!


作文を習っている人たちは、とにかく、とにかく。。。
音読を毎日すること!!!
どんなことがあっても必ずすることです!!!


それでは、月曜日恒例のたとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しましょうね。

「その富士山は、自分では本物の富士山のように上手くかけたと思いました。」

「一人一人ぜんぜんちがう食べ物が好きで、まるで家族ではないようです。」

「私はまるでかいぶつのような速さで次々とラムネをほおばります。」

「ぶどうは、まるでほおがおちるくらいおいしいです。」

「本当に食よくがないときに、ねぎとみょうがとたまごを入れて百回かきまぜて、ごはんにかけて食べたときのおいしさといったら、ほっぺがおちそうなぐらいだったそうです。」

「五分以内でどれだけおかわりができたかで最初の点数が変わり、有利になるので、かいじゅうのように口を大きくあけて食べないといけなかった。」

「その子とわたしは、まるで犬えんの仲のように好物が正反対なのです。」

「まるでスクランブル交差点で立ち止まったようだ。」

「まるで人魚のようにおよげたような気がしました。」


★「○○は人間にとって○○である」

「人間にとって長所や短所は自分が良くなるためのカギだ。」

「人間にとって一番とは、才能がある人ではなく、今までの努力が一番多い人がとるものだと思う。」


先週も、すてきなの表現が集まりました。どんどんまねして使ってね。

今週も頑張ろう!!

-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
 9月の作文教室は、9月13日(水)と9月27日(水)の予定です。
10月の作文教室は、10月11日(水)と10月25日(水)の予定です。
11月の作文教室は、11月8日(水)と11月22日(水)の予定です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2017-09-11 10:32 | 光る表現 | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー