本「最後の医者は雨上がりの空に君を願う」

1月22日(火)

今日は本の話
やっと中学生にもおすすめできる本に出会えました。

上巻と下巻があります。


あらすじをのせておきます。

「流されるままに生きればいい」。小さな診療所を始めた医者・桐子は患者に余命を受け入れる道もあると言い切る。一方、かつての同僚・福原は大病院で閑職に追いやられてもなお、患者の「延命」を諦めない。別々の道を歩む二人が、ある難病の恋人同士を前に再会を果たす時、それぞれに壮絶な過去が呼び覚まされるのだった。残された日々を懸命に生きる患者と医者の葛藤と闘いを描き、大反響を呼んだ医療ドラマ。衝撃の新章へ!


医療に対する考え方が違う医師二人が、それぞれの強い意思を持って医療に携わっていく話ですが、そこに家族の話がからんできて、愛あふれる話になっています。

医療とは、
命を救うとは、
生きるとは、
家族とは、
そういうことを考えさせてくれる物語で、とても壮大な話でした。

最初に、HIVの病気と闘う話があり、対比が激しくて、次の展開が想像しにくかったですが、悪性腫瘍、認知症と話が進むうちに、なぜ最初にHIVの話を書いたのかが理解できたような気がしました。
久しぶりに読みながら、きれいな涙を流しました。


本をよく読む人なら中学生くらいから読めると思います。
「神様のカルテ」が好きだという人は興味深く読めると思いますよ。

-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
1月の作文教室は、1月9日(水)と1月23日(水)です。
2月の作文教室は、2月13日(水)と2月27日(水)です。
3月の作文教室は、3月20日(水)と3月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

★2019年度第4水曜日18時~のクラスは、満員です。

--------------------------------------------------------



# by kiriko-no-mori | 2019-01-22 10:21 | | Comments(0)

光る表現

1月21日(月)

週末、天気が荒れなくてよかったですね。
大雪の年もありますからね。本当に今年はよかったです!

今日も受験の人、頑張れ!頑張れ!

一年後に受験を迎える人たち、今日からもう受験生ですね!
早めの対策が有効なのは周知の事実!!!
いよいよスタートですね!

それから、将来の受験生たち、
「読むこと」「書くこと」「考えること」これは学力の基本です。
土台をしっかり作って行こうね。
今日も音読を頑張ってね!


それでは、月曜日恒例の「たとえ(まるで~のよう)」の表現を紹介します。


「私は心の中で、来年は空も飛べて走れる飛行機みたいなラジコンを買ってほしいなあと思いました。」

「ぼくは、いつも朝起きたらきがえて朝ごはんを食べてこたつに入って頭だけ出して休みます。そんな僕はまるで亀のようです。」

「まるでスマホのように YouTube を見ることができる。」

「 スマホで星の砂を見て私は、『おっとっとみたい。』と言った。」

「おせちは毎年注文しているので、食べたことのない料理と出会えたり、これは何だろうとまるでおみくじのような楽しみがあったりするので大好きです。」

「友達と話して帰るのは、まるでお話をする会のようです。」

「まるで空気銃のようなものに弾を入れて、マトを狙った。」


すてきな表現が集まりました。
どんどんまねをして使ってね。


-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
1月の作文教室は、1月9日(水)と1月23日(水)です。
2月の作文教室は、2月13日(水)と2月27日(水)です。
3月の作文教室は、3月20日(水)と3月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

★2019年度第4水曜日18時~のクラスは、満員です。

--------------------------------------------------------


# by kiriko-no-mori | 2019-01-21 11:04 | 光る表現 | Comments(0)

いよいよ始まりますね。

1月18日(金)

明日は、センター試験と中学受験の関西統一日ですね。
いよいよ今年も入試が始まったという気がします。

この前、ふとした雑談のときに、娘に、受験のときの母親の心境について聞かれました。

私が一番緊張したのは、中学受験の併願校の受験のときでした。
前日は全く眠ることができませんでしたし、試験中もそわそわしっぱなしでした。
その心中を娘に悟られまいと、気丈に振る舞おうとしていました。

私の演技はアカデミー賞級だったようで(笑)、娘は全く気付かなかったそうです。
「自分は第一志望校のときが一番気合いが入っていたから、お母さんもそうかと思った。」と意外そうに言っていました。


こんな話を笑いながらできるようになった今、受験生のみなさんに言えるのは、「良い受験をしてくださいね」の一言につきます。

もちろん合格を目指して努力するのですが、たとえ結果はどうであれ、親も子も受験を通じて多くのことを学びます。
学力はもちろん精神力も鍛えられますし、視野の広さや思いやりも育ちます。
学歴が一つの力になることと共に、学歴社会の愚かさも感じることでしょう。

まさに「君たちは何を受験から学ぶか」です。

受験生のみなさん、良い受験をしてくださいね。


-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
1月の作文教室は、1月9日(水)と1月23日(水)です。
2月の作文教室は、2月13日(水)と2月27日(水)です。
3月の作文教室は、3月20日(水)と3月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

★2019年度第4水曜日18時~のクラスは、満員です。

--------------------------------------------------------


# by kiriko-no-mori | 2019-01-18 11:32 | つぶやき | Comments(0)

「結びの工夫」

1月17日(木)

今日は、「結びの工夫」について書きます。

「書き出しの工夫」が上手にできるようになって、「結論」が書けるようになってくると、次は「結びの工夫」に挑戦します。

これも、慣れるまでは、いくら説明しても「???」と不思議に感じる人が多いですね。
ただ、何回か例を読んでいくうちに、まねをして書いていくうちに、だんだん自分らしく結べるようになります。

ちょうど、結びの工夫をした作文が届いたので、紹介してみますね。

全体の思ったこと(結論)を書いた後の文です。
a0132715_10532092.jpg
「やっほ~!カイリューげっとだぜ。」
次のポケモンをさがしにいくために歩きだした。

a0132715_10532107.jpg
「今年もよろしくお願いします。」
この日から新しい一年が始まっていく。

ちょっとした工夫で、作文は個性的になります。

本を読んだり人と話をしたりして、いいなと思う表現を見つけたら、どんどん作文の中に入れて、まねをして使ってね。

-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
1月の作文教室は、1月9日(水)と1月23日(水)です。
2月の作文教室は、2月13日(水)と2月27日(水)です。
3月の作文教室は、3月20日(水)と3月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

★2019年度第4水曜日18時~のクラスは、満員です。

--------------------------------------------------------


# by kiriko-no-mori | 2019-01-17 10:53 | 作文 | Comments(0)

本「82年生まれ、キム・ジョン」

1月16日(水)

今日は、本の話
最近、おもしろい本に出会う確率が高くて、読書生活が充実しています。

今日はこの本を紹介します。

「82年生まれ、キム・ジョン」

あらすじをのせておきます。

ある日突然、自分の母親や友人の人格が憑依したかのようなキム・ジヨン。誕生から学生時代、受験、就職、結婚、育児…彼女の人生を克明に振り返る中で、女性の人生に立ちはだかるものが浮かびあがる。女性が人生で出会う困難、差別を描き、絶大な共感から社会現象を巻き起こした話題作!韓国で100万部突破!異例の大ベストセラー小説、ついに邦訳刊行。

やっとこのような本がベストセラーになる時代になったなと嬉しく思います。
「女性差別」という言葉が一人歩きしていましたが、この本を読んで、様々に自覚した人が多いと思います。だから、ベストセラーになったのだと。

私自身、子供のころから理不尽さを感じていましたが、少しずつ、男女同権が進み、法や教育については改善されつつあると思います。
中学のとき、試験的に、男子が家庭科の授業を受け、女子が技術の授業を受けるという取り組みが行われました。大学入学時に、初めて男女が交ざった名簿を見て、少し驚いたことを今でも覚えています。

時代は平成になり、女性の社会進出、女性の権利など、かなり進んできたように見えますが、何も変わらないと思うことも多々ありました。特に娘の子育てにおいては、はんかちをキーと噛みたくなるようなことがたくさんありました。年を重ねていくうちに、若い頃には気が付かなかったことがたくさん見えるようになりました。

社会的には、表向きには、進んでいるように見えるけれど、根っこの部分では何も変わっていない。
それはどうしてか、そういうことを考えるきっかけになる本だと思います。

自分の力で生きていこう、社会に貢献していこう、自立しよう、そう思って頑張っている女の子たち。
頑張って勉強して、頑張って働いて、自分らしく生きていこう。そう思って健気に頑張っている女の子たち。そういう思いを裏切り続ける社会と、それを正しいと主張する大人たち。

それでも、努力は報われると信じて、今日も頑張って生きている女の子たちを私は、少し先を生きる女性として応援し守っていきたいと思いました。

a0132715_10483499.jpg

私がこのような感想を書くと、とても重い本というイメージを与えてしまいそうですが、話は淡々と進み読みやすいです。感情をかきむしられるようなところはありませんし、高校生くらいから読めると思います。


-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
1月の作文教室は、1月9日(水)と1月23日(水)です。
2月の作文教室は、2月13日(水)と2月27日(水)です。
3月の作文教室は、3月20日(水)と3月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

★2019年度第4水曜日18時~のクラスは、満員です。

--------------------------------------------------------



# by kiriko-no-mori | 2019-01-16 10:49 | | Comments(0)

「書き出しの工夫」


1月15日(火)

週が明けて、新たな週が始まりました。
昨日は祝日だったので、今日が週明けのような気がしますね。

さて、今日は、作文を紹介しようと思います。
表現の工夫の一つに「書き出しの工夫」がありますね。

「書き出し」と「結論」は、かなり重要です。
私も、最初からここはしっかりと意識して添削しています。

毎日のように誰かの作文に「書き出しの工夫の例」を書いているように思いますが、すんなりと理解するまでに、何回か例を書いてあげる必要があると感じています。

今日は、その「書き出しの工夫」が上手くできた作文を紹介します。

a0132715_13072756.jpg
「ふぁ~」
とあくびをしながらふとんから出ようとすると、冷たい風がふいてなかなかふとんからいつも出られません。

最初は会話文だけで、少しずつ短い文での説明がついてきて、その説明も少しずつ長く書けるようになりました。

読むだけだと簡単なようですが、いざ書くとなるとなかなか難しいものです。



作文の勉強を長く続けるためには、(たぶん、他の勉強もそうだと思いますが)時間的な余裕も、精神的な余裕も、体力的な余裕も必要です。

少し緩めくらいで、続けてほしいなと思います。

-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
1月の作文教室は、1月9日(水)と1月23日(水)です。
2月の作文教室は、2月13日(水)と2月27日(水)です。
3月の作文教室は、3月20日(水)と3月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

★2019年度第4水曜日18時~のクラスは、満員です。

--------------------------------------------------------


# by kiriko-no-mori | 2019-01-15 11:07 | 作文 | Comments(0)

「成人の日」おめでとう!

1月14日(月)

今日は「成人の日」

我が娘も、成人の日の人です。
おめでとう!! ですね。

特別にお祝いをする予定はありませんが、その分、この20年を一人静かに振り返って、少し感傷的になりました。

本当に色々なことがあったなと思います。
嬉しくて泣いたこと、悔しくて泣いたこと、諦めたこと、たくさんあります。
「あのとき、もっとこうしてやれべよかったんだろうな」と今になって反省することもたくさん。
でも、最後には思うんですね。「その時はそれが精一杯だったんだよね。」って。


昨晩遅く、娘と二人で、サッカーのアジア大会を見ながら色々な話をしました。私がいかに頑張って子育てをしたかという話を中心に恩を売っておきました(笑)

昨日、大活躍だった富安選手と堂安選手も「成人の日、おめでとう!」の二人なんですね。
現状に満足することなく大きな希望を持って、苦しみさえも楽しみに感じて前に進んでいくその若さが眩しく誇らしかったです。


-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
1月の作文教室は、1月9日(水)と1月23日(水)です。
2月の作文教室は、2月13日(水)と2月27日(水)です。
3月の作文教室は、3月20日(水)と3月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

★2019年度第4水曜日18時~のクラスは、満員です。

--------------------------------------------------------



# by kiriko-no-mori | 2019-01-14 13:06 | つぶやき | Comments(0)

1月9日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす

インフルエンザの流行期に入ったというニュースを読みました。
作文教室でも、体調不良でお休みする人がいて心配しています。
欠席した人の課題は投函済みです。
元気になったら、音読を再開してね。


教室に来た子ども達はとても元気で、冬休みの話を色々と聞かせてくれました。
おもしろい話をたくさん聞いて、私も元気になりました。

17時~のクラスも18時~のクラスも、落ち着いた雰囲気で作文を書くことができました。
ほとんどの子が自分で構成用紙を書けるようになり、私の出番は少ししかありませんでした。ちょっとだけ、一言だけ声をかけると、続きがすらすらと浮かんでくる、そんな感じでした。本当にみんな書けるようになりました。


冬休み中は、おばあちゃんの家に行ったり、親戚が集まったり、体調不良だったりと、音読ができなかった人がいますね。
作文教室に来て、私に会って、「音読をがんばろう。宿題を提出しよう。」と思ったことでしょう。
今日から再スタートですよ。

宿題は、60分で書けたところまででよいですからね。


次回の作文教室は、2月13日(水)です。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てね!

-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
1月の作文教室は、1月9日(水)と1月23日(水)です。
2月の作文教室は、2月13日(水)と2月27日(水)です。
3月の作文教室は、3月20日(水)と3月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

★2019年度第4水曜日18時~のクラスは、満員です。

--------------------------------------------------------



# by kiriko-no-mori | 2019-01-10 11:00 | 稲荷塾 | Comments(0)

年賀状

1月9日(水)

今年も、たくさんの年賀状をありがとう!!
個性豊かな年賀状がたくさん届きました。

作文と一緒に、新年の挨拶メモを入れてくれていた人もいましたね。
気持ちが伝わってきました。ありがとう!!

近年、年賀状の引き受け枚数が減少中というニュースがありましたが、我が家でも確実に出す数も頂く数も減少中です。そんな中、みんなからの年賀状は光り輝いています。ありがたいことです。

また、一年に一度だけ年賀状で近況報告をし合う友達との関係も良いものだと感じています。
故郷を離れ、引越しを繰り返した私にとって貴重な友達です。
特に「ママ友」と呼ばれる関係の、娘を通じて出会ったママ仲間は子どもの成長を共に喜べる貴重な存在です。
今年も、娘の同級生の成人した写真を年賀状で見て、「こんなに大きくなったんだ」と一人喜んでいました。

「いつか会いたいね。」の一言を繰り返してもう10年。
今年も、笑って、泣いて、また笑って、笑顔いっぱいの写真を撮りまくって、家族みんなが元気で、来年の年賀状を出したいなと思いました。

今年は、みなさんの中に、我が家のプライベート年賀状を手にした人が2人いますね!
ラッキーな大吉年賀状だと思ってね♡

-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
1月の作文教室は、1月9日(水)と1月23日(水)です。
2月の作文教室は、2月13日(水)と2月27日(水)です。
3月の作文教室は、3月20日(水)と3月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

★2019年度第4水曜日18時~のクラスは、満員です。

--------------------------------------------------------




# by kiriko-no-mori | 2019-01-09 11:40 | つぶやき | Comments(0)

本「風神の手」

1月8日(火)

今日は本の話。
今年は、道尾君の本から読み始めました。

「風神の手」

静かに流れるように読み進めることができ、じっくりとこの本の世界を味わうことができて満足です。

慌ただしい時期やささくれだった気持ちで読むと、この本の良さを半分も理解できなかったかもしれないと思いました。

一人の時間をゆっくりと楽しむことができる時期に読むことをおすすめします。

どんなに大きな結末でも最初はほんの小さな始まりがあり、
大昔のことでもそれが繋がって今があり、
不幸な人の裏に救われた人がいて、
愛と憎悪は紙一重で、
そういうことを考えさせてくれた本でした。

高校生くらいから読めると思います。


-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
1月の作文教室は、1月9日(水)と1月23日(水)です。
2月の作文教室は、2月13日(水)と2月27日(水)です。
3月の作文教室は、3月20日(水)と3月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

★2019年度第4水曜日18時~のクラスは、満員です。

--------------------------------------------------------


# by kiriko-no-mori | 2019-01-08 12:55 | | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー