人気ブログランキング |

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


おいしそうな本ですが・・・・・・

卵と小麦粉それからマドレーヌ (おはなし飛行船)

石井 睦美 / BL出版



 題名が、とてもおいしそうですね。どんな本なんだろう?と思いませんか。

 この本は、たまに、「今読んでいる本」に書いてくれていて、人気の高い本ですね。小3~中学生くらいまで読めます。内容的には、いじめの問題や反抗期、自立、家庭と仕事の両立などなど考えさせられるものなのですが、言葉も容易で字数も少なく、皆さんが身近に感じるようなものがたくさんでてくるので、低学年でも十分読めますし、中学生が読んでも心に残ると思います。小3のときに読んだ思いと中学生になったときに読んだ思いでは、少し変化があるかもしれませんね。

 私もこの夏、読みました。「先生の好きな福山雅治さんが少しだけど登場しているよ。」というメモをもらったもので、早速、図書館で予約し、読み終えることができました。うん。うん。登場していましたね!貴重な情報をありがとう! 主人公のお母さんが聞く歌に登場してくるのですが、登場人物が聞いている歌を説明に入れると、さらに心情が伝わりやすくなるんだね。

例「母は、あわただしく昼ごはんを作りながら、福山雅治の「道標」を口ずさんでいた。どうやら相当機嫌がよいらしい。私は、安心して読みかけの「サマーウォーズ」の漫画を手にソファに寝転がった。」

 歌の題名でも、本の題名でも、テレビの番組名でも、作文の中に入れるといいね。さあ、みんなもこの本を読んで、真似をしてみよう!!
 

by kiriko-no-mori | 2009-08-20 16:17 | | Comments(0)

進級試験の前受けと高校野球の思い出

夏の高校野球、激戦が続いていますね。どの試合にもドラマがあり、感動があります。

 私が高3のとき、地方大会の前に、クラスの野球部の人のアンダーシャツにクラスみんなで寄せ書きをした思い出があります。私は、なんのためらいもなく、「甲子園めざしてがんばって」と大きく書きました。

 地方大会で1勝できたら万々歳という弱小チームだったようですが、ちょうど、その男の子がとなりの席で、後で、「甲子園は無理だとみんな思っていただろうけど、甲子園という言葉を書いてくれたのが嬉しかった。」と言ってくれて、私はいっぺんに彼が好きになりました。(あっ。友だちとしてですけどね。)

 甲子園で戦っている少年たちも、地方大会で敗れた少年たちも、周りの人たちも、それぞれの思いを持っているのでしょうね。

 今年は、9日に夫と娘の故郷、広島代表の応援に行く予定でしたが、雨で行くことができませんでした。
時折、掃除をしたりアイロンをかけたりしながらテレビで観戦中です。

 さてさて、少し先の話になりますが、9月1週目は進級試験です。

 締め切りは、9月8日消印となっています。締め切りに不安がある人は、早めに取り組みましょう。8月4週目に9月1週の課題をすることをお薦めします。
  
a0132715_14484083.jpg


by kiriko-no-mori | 2009-08-18 14:51 | 言葉の森 | Comments(0)

お盆休み

 8月10日(月)~8月16日(日)
お盆休みです。


 教室もお休みです。
 この期間に届いた作文は、17日(月)以降、順番に返却します。よろしくお願い致します。

 8.2週は、お休み宿題ですが、8.2週の長文暗唱を頑張った人は、次のお電話のときに聞かせてくださいね。

新編 風の旅

星野 富弘 / 学習研究社



この本にのっている詩です。
 
    「麦の穂」
 
 ゼロはいくつ足しても ゼロだけれど
 0.1でも残っていれば いつか1になり
 百にだってなれる
 
 数学は嫌いだったけれど
 この足し算を やって行こう
 今の私は 0.1

by kiriko-no-mori | 2009-08-10 16:12 | 言葉の森 | Comments(0)

8月 ~葉月~

 関西もやっと梅雨明け宣言が出ました。いよいよ、夏本番ですね。
みなさん、夏休みの宿題は順調に進んでいますか。暗唱(音読)や読書は、習慣になっていますか。

 今週は、夏休みになって作文が提出できていない人は特に頑張って書いて欲しいと思います。

 来週は、お休み宿題として、8.2週の課題が出ます。予定がある人は、早めに書くといいですよ。8月10日(月)~8月15日(土)は、教室もお休みです。振替のお電話もできません。予定をたてて、取り組んでくださいね。
 
a0132715_23482949.jpg


by kiriko-no-mori | 2009-08-03 15:03 | 言葉の森 | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line