カテゴリ:稲荷塾( 148 )


稲荷塾作文小論文教室の授業参観について

授業参観(見学)についての質問があったので、ここにも書いておきますね。

作文小論文教室では、大歓迎です!!

「どんなようすで学習しているんだろう」
「先生ってどんな感じの人なんだろう」
「最近、家で作文を書くとき、ダラダラしている様子なんだけれど、教室ではちゃんとやっているのかしら」
などなど……
授業参観したいなと思ったら、遠慮せずにいつでも来てくださいね。
連絡はいりません。

また、「今日は、お迎えまでどこで時間をつぶそうかな」と困ったときも、ぜひどうぞ。
最初の20分とか最後の20分とかでもよいです。

子ども達は、おうちの方が見に来てくれたらすごく嬉しいと思います。


未就学児の同伴についてですが、作文小論文教室は許可します。

未就学児でも静かにできる時間もあれば、小学生でも静かにできな時間がありますからね。
もし学習している雰囲気を壊してしまうようなことがあれば、すぐに教室から出たらよいだけですからね。
作文教室は3階でやっています。2階では算数教室を、1階では英会話教室をやっています。廊下や階段であやすということはできません。念のために書いておきますね。

また、授業参観は無理だけどようすを聞きたい場合は、いつでもメールをください。
その他、質問や要望などもメールをください。


-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。
7月の作文教室は、7月11日(水)と7月25日(水)です。
8月の作文教室は、8月8日(水)と8月29日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-06-15 07:51 | 稲荷塾 | Comments(0)

6月13日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす

いよいよ、今日からサッカーのワールドカップが開幕しますね。
行き帰りの電車の中で、その話題が耳に入ってきましたし、教室でもサッカー少年とその話をしました。
サッカー好きにとっては、たまらない時期になりました。4年に一度のお祭りですからね。

さて、昨日の作文教室ですが、とてもよい雰囲気で授業をすることができました。

17時~のクラスは、可愛い女の子3人と私の4人で、女子会のような雰囲気でした。
好きな食べ物や苦手な食べ物を話したり、就寝時間を言い合ったり、おもしろいドラマを教え合ったりと軽くおしゃべりをしながらも、黙って作文を書く時間もちゃんとあるという、とてもほのぼのとした、しかしメリハリのある雰囲気でよかったです。

作文の方もよく書けていました。
「気をつけたらもっとよくなる」ポイントをそれぞれに伝えているので、そのポイントが宿題でできたらいいなと期待しています。


18時~のクラスも、とてもよい雰囲気で学習ができました。
17時~のクラスが女子会なら、このクラスは大家族といった感じですね。中学生のしっかり兄さんがいて、4年生の個性的な四つ子がいて、その下によく似ている双子がいるという感じ。。。なぜか一体感があるんですね。

それぞれが自分の課題を一生懸命やっていました。
作文を書くことにも、音読にも慣れてきましたね。
ピカッと光る表現が少しずつ入るようにもなってきました。
「よりくわしく説明するためにはどうしたらよいか」少しずつわかってきましたね。昨日、構成用紙に色ペンで私が書いたことが宿題でできていたら、私は読みながら「ゴール!!」と叫んでガッツポーズをすると思います! 楽しみにしていますよ。

この調子で6月も頑張ってくださいね。

宿題は、小学生は60分、中学生は90分以内ですること。
時間切れで途中まででも大丈夫です。

宿題がたまってきている人は、新しい課題からすること。
古い課題は後回しにするとよいです。


次回は、7月11日(水)です。
水分補給のために飲み物を持ってきたらよいですよ。私も授業中に飲みますから。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。


-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。
7月の作文教室は、7月11日(水)と7月25日(水)です。
8月の作文教室は、8月8日(水)と8月29日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-06-14 11:36 | 稲荷塾 | Comments(0)

5月23日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす

昨日は一日雨でしたね。
あじさいにとっては恵みの雨ですが、みなさんにとってはどうでしたか。
私は、作文教室がある日は晴れてほしいなと思います。

17時~のクラスは、うるさくて何回か注意しました。

朝から雨でたくさん遊べなかったということもあるでしょう。
運動会の練習で疲れているというのもあるでしょうし、作文教室に慣れてきたというのもあるでしょう。それでも、大きな声で独り言を言ったり、席をたったりしたら、注意します。

以前、注意の仕方で随分悩んだことがありました。
どのように言ったら気持ちが伝わるのか、
学習態度を指導するレベルで、作文指導ができるのか……と。

それで、学習態度ができていない人はできるようになってから教室に来てもらうことにしました。
これから、人に迷惑をかけたり、邪魔をしたりして、学びの雰囲気を壊すことがあれば、おうちの人に話をするつもりです。


作文の方はというと、中学生は自分でしっかり考えて構成用紙を書いていました。構成用紙をメモ程度に書く人は作文用紙に仕上げてほしいですが、構成用紙にほとんど全部書いて、作文用紙に清書するやり方をしている人は、構成用紙だけ書くやり方でよいですよ。時間の節約のためです。

小学生で入試問題をしている人で、宿題がなかなかできない人も構成用紙だけでよしとします。


小学生は第三段落に何を書くか考えている人が多かったです。題材の幅が広がってくると何を書くか悩むと思います。成長ですね。


どの子も、1カ月前に比べたら成長を感じられる文章が書けていました。
毎日続けることが一番大事です。
家でも毎日音読をして、宿題は60分で書けるところまで書いて送ってきてください。


次回は、6月27日(水)です。
水分補給のために飲み物を持ってきたらよいですよ。私も授業中に飲みますから。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てくださいね。


-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。
7月の作文教室は、7月11日(水)と7月25日(水)です。
8月の作文教室は、8月8日(水)と8月29日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-05-24 12:06 | 稲荷塾 | Comments(0)

5月9日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす

連休明けの週中、水曜日の夕方。
一番疲れやすい時間帯にもかかわらず、元気に教室に来て、どの子も生き生きと作文を書いていました。

まずは、17時~のクラス。
お休みや時間変更などがあり、2人と私の3人だけの、ほのぼのクラスになりました。
じっくりと見ることができて、充実していました。
2人とも、自分で考えて、自分の言葉で書こうとしている姿がとても立派でした。

もし18時~のクラスに来る人で、17時~来られそうな人は、17時に変更したら、また違ったクラスの雰囲気を味わうことができますよ。


18時~のクラスは、はりきりクラスでしたね。
質問がたくさん出ました。
どういうところがわからないのか、どういうアドバイスが欲しいのか、私にわかりやすく伝えようと一生懸命考えながら聞いてくる姿がとてもよかったです。
「書けません」「わかりません」の一言で終わらせないところがよいですね。
どの子も60分最後まで集中して取り組めていました。


長い子で1カ月ぶりに、短い子で2週間ぶりに会うと、どの子も驚くほど成長しています。
毎日音読をして、読書をして、1週間に1回作文を書いて投函して、私からの返却を待つ。
その繰り返しが、今上手くいっていると感じています。

この調子で5月も頑張ってくださいね。


宿題は、小学生は60分、中学生は90分以内ですること。
時間切れで途中まででも大丈夫です。


次回は、6月13日(水)です。
水分補給のために飲み物を持ってきたらよいですよ。私も授業中に飲みますから。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てくださいね。


--------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。
7月の作文教室は、7月11日(水)と7月25日(水)です。
8月の作文教室は、8月8日(水)と8月29日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-05-10 10:22 | 稲荷塾 | Comments(0)

4月25日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす

駅から塾までの道のりを歩いていると、ハナミズキが花びらを空にむかって広げて元気いっぱい咲いていました。

4/25(水)の稲荷塾の作文小論文教室が無事終わりました。
今年度から入会したみなさんも、すっかり慣れましたね。
明るい表情で真剣に作文を書いていました。


60分で作文用紙の最後まで書けた子もいましたし、作文用紙の途中で終わった子もいましたが、それでよいです。
家で続きを書く必要はありません。
だんだん時間内に書けるようになりますからね。
宿題も、時間を計って、時間内でできたところまでで送ってきてください。


全員が音読も1カ月頑張り続けたようですね。
この調子で5月も頑張り続けてくださいね。

読みかけの本を持ってきて見せてくれた子も多かったです。
引き続き、読書も頑張り続けてくださいね。


どの子も新学期のよいスタートがきれています。
3月に教室で会って1カ月。
すっかり慣れて、私に話しかけてくれることも多くなり、落ち着いて勉強ができました。
宿題の提出率も良く、指導がしやすいです。
全ては、おうちでのフォローがしっかりできているからです。
ありがとうございます!
これからも、どうぞよろしくお願い致します。


次回は、5月23日(水)です。
水分補給のために飲み物を持ってきたらよいですよ。私も授業中に飲みますから。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てくださいね。



--------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。
7月の作文教室は、7月11日(水)と7月25日(水)です。
8月の作文教室は、8月8日(水)と8月29日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-04-26 11:40 | 稲荷塾 | Comments(0)

作文教室への送迎について

4月13日(金)

塾や習い事、学校への送迎をしているみなさん、おつかれさまです。


作文教室では、お迎えがある人は、たとえ早く書き終わっても、お迎えの時間まで教室にいて本を読んで待っているように言っています。少しくらい遅れても、あせらず、安全第一でお迎えに来てください。
もし、早めに塾についたら、3階に上がってきて見学をしてもらってもかまいません。


私も、子どもが小さいころは、習い事の送迎で色々な経験をしました。
どこで時間を潰そうかと思案したこともありますし、渋滞で焦ったこともあります。
子どもがなかなか出て来なくて、先に家に帰ったのかと不安になりながら待ち続けたこともあります。
稲荷塾の迎えは、お父さんが担当してくれましたが、稲荷塾の前で待っていると蚊にたくさんかまれて大変な時期があったようです。
どれも今ではよい思い出ですが、当時はそれなりの負担がありました。


作文教室の送迎は、できるだけやりやすい形を模索していってくださいね。
時間変更や、10分遅れの10分延長、なども受け付けます。
希望がありましたらメールをください。


自力で帰る人は、作文を書き終わったら帰ってよいことにしています。
宿題の提出が滞りがちな人は、その日の課題が終わった後、宿題の構成用紙を書くようにしています。
しかし、19時00分以降も居残りをするということはありません。


水曜日に作文教室から帰って少しして、隣県で「拳銃を持った犯人が逃走中」という速報ニュースを知って、みんなのことを心配しました。

送迎をするにしても、自力で通塾するにしても、教室のようすを知ったり、私とコミュニケーションを取ったりするとおうちの人も少しは安心できると思い、この記事を書きました。

不明なことがありましたら、いつでもメールをくださいね。


--------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
4月の作文教室は、4月11日(水)と4月25日(水)です。
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-04-13 09:32 | 稲荷塾 | Comments(0)

4月11日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす


4/11(水)の稲荷塾の作文小論文教室は、よい雰囲気の中で行うことができました。
学習態度がとてもよく、作文を書くぞ! と思って来ている子ばかりでした。


3年生になったばかりの子たちが、60分弱しっかり集中していたというのには驚きました。
きっと疲れ果てて家に帰ったことでしょう。
「よく頑張って書いたんだね。」とおうちでたくさんほめてあげてください。


60分で作文用紙の最後まで書けた子もいましたし、作文用紙の途中で終わった子もいましたが、それでよいです。
家で続きを書かす必要はありません。
だんだん時間内に書けるようになりますからね。
宿題も、時間を計って、時間内でできたところまでで送ってきてください。


継続組のみなさんも、難しい課題によく頑張って取り組んでいました。
今回の宿題で、難しい感想文には、例を書いた紙を入れてみました。参考にしてください。
これで、少しでも書きやすくなるといいなと思います。


読みかけの本を持ってきて見せてくれた子も多かったです。
持ってくるのを忘れた人は、次回は持ってきてくださいね。

音読もこの調子で続けてください。


どの子も新学期のよいスタートがきれています。
3月に教室で会って2週間で、少し成長したみなさんに出会うことができました。


そうそう、一番年上の中3の子は、出会ったときには私よりも背が低くて可愛らしい少年だったのに、今では、うんと背が高くなって、声も低くなって、教室での立派なお兄さんになりました。
基本的な構成から少しずつアレンジして書く段階にきています。よいお手本です。


教室には、小3~中3まで様々な学年の、様々な学校の、様々な個性のある子ども達が集まって、作文を書いています。教室のようすを子ども達からもたくさん聞いてくださいね。


次回は、5月9日(水)です。
ゴールデンウィークが終わって、暑くなり始めるときですね。
水分補給のために飲み物を持ってきたらよいですよ。私も授業中に飲みますから。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。


--------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
4月の作文教室は、4月11日(水)と4月25日(水)です。
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-04-12 11:16 | 稲荷塾 | Comments(0)

稲荷塾作文小論文教室 その4~読書について~

4月1日(日)

「読書」ついて書きます。

読書の利点についての意見文を書くとき、多くの子が、
「語彙が増える」
「正しい日本語を知ることができる」
「知識が増える」
ということを挙げます。
本をよく読んでいる子たちは、さらに
「疑似体験ができる」
「世界が広がる」
「救われる」
というようなことを挙げます。
また、「我慢強くなる」「想像力が豊か」「生き方が上手い」なども挙げられると思います。

本よりも気軽に楽しめるものがたくさんあり、本よりも学べるものもたくさんありますが
本でしか学べないこともあります。

本好きな子どもにするには、「親子で本を読むこと」これに尽きます。

作文教室に入会したことをきっかけに、親子でたくさんの本を読んで、読書の楽しさを味わってください。


★読書をする雰囲気を家庭で作ってください。

教室に通いだすと、多くの子ども達が本をよく読むようになります。それは、おうちの人の努力の賜物です。

地区の図書館で貸出カードを作って、週末に子どもと一緒に図書館に通う時間を作っているおうちの子はよく本を読みます。少なくとも2週間に1回は親子で図書館に通うようにしてください。

本はおもしろくないと思ったら、途中でやめて、別の本を読むことをすすめています。また、全部読めなかったら返却をすればよいのです。
いつも、身近に読んでいない本があるという環境を作ってください。
そのためにも、図書館を利用することをおすすめします。



★小学6年生まで読み聞かせを続けてください。

読書は自分が読みたい本を読むのが一番です。「もっとためになる本を読んでほしい」と思っても言わない。我慢我慢。
しかし、親が読んでほしいと思う本を読み聞かせしてください。
読み聞かせは、1日10分、毎日続けてください。

1日働いてぐったりでしょうが、最後の力を振り絞って、子どもと一緒に布団に入って10分読み聞かせをしてください。


どんな本を読んだらよいかわからないという人は、過去の夏休みの読書感想文の課題図書をおすすめします。
読み聞かせでは、2学年上くらいの課題図書を読むとよいですよ。
このブログでも、みんなから集まった、おもしろかった本の情報をできるだけ書くようにしますので、参考にしてください。


--------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
4月の作文教室は、4月11日(水)と4月25日(水)です。
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-04-01 09:11 | 稲荷塾 | Comments(0)

稲荷塾作文小論文教室 その3~宿題の作文感想文について~

3月31日(土)

稲荷塾の作文教室の宿題の「作文・感想文」について書きます。


ほぼ毎週、作文か感想文の宿題がでます。
ピンクの紙に印刷している「年間スケジュール表」に宿題がでる日が書いてありますので見ておいてください。


小学生で60分、中学生で90分で、できたところまで送ってきてください。
構成用紙しか書けなくてもかまいません。また、「第二段落は書けないけど、第三段落だったら書ける」場合は、第二段落は飛ばして書くとよいです。


自分で一週間の予定や一日の予定をたてることが難しい人は、おうちの人が予定をたてて、作文を書く時間を確保してください。
内容や誤字脱字を指摘して直させる必要はありません。
30分しか集中力がもたなかったときは、そこまでで終わらせてください。
どうして今日は集中力がなかったのかを話し合って、そのことを私に書いて教えてください。
それで十分です。
小学生で、決められた課題で書けないときは、自分が書きたいことに変えてもよいです。



作文や感想文が返却されたら褒めてください。

作文の課題の中には、「なやみ」「悲しかったこと」「ひみつ」など、おうちの人が読んだら眉をひそめるような内容のものもあります。
また、「我が子がこんなことを考えていたとは……」と驚くこともあるでしょう。
どんな内容でも、どんなに幼稚な文章でも、ほとんどひらながで書いていたとしても、「頑張って書いたね。」「ここおもしろいね。」と前向きな言葉をかけてあげてください。
直すのは私。褒めるのはおうちの人です。


作文と感想文は、「まずは毎週書く」ということを大事にしてください。


--------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
4月の作文教室は、4月11日(水)と4月25日(水)です。
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-03-31 10:07 | 稲荷塾 | Comments(0)

稲荷塾作文小論文教室 その2~宿題の音読について~

3月30日(金)

稲荷塾の作文教室の宿題の「音読」について書きます。


次の教室に来るまでの音読教材を渡しています。
右上に青ペンで読む日にちを書いています。
同じ文章を1週間、毎日読み続けてください。
難しい文章ですが、難しい文章をわからないなりにも読むということが大事です。
毎日毎日読み続けるうちに、だんだん理解できるようになります。
一つの話が終わったら、感想文を書きます。


音読は毎日必ずやること。
時間を決めてやると継続しやすいです。朝ごはんを食べる前とか、お風呂に入る前とかね。
音読に休みはありません。学校の宿泊学習のときと体調不良のときのみ休んでもよいです。
雨がふっても、台風が来ても、家族旅行の日も運動会の日も、お母さんにものすごく怒られた日も友達とけんかをした日も、毎日毎日読むこと。どんなことがあっても、これだけは続けること。


小学生のみなさんは、1人で音読をするのは大変でしょう。
1、おうちの人が読んで聞かせる。
2、おうちの人と一緒に読む。
3、おうちの人と順番に読む。
4、おうちの人に読んで聞かせてあげる。
という段階をふんで、音読を習慣化させてください。


子ども達には、「音読が一番大事」と言いました。
文章を読む入力の作業がたっぷりできないと、作文を書く出力の作業が上手くできません。
自分の声で自分自身に言葉を浴びせ、言葉のリズムを身体で感じてください。


毎日、家事に子育てに仕事にと忙しいでしょうが、音読の声かけをお願いします。

--------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
4月の作文教室は、4月11日(水)と4月25日(水)です。
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-03-30 10:40 | 稲荷塾 | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー