2018年 06月 05日 ( 1 )


課題図書「わたしがいどんだ戦い1939年」

6月5日(火)

課題図書「わたしがいどんだ戦い1939年」


第64回青少年読書感想文全国コンクール課題図書(高校生)です。

右足が不自由で、10歳までアパートの一室にとこめられていたエイダが、戦争中の学童疎開で母親の虐待から逃れます。疎開先でエイダと弟のジェイミーは、とまどいながらも新しい暮らしに少しずつ慣れ、養母スーザンの愛に少しずつ少しずつ心を開いていくという話です。


虐待のシーンは、読んでいて辛かったですし、心にできた深い傷は、長い時間経った後でも、ちょっとしたことで思い出しパニックになるということがとても切なかったです。


戦争についても考えさせられました。第二次世界大戦中、日本でも学童疎開が行われましたが、イギリスでも同じように行われていたのですね。配給制度も防空壕も、空中戦も爆撃も、同じように行われ、世界で多くの人が苦しみ悲しみました。日本だけでなく、世界に目を向けるよい機会になると思いました。


私は、この本を夢中で読みました。
残酷なシーンもありますが、児童書なのできちんと配慮されて訳されていますし、所々に愛を感じられるところもあります。
続編がでているようなので、訳書がでるのを楽しみに待ちたいと思います。


内容的には、中学生くらいから読めると思います。
感想文を書かない人も、ぜひ読んで欲しい本です。

---------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。
7月の作文教室は、7月11日(水)と7月25日(水)です。
8月の作文教室は、8月8日(水)と8月29日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-06-05 11:32 | | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30