人気ブログランキング |

カテゴリ:稲荷塾( 177 )


8月7日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす

大事なお知らせから書きます。

★宿題がない週があります。黄色の紙のカレンダーで確認してください。
 書けていない課題がある人は、宿題がない週に書いて送ってきてください。
 音読の宿題は毎日あります。


今日は「立秋」。
暦の上では、秋が始りましたが、まだまだ夏本番。暑いですね!

猛暑の中、みんな元気に作文教室に来てくれました。
元気な子ども達と話をするだけで、私も元気になりました!

干からびていたひまわりに水をあげると、一瞬にして太陽に向かって茎をまっすぐに伸ばすように、私も一瞬にして元気になりました。

夏休みの宿題の進捗状況を聞いてみると、どの子も順調に進んでいるようでした。
「大変な感想文が終わったから!」と笑顔で言われて、ほっとした気持ちになりました。


17時~のクラスも、18時~のクラスも、落ち着いた雰囲気の中、一生懸命課題に取り組めていました。
最初の頃は、時間内に全部書けなかった人たちが、あっという間に仕上げて、時間が余るようになってきました。

昨日も、多くの点で成長を感じられました。

この調子で、毎日の音読を続けて、たくさん本を読んでくださいね!



9月の作文小論文教室は、9月11日(水)です。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。
飲み物を持ってきて水分補給をしてくださいね。


8月28日(水)の作文小論文教室は、振替希望の連絡がたくさん入っています。
現在、各クラス、後1名のみ振替が可能です。


------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
8月の作文教室は 8月7日(水)と8月28日(水)です。
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。


--------------------------------------------------------


by kiriko-no-mori | 2019-08-08 11:46 | 稲荷塾 | Comments(0)

7月24日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす


夏休みに入っているので、エネルギーを持て余しているかなと思いながら教室に行きましたが、みなさん、落ち着いていて、嬉しい驚きでした。

17時~のクラスも18時~のクラスも、とてもよい雰囲気でした。
全員が一生懸命課題に取り組んでいました。

課題作文を書いた人もいれば、感想文を書いた人、入試問題をした人、自由作文を書いた人もいましたね。どの課題でも、自力で書けるようになってきました。

音読もよく頑張っているようすが伝わってきますし、宿題の提出率もよいです。

60分以内に書き上げることができる課題が増えてきて、作文を書き終わったら、本を読んだり学校や塾の宿題をしたりして上手に時間を使っていました。

この調子で、毎日の学習を積み重ねてくださいね!


8月の4週目の作文小論文教室は、8月28日(水)です。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。
まだ、残暑が厳しいと思いますので、飲み物を持ってきて水分補給をしてくださいね。


8月の欠席や振替希望の連絡がたくさん入ってきています。
4週目の8月28日への振替は、17時~も18時~も、あと一人可能です。
予定が決まっている人は、早めに教えてくださいね。


------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
8月の作文教室は 8月7日(水)と8月28日(水)です。
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------


by kiriko-no-mori | 2019-07-25 17:15 | 稲荷塾 | Comments(0)

7月10日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす

17時~のクラスも18時~のクラスも、教室の雰囲気はよかったです。
お疲れの人も、元気いっぱいの人も、自分の課題にきちんと取り組めていました。

みんな、書くことに慣れてきましたね。驚くほどの上達です。

でも、これは、小さい頃からたくさんの言葉をかけてもらい、文字に触れてきたからなんですね。
どう書いていいかわからなかっただけで、書く方法がわかれば後は悩みながらも書けるようになるものです。

音読もよく頑張っています。

何よりも嬉しいのは、作文のテーマについて、家で話をしていることがよく伝わってくることです。
1週間の間に、次の課題に向けて、家族で「あーだ、こーだ」とおしゃべりをする。
そういう時間は、今しかできない、とても貴重な時間なんですね。

これから夏休みに入って、少し時間に余裕が出ると思います。
色々な話をたくさん聞かせてあげてくださいね。


8月の2週目の作文小論文教室は、8月7日(水)です。
1週目ですからね。間違わないようにね!!
読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。
暑くなってきました。飲み物を持ってきて水分補給をしてくださいね。

8月の欠席や振替希望の連絡が入ってきています。
予定が決まっている人は、早めに教えてくださいね。


---------★-----------★----------★-----------★--------------

★定期考査があったり、体調不良だったりして、課題がたまっている人へ
前の課題はしなくてよいので、最新の課題に取り組むこと。
また、今日からがんばろう! と思って再スタートしてください。


★勉強が忙しくなって、部活も長時間あって、作文を書き続けたいけれど余裕がなくなっているという人
★作文を習いたいけれど、塾に通うのが難しい人(遠くに住んでいるとか、水曜日は用事があって無理だとか、集団授業には不向きだとか……)
毎年、そういう悩みを耳にします。
私にできることはないかなと、今考えています。
また決まったら、このブログでお知らせしますね。



------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
7月の作文教室は 7月10日(水)と7月24日(水)です。
8月の作文教室は 8月7日(水)と8月28日(水)です。
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------


by kiriko-no-mori | 2019-07-11 12:32 | 稲荷塾 | Comments(0)

6月26日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす

17時~のクラスも、18時~のクラスも、とても落ち着いた雰囲気で学習することができました。
今年度一番良い雰囲気だったかもしれませんね。
どの子も落ち着いていて集中して取り組めていました。
態度も、書き上げた作文も、とてもよかったです。

課題によっては、難しくて最後まで書けなかった人もいましたが、その子たちも一生懸命取り組んでいましたから、家に持って帰った作文を読んで、「ここまで頑張って書いたんだね!」と声掛けをしてあげてくださいね。


「自由作文」と「課題作文」のどちらが好きかを聞いたら、「どちらもそれなりに考えるからどちらも同じくらい好き」と言う子たちが多かったです。
「好き」なんて、嬉しい言葉です! 

私が教室で見る限りでは、感想文課題が一番書きやすそうな印象があります。
昔は「感想文が難しい」という声が多かったのですが、例を書いて渡すようになって、かなり書きやすくなったような感じがします。
例の、特に第一段落と第四段落は、まねをして書いて大丈夫ですからね。


また、最近、「おうちの人に聞いた話」がよく入るようになってきました。
いつも、作文の題材を提供してくださり、ありがとうございます!!!
子ども達は、お父さんお母さんの話を聞くのが大好きです。
おもしろい話、感動的な話、失敗した話など、どんな話でも、おうちの人の経験したことは、子ども達の宝物になります。
これからも、色々な話を聞かせてあげてください。


7月・8月の欠席・振替連絡が少しずつ入るようになってきました。
現在、7月10日(水)は、17時~のクラスも18時~のクラスも満員のため振替ができません。
振替希望の人は、早めに連絡をください。


次回の4週目の作文小論文教室は、7月24日(水)です。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。
暑くなってきました。飲み物を持ってきて水分補給をしてくださいね。


------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
7月の作文教室は 7月10日(水)と7月24日(水)です。
8月の作文教室は 8月7日(水)と8月28日(水)です。
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

★7月10日(水)は、17時~のクラスも18時~のクラスも満員のため振替ができません。
--------------------------------------------------------



by kiriko-no-mori | 2019-06-27 10:18 | 稲荷塾 | Comments(0)

6月12日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす

17時~のクラスも、18時~のクラスも、無事終了しました。


できるだけ長く詳しく説明することを目標にしていた時期から、字数制限を設けてその範囲でわかりやすく説明するという過程に進んだ人たちは、いきなり「200字以上240字以下で」や「500字以内で」という指示にとまどったと思います。

作文用紙に書いてみて、かなり省かないといけないことになった人もいましたね。
最初はそれでいいんですよ。
二本線で消して省いてみたり、矢印を書いて付け足して見たりを繰り返しながら、字数を意識して書いていくうちに、だんだんとその範囲内でバランスよく書いて終わらせられるようになりますからね。

宿題をやっていて、どうしても字数の範囲内に収まらないときも、そのことを構成用紙のどこかにメモして、送ってきてくださいね。私が調整してみますからね。


ことわざ作文に取り組んだ人もいました。
にた話を見つける練習になるので、おうちの人にも聞いて、どんどんにた話を書いてくださいね。


書くことに慣れてきたら、構成用紙のメモは簡単にするとよいです。
構成用紙は15分以内で書いて、作文は30分くらいで書くというのが理想です。
「何を書こうかな」と考えている時間は、その中に入っていません。
1週間のうちに、書く内容を見つけておくことが大事です。
「何を書こうかな」と考えていると、自然と観察力がつきますからね。



音読はみんなよくできていました。
宿題の提出率もよいです。
今年は、本当によく音読や読書ができています。
この調子で、毎日の音読を継続してください。



次回の2週目の作文小論文教室は、7月10日(水)です。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。
暑くなってきました。飲み物を持ってきて水分補給をしてくださいね。


-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
6月の作文教室は、6月12日(水)と6月26日(水)です。
7月の作文教室は 7月10日(水)と7月24日(水)です。
8月の作文教室は 8月7日(水)と8月28日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------


by kiriko-no-mori | 2019-06-13 18:40 | 稲荷塾 | Comments(0)

5月22日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす

17時~のクラスも、18時~のクラスも、落ち着いた雰囲気で授業をすることができました。

全く書けなかった人が自力で少しずつ書けるようになって、
「作文なんて大っ嫌い」と言っていた人が、よく笑って話を聞かせてくれるようになって、
感想文に苦手意識を持っていた人が、いつの間にか、感想文が一番書きやすいと言ってくれるようになって、
「誕生日やクリスマスのプレゼントに本が欲しい」というくらい成長して、
嬉しいと感じることがたくさんありました。

全体的には、宿題の提出率もよいですし、毎週、成長を感じられえる作文が届いています。

10連休の後、学校のテストがあったり、行事があったり、運動会の練習が大変だったりと、宿題ができていない数人の人たちは、今日、私と会って、「来週から書こう」「明日から音読をしよう」と思ったことでしょう。

宿題ができていない人は、新しい課題からすることですよ。


課題によっては、30分くらいで書き終えるときもあれば、60分以内に書き終わらないときもあると思います。宿題は60分で書けたところまでで送ってくること。
教室で書くときは、
「早く終わった人は、一人で帰る人は帰ってよし」
「お迎えや数学算数クラスがある人は、それまで読書か学校の宿題をする」
ということにしています。

念のために、読みかけの本はもちろんのこと、宿題もいっしょに持って教室に来るとよいですよ。

次回の4週目の作文小論文教室は、6月26日(水)です。
元気に教室に来てね。
暑くなってきました。飲み物を持ってきて水分補給をしてね。


-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
6月の作文教室は、6月12日(水)と6月26日(水)です。
7月の作文教室は 7月10日(水)と7月24日(水)です。
8月の作文教室は 8月7日(水)と8月28日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------


by kiriko-no-mori | 2019-05-23 11:14 | 稲荷塾 | Comments(0)

5月8日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす

10連休が終わって、学校が始って、少し疲れ気味なのではないかなと思いながら教室に行きましたが、私の予想に反して、元気いっぱいの子ども達でした。

この3月から入会した人たちも、勉強のやり方にもすっかり慣れて、課題を渡すとすぐに考え始めていました。
私にもすっかり慣れて、色々なお話を聞かせてくれました。連休明けということで、連休中の話が多かったです。


作文課題に取り組んだ人、感想文課題に挑戦した人、入試問題をした人などなど、それぞれが自分の課題に真面目に取り組めていました。

宿題の提出率もよいので、この調子で、毎日の音読と宿題の作文を書くことを続けてください。


中学生は、これから定期考査の時期に入ってきますね。
作文の宿題ができない週があったとしても、音読だけは毎日続けてくださいね。
「継続は力なり」ですからね。



次回の2週目の作文小論文教室は、6月12日(水)です。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。
飲み物を持ってきてもよいですからね。


-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
5月の作文教室は 5月8日(水)と5月22日(水)です。
6月の作文教室は、6月12日(水)と6月26日(水)です。
7月の作文教室は 7月10日(水)と7月24日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------


by kiriko-no-mori | 2019-05-09 12:11 | 稲荷塾 | Comments(0)

4月24日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす

3月から作文教室に入会した人たちも、作文教室での勉強のやり方に慣れて、要領よくできるようになってきましたね。もちろん、継続組の人たちもよく頑張って取り組めています。宿題の提出率がとてもよかったです。

あっという間の1カ月でしたが、1カ月の間にもみなさんの成長を感じることがたくさんありました。
何回か作文のやり取りをするうちに、だんだんスムーズな説明ができるようになったり、豊かな表現が入ったりするようになりましたね。

昨日の作文教室でも、どの子も意欲的に課題に取り組めていました。

難しい課題だったり、書くことに苦手意識があったりしても、少しずつ書けるようになろうという気持ちを持って教室に来て課題に取り組む人ばかりなので、今年度のクラスはどのクラスもとても雰囲気がよいです。

この調子で、少しずつ上達していく自分を感じて、これからどんどん成長していってくださいね!!

昨日、ある人の音読プリントがふと目に入ったのですが、難しい漢字にふりがなをうって、大事だと思う文に線を引いて、難しい語句は丸で囲んで、何回も読んでいることが伺えました。「がんばっているな~」と思いましたよ。
音読プリントを渡すと、続きが楽しみな様子で、すぐに読み出す人もいました。

この調子で音読も継続してください。

もうすぐ10連休!!
色々な予定があるでしょう。
作文の宿題は、出来る日に書いたらよいですが、音読は毎日やってください。
異国の青空の下でも、おばあちゃんの家でもね。



次回の4週目の作文小論文教室は、5月22日(水)です。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。
暑くなってきました。飲み物を持ってきて水分補給をしてね。


-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
5月の作文教室は 5月8日(水)と5月22日(水)です。
6月の作文教室は、6月12日(水)と6月26日(水)です。
7月の作文教室は 7月10日(水)と7月24日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------


by kiriko-no-mori | 2019-04-25 11:56 | 稲荷塾 | Comments(0)

4月10日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす

3月の作文教室で渡した宿題の提出率がとてもよかったです。
教室での学習態度もよく、意欲的に取り組めている人が多く、良いスタートができたなと私自身思えました。


作文はテーマによって、書きやすかったり書きにくかったりしますし、自由作文なら書けるという人もいれば、感想文が得意だという人もいて、書ける課題と全く書けない課題があります。

教室でも、60分で作文用紙の最後まで書けた子もいましたし、構成用紙の途中で終わった子もいましたが、それでよいです。
家で続きを書く必要はありません。
だんだん時間内に書けるようになりますからね。
宿題も、時間を計って、60分でできたところまでで送ってきてください。


作文を書くとき、「何」を書くかというところで随分と時間をかけている人がいます。
「来週の作文は○○を書く」ということを確認して、1週間の間に時々「どんなことを書こうかな~」考えてください。この考える時間がとても大事ですからね。
おうちの人とも、来週書く作文について、たくさん話をして、事前準備をしてくださいね。


読みかけの本を持ってきて見せてくれた子も多かったです。
持ってくるのを忘れた人は、次回は持ってきてくださいね。

音読も毎日続けてください。


次回の2週目の作文小論文教室は、5月8日(水)です。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。
飲み物を持ってきてもよいですからね。


-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
4月の作文教室は 4月10日(水)と4月24日(水)です。
5月の作文教室は 5月8日(水)と5月22日(水)です。
6月の作文教室は、6月12日(水)と6月26日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------


by kiriko-no-mori | 2019-04-11 11:16 | 稲荷塾 | Comments(0)

3月27日(水) 稲荷塾作文小論文教室のようす

〈初めて作文教室に来た人へ〉
まず大事なことから書きます。

重要なことが書いてある紙を二枚(ピンク色の紙と黄色い紙)を渡しました。

ピンクの紙は、勉強の仕方や作文の送り方などの大事なことを書いています。

黄色い紙は、年間スケジュール表です。

確認してください。不明な点があれば、いつでもメールをください。

初めて作文教室に来たみなさん、作文のお勉強はどうでしたか?

意外に簡単だったと思った人もいれば、難しかったと思った人もいるでしょう。

作文の宿題で大事なことは、60分で書けたところまでで送ってくること。
何時間も書く必要はありません。
「第三段落だけ書ける」という場合は、第三段落だけ書いたらよいです。
たとえ、構成用紙しか書けなくても大丈夫ですからね。

音読の宿題は、毎日継続することが大事です。
「だいたいわかったから~」と言ってやめないこと。
わかっても読み続けてください。
覚えるくらい読んでやっと見えてくるものがありますからね。


〈継続組のみなさんへ〉

継続組のみなさんは、とても意欲的に取り組めていました。
特に中学生になって小論文の書き方を学んだ人は、少し難しかったですね。
昨日のメモを見ながら、書けるところまででよいので宿題に挑戦してください。

目標字数が増えた人、入試問題に初めて取り組んだ人、音読教材が難しくなった人など、個々に少しずつ難易度が上がっていますが、これもまたすぐに慣れますからね。
引き続き、毎日の音読と宿題の継続を頑張ってくださいね!!


次回の4週目の作文小論文教室は、4月24日(水)です。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。
飲み物を持ってきてもよいですからね。


-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
4月の作文教室は 4月10日(水)と4月24日(水)です。
5月の作文教室は 5月8日(水)と5月22日(水)です。
6月の作文教室は、6月12日(水)と6月26日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。


--------------------------------------------------------



by kiriko-no-mori | 2019-03-28 09:47 | 稲荷塾 | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line