<   2016年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧


先週のたとえ


さあ、今週も始まりました。

最近、作文の提出率がよいですし、感想文だけを書かないという人が減りました。音読を頑張っている人も増えました。感心感心!!

この調子で、今週も、毎日やらなければならないことをやる7日間にしようね!


それでは、先週のたとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しますね。こんなにたくさんんの表現が集まりました。どれもよく考えていました。特に、言葉の森のみんなは、作文テストの週だったということもあり、力作が多かったです。


「ディスカバリーコースでは、丸太やあみのはしごをのぼったり、ターザンのようにロープをにぎって空を飛んだりしました。」

「火花がちって流れ星を見ているようです。」

「まるでたたいたりないたりするのが仕事の人のようでした。」

「暖かさや、春に咲くというところは、まるで春の目覚まし時計のようだ。」

「ぼくは、まるでゆでだこみたいに顔が赤くなった。」

「まるでプロのりょうり人のようなできばえです。」

「まるでリオオリンピックの女子バトミントンでゆう勝した高橋松友ペアのようだと、ぼくはこの話を聞きながら思った。」

「まるでバッタにはねがついているようでした。」

「その様子は、まるで自分からゴキブリホイホイに入ってくるゴキブリのようでした。」

「赤ちゃんのように足をばたつかせ、すばしっこくにげるのです。」

「コオロギ、スズムシハは、はもって歌っているようでとてもきれいな鳴き声でした。」

「肉のピカタは、まるで運が良い日にしかでない伝説の食べ物のようだ。」

「うんどうかいでは、まるでチーターのようにはしりたいです。」

「○○ちゃんは、まるでさかなのようにおよぎがはやかったです。」

「まるで本当に町でレースをやっているような感じがします。」

これらの表現をどんどんまねして、作文の中に入れてね。

----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
★9月の作文教室は、9月14日(水)と9月28日(水)です。
★10月の作文教室は、10月12日(水)と10月26日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-09-12 11:05 | つぶやき | Comments(0)

みんな、よく頑張っている!

夏休み中に長期旅行や留学などで作文が書けなかった人達も、9月になり作文が届くようになりました。
昨日の電話指導で音読や暗唱を確認しましたが、皆よくできていました。

「三日坊主でもそれを100回繰り返せば1年継続できる。大事なのは、いつでも再スタートすること」という内容のコラムを先日読みました。

夏休み中も毎日継続して頑張った人はもちろん、夏休みはあまりできなかったという人も再スタートができているようで安心しました。

この調子で、毎日音読をすることと、毎週作文を書くことを継続して頑張ってほしいと思います。


昨日、コオロギやバッタをつかまえたという話を聞かせてくれた子がいました。コオロギが姿を見せ始めているのですね。涼しくなったなと思ったのは一瞬で、京都はまだ蒸し暑いです。じっとしていても汗がじわっと出てきます。

日曜日に自転車で烏丸周辺をうろうろして、熱中症になってしまいました。9月になったからと油断してしまったのがいけなかったですね。

まだまだ残暑が厳しいので、みんなも気をつけてね。


-----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
★9月の作文教室は、9月14日(水)と9月28日(水)です。
★10月の作文教室は、10月12日(水)と10月26日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-09-06 11:00 | つぶやき | Comments(0)

書き出しの工夫 Part2


今日も、書き出しの工夫を紹介します。
小4の課題作文「夏休みの思い出」から。

今回は、会話文と音を組み合わせた書き出しです。

(人や場所の名前が入っていたので、画像は最初の所だけね。)
a0132715_10475469.jpg

「わぁ。きれい。」
花火の
「バババババン」
という大きな音が町中にひびきわたります。お母さんやお父さん、○○も
「すごっ。」
とびっくりしています。火花がちって流れ星を見ているようです。私は、8月○日に○○の花火大会に行きました。その日は、夕方に雨がふっていたのでうちあがるかとても心配していました。


こういうのが、会話文と音とを組み合わせた書き出しね。その後に「大きな音」と音の説明をして、「流れ星を見ているよう」とたとえの表現も入れて、「いつ・どこ」の説明に進んでいる流れがとてもよいです。


作文の勉強は、慣れるまではまねをすることが大事です。
まねをしているうちに、だんだん自分らしく書けるようになるからね。ブログで紹介した表現、本を読んでいていいなと思った表現など、どんどんまねをして書いてね。



-----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
★9月の作文教室は、9月14日(水)と9月28日(水)です。
★10月の作文教室は、10月12日(水)と10月26日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-09-03 10:47 | 稲荷塾 | Comments(0)

書き出しの工夫

9月になりました。
暑さもやわらぎ、過ごしやすくなってきましたね。

いよいよ私の活動の時期となりました。やっと外出ができます。久しぶりに図書館に行ったり、買物に行ったりしたいなと思っていたら、週末に台風が来るようですね。みんなも気をつけてね。



さて、今日は、作文の書き出しを紹介しますね。
小3の課題作文「夏休みの思い出」からです。

a0132715_10472662.jpg

「ポン!」
とひくい音であたりました。だけど、スイカにひびが入っただけでわれませんでした。
 夏休みのさいごの日、わたしとおかあさんとおにいちゃんとおねえちゃんでスイカわりをしました。


音からの書き出しがよくできていました。その後に「ひくい音」と音の説明をしたところも上手です。「夏休みのさいごの日」といつの説明も上手にできています。



書き出しの工夫は、
○音
○会話文
○思ったこと
○まわりのようす

この4つの中のどれかから書き出すことをまずやってみるんだったよね~
それができるようになったら、二つを組み合わせて書き出してみるんだったよね~

あっ、忘れてた! という人は、次の作文から、書き出しの工夫に挑戦してみてね。




-----------------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
★9月の作文教室は、9月14日(水)と9月28日(水)です。
★10月の作文教室は、10月12日(水)と10月26日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、お知らせください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2016-09-02 10:47 | 稲荷塾 | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー