<   2018年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧


作文小論文教室への入会を考えている保護者の方へ

1月30日(火)

少しずつ、稲荷塾の作文小論文教室の入会希望の連絡をいただいています。
言葉の森も、曜日・時間変更の連絡が増えてきました。
空きが少ない状態で申し訳ないですが、私が一人一人を丁寧に見ることができる範囲で募集をさせてもらいます。

私から「入会した後に親がすること」のお願いがあります。
すでに入会しているみなさんも、初心にかえる意味で、一読をお願いします。


★毎日「音読をしよう!」の声かけを。

毎日、音読をする宿題がでます。
1日10分とかからない宿題ですが、1年365日続けるには、おうちの人の覚悟と努力がいります。
毎日、できるだけ決まった時間に「音読をしよう!」と元気よく声をかけてあげてください。


★作文を書く時間を確保してください。

1週間に一つ作文を書く宿題がでます。
小学生は60分、中学生は90分で、書けたところまでで送ってきてください。
内容や誤字脱字を指摘して直させる必要はありません。
おうちの人にしていただきたいことは、1週間の予定の中で、作文を書く時間を確保することです。


★読書をする雰囲気を家庭で作ってください。

作文を習いだすと、多くの子ども達が本をよく読むようになります。それは、おうちの人の努力の賜物です。

地区の図書館で貸出カードを作って、週末に子どもと一緒に図書館に通う時間を作っているおうちの子はよく本を読みます。少なくとも2週間に1回は親子で図書館に通うようにしてください。

本はおもしろくないと思ったら、途中でやめて、別の本を読むことをすすめています。また、全部読めなかったら返却をすればよいのです。
いつも、身近に読んでいない本があるという環境を作ってください。
そのためにも、図書館を利用することをおすすめします。


★小学6年生まで読み聞かせを続けてください。

読書は自分が読みたい本を読むのが一番です。「もっとためになる本を読んでほしい」と思っても言わない。我慢我慢。
しかし、親が読んでほしいと思う本を読み聞かせしてください。
読み聞かせは、1日10分、毎日続けてください。

1日働いてぐったりでしょうが、最後の力を振り絞って、子どもと一緒に布団に入って10分読み聞かせをしてください。


★作文が返却されたら褒めてください。

作文の課題の中には、「なやみ」「悲しかったこと」「ひみつ」など、おうちの人が読んだら眉をひそめるような内容のものもあります。
また、「我が子がこんなことを考えていたとは……」と驚くこともあるでしょう。
どんな内容でも、どんなに幼稚な文章でも、ほとんどひらながで書いていたとしても、「頑張って書いたね。」「ここおもしろいね。」と前向きな言葉をかけてあげてください。
直すのは私。褒めるのはおうちの人です。


作文が上手に書けるようになるためには、毎日の音読と読書と親子の対話が必要です。
親と子と私の三人がしっかりと同じ方向を見て努力を積み重ね、学力と精神力を鍛えていかなければなりません。
縁あって出会った子ども達です。鍛えていきますから、おうちでも子ども達の取り組みを温かく見守りながら、時折、励ましの言葉をお願いします。


---------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
2月の作文教室は、2月14日(水)と2月28日(水)の予定です。
3月の作文教室は、3月28日(水)です。
  第二週の17時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日15時~来てください。
  第二週の18時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日16時~来てください。
  算数教室の時間等で別の時間を希望の人は、連絡をください。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-01-30 09:49 | つぶやき | Comments(0)

光る表現

1月29日(月)

先週は、全国的に冷え込んで、雪が降ったところも多かったようですね。

雪合戦をしたり、かまくらを作ったりした話を書いた作文が多く届きました。
元気いっぱいに雪遊びをしたようすが想像できましたよ。

今週も冷え込みが続きますが、元気に頑張ろうね!


それでは、月曜日恒例のたとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しますね。

「私は、小さいころ海を泳ぐ魚のようにプールの中でも息ができると思っていた。」

「こんなことがしょっちゅうなので、まるでわざと外しているかのように思えてくる。」

「その階段のとなりを、おしりをつけてすべってみたら、あとがつき、すべり台みたいになっておもしろかったです。」

「くさったところはむらさき色になっていて、まるでくさやみたいなにおいがしました。」

「まるでうんどう会で使う大玉のようでした。」

「みんなでほってつけてをくり返し、さいごに私が考えた遊具とかまくらをつなげて遊具にのればかまくらをのぼらなくてもかまくらですべり台みたいにあそべるようになりました。」



すてきな表現が集まりました。
どんどんまねをして使ってね。


今週も音読を頑張ってね!

---------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
2月の作文教室は、2月14日(水)と2月28日(水)の予定です。
3月の作文教室は、3月28日(水)です。
  第二週の17時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日15時~来てください。
  第二週の18時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日16時~来てください。
  算数教室の時間等で別の時間を希望の人は、連絡をください。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-01-29 12:04 | 光る表現 | Comments(0)

エースナンバー

1月26日(金)

久々にティーンズコーナーにある本を読みました。

「エースナンバー」

最近は、図書館でも本屋さんでもティーンズコーナーが充実してきましたね。
本選びに迷った人は、このコーナーから選ぶとおもしろい本に出会える確率が上がると思いますよ。


さて、この本は、高校野球の話です。
初戦敗退の常連、弱小チームの球児たちと野球経験のない素人監督が「勝ちたい」という気持ちになり、奮闘する熱い話です。
高校球児や監督の話だけでなく、スポーツ記者の視点で見る高校野球の話が交ざっていて、この物語を深くしています。

かつて10代だった私は、本の中で10代に戻る。
今回は、監督でもなくスポーツ記者でもなく親でもなく、高校球児になったつもりで読むことを意識してみました。


野球好きの人たち! この本を見つけたら、一度手にしてみてくださいね。


---------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
2月の作文教室は、2月14日(水)と2月28日(水)の予定です。
3月の作文教室は、3月28日(水)です。
  第二週の17時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日15時~来てください。
  第二週の18時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日16時~来てください。
  算数教室の時間等で別の時間を希望の人は、連絡をください。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-01-26 11:59 | | Comments(0)

1月24日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす

1月25日(木)

昨日は、予報通り、塾が終わるころから雪が降り始めましたね。今朝は、道にうっすらと雪が積もっていました。

寒いですね。
風邪やインフルエンザが流行しているようですが、みなさん元気ですか。
昨日の塾で会った人たちは、みんなとても元気でした。

元気ですが、うるさいこともなく、学習態度がとてもよかったです。
個々の課題に一生懸命取り組めていました。

この時期になると、毎年ですが、私の出番はほとんどないです。どの子も、黙々と書き進めています。

30分を過ぎた辺りから、作文を仕上げた子達が読書をしたり宿題をしたりしてお迎えの時間を待っています。読んでいる本を見せてもらいましたが、おもしろそうな本を読んでいましたね。

この1年の成果を感じる時間となりました。



次回の作文小論文教室は、2月28日(水)です。
今年度も後1回になりました。「光陰矢の如し」ですね。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。


-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
2月の作文教室は、2月14日(水)と2月28日(水)の予定です。
3月の作文教室は、3月28日(水)です。
  第二週の17時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日15時~来てください。
  第二週の18時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日16時~来てください。
  算数教室の時間等で別の時間を希望の人は、連絡をください。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-01-25 08:44 | 稲荷塾 | Comments(0)

高校入試

1月23日(火)

湊かなえさんがエドガー賞候補に選ばれたという嬉しいニュースがありました。

湊かなえさんといえば、これ!という本を心の中に持っている人もいると思います。
わたしは、やはりこれですね。
「告白」
もう10年くらい前に読んだのですが、今でもよく覚えています。


この後も、「夜行観覧車」や「花の鎖」「Nのために」などなど、ぞくぞくする経験をたくさん私に与えてくれました。


ちょうど、今日、湊かなえさんの本を読み終わったばかり。
これです。

「高校入試」

高校入試

湊 かなえ/角川書店

undefined

何かの話をじっくり読みたい今の心境とは裏腹に、次へ次へとあわただしく読んでしまいました。とにかく次が知りたくて。。。


何年か前に、娘の保護者会に行ったとき、帰宅途中の生徒たちとすれちがう際に、何人もこの本を夢中で読みながら歩いているのを見かけて、そんなにおもしろい本なのか!と思ったのを覚えています。
いつかは私も読もうと思って、今日になりました。

親の立場で読むのと、子どもの立場で読むのではかなり違いがあるでしょうから、親子で読むのもよいのではないかなと思いました。


今年も、この時期になると、全国で、受験生が一生懸命入試問題に取り組んでいます。

入試にはそれぞれドラマがあります。
思うようにいかないこともたくさん。
志望校に受かること以上に大事なことは、受験生活から何を学ぶかです。

「入試で人生が決まる」ということはありません!!
入試はあくまでも人生の通過点です!!

この本の最後の言葉をここにのせておきます。

a0132715_19344667.jpg



-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
1月の作文教室は、1月10日(水)と1月24日(水)の予定です。
2月の作文教室は、2月14日(水)と2月28日(水)の予定です。
3月の作文教室は、3月28日(水)です。
  第二週の17時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日15時~来てください。
  第二週の18時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日16時~来てください。
  算数教室の時間等で別の時間を希望の人は、連絡をください。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-01-23 13:34 | | Comments(0)

光る表現

1月22日(月)

今週は、かなり冷え込みそうですね。
全国的に大雪の予報がでています。

雪が降るのを楽しみにしているみんなは、わくわくしていることでしょう。
今年こそ、かまくらを作ることができるかな。
雪遊びができた人たとは、そのようすを作文に書いて教えてね!!



それでは、月曜日恒例のたとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しますね。

「なわとびの音は、まるで天気のとてもいい日の風のふく音のようでした。」

「つくったとき、くりきんとんはまるでくらげの足みたいでした。」

「後で話を聞くと、私以外の二人の友だちは、まるでお互い相手のことをさけているかのように見事にすれちがっていたのである。」

「水あそびをしているときだと、あみをもってきてかぶせられるくらいです。」

「だいこんとにんじんがまざって、まるでケーキを食べたときのように幸せになりました。」

「横にまがってぼこぼこをすべり台のように、兄とわらいながらすべりました。」

「そのときは、まるで自転車で坂をおりているときみたいに風がつめたいのです。」

「草もちは、まるでアイスクリームのようにあまかったです。」

「そのとき、ちょっといたずら心が出てしまい、ふしぎな形をした石のなみのようなものをくずして、怒られてしまいました。」

「まるでまだできていないみかんのようだなと思いました。」

「いもを焼いているようなにおいがしました。」


先週もすてきな表現がたくさん集まりました。
どんどんまねをして使ってね。
今週も音読を頑張ってね。

-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
1月の作文教室は、1月10日(水)と1月24日(水)の予定です。
2月の作文教室は、2月14日(水)と2月28日(水)の予定です。
3月の作文教室は、3月28日(水)です。
  第二週の17時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日15時~来てください。
  第二週の18時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日16時~来てください。
  算数教室の時間等で別の時間を希望の人は、連絡をください。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-01-22 10:57 | 光る表現 | Comments(0)

おすすめの本情報「さよなら 田中さん」

1月19日(金)

小4の女の子からおすすめの本を教えてもらったので、紹介しますね。
「さよなら、田中さん」

小学館のHPでこの本をくわしく紹介していました。
内容はここに書いてあったので、参考にしてくださいね。

https://www.shogakukan.co.jp/books/09386484


私も、さっそく図書館で予約しました。
50番ちょっと待ち! 人気の本なんですね。
梅雨までには読めるかな。
児童書は大人向けの本に比べて早くくるので、楽しみに待ちたいと思います。


みんなも、おもしろかったなぁという本に出会えたら、ぜひ教えてくださいね。


-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
1月の作文教室は、1月10日(水)と1月24日(水)の予定です。
2月の作文教室は、2月14日(水)と2月28日(水)の予定です。
3月の作文教室は、3月28日(水)です。
  第二週の17時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日15時~来てください。
  第二週の18時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日16時~来てください。
  算数教室の時間等で別の時間を希望の人は、連絡をください。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-01-19 11:26 | | Comments(0)

継続は力なり

1月18日(木)

最近、時間変更や曜日変更の連絡が増えてきました。
体験希望の連絡もいただいています。

空きが少ない状態で、なかなか希望通りの変更ができず申し訳ないですが、私が一人一人をじっくり見える範囲で募集をしています。すぐに希望はかなわないかもしれませんが、空きがでたらすぐお知らせすることもできますので、希望があれば早めに言ってみてくださいね。


先週の稲荷塾の作文教室で体験に来た人たち~
今週の宿題は書けたかな。
毎日音読をしているかな。

ちょっとだけ心配しています。

作文を最後まで書けなくてもよいです。構成用紙しか書けなかったら、構成用紙だけを送ってきてください。
小学生は60分以内で書けたところまでで送ってくること。


音読も読書も習慣になるまでは、かなりの努力が必要です。
とりあえず、3カ月!と思って頑張り続けてくださいね。



-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
1月の作文教室は、1月10日(水)と1月24日(水)の予定です。
2月の作文教室は、2月14日(水)と2月28日(水)の予定です。
3月の作文教室は、3月28日(水)です。
  第二週の17時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日15時~来てください。
  第二週の18時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日16時~来てください。
  算数教室の時間等で別の時間を希望の人は、連絡をください。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

---------------------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-01-18 11:07 | つぶやき | Comments(0)

太陽の棘

1月16日(火)

今日は本の話。

「太陽の棘」読み終わりました。


戦後すぐの沖縄の米軍基地に派遣された新米精神科医が主人公の話です。

雨露をしのぐことさえも、一食を満足に食べることさえも難しい時代に、芸術の世界で生きていこうと奮闘する沖縄の画家たちとの交流を通じて、友情を育んでいきます。

沖縄が直面している問題も織り込まれていて、「もはや戦後ではない」と言われるようになった現在でも、何一つ解決していないことに心が痛みましたし、読む前よりももっと沖縄が好きになりました。

絵に興味がないという人も十分楽しめる内容です。
大人向けですが、高校生なら読めると思います。


-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
1月の作文教室は、1月10日(水)と1月24日(水)の予定です。
2月の作文教室は、2月14日(水)と2月28日(水)の予定です。
3月の作文教室は、3月28日(水)です。
  第二週の17時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日15時~来てください。
  第二週の18時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日16時~来てください。
  算数教室の時間等で別の時間を希望の人は、連絡をください。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-01-16 09:09 | | Comments(0)

光る表現

1月15日(月)

さあ、新たな週が始まりました。
冬休みが終わって、1週間が過ぎて、日常に戻ったことでしょう。

今日受験をする人もいますね。
受験が続いている人もいますね。
試験中は、とにかく前へ、前へ、ですよ。
頑張れ!!


それでは、月曜日恒例のたとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しますね。


「バトミントンは、まるで遊園地のように楽しかったです。」

「せんそうはまるでおばけみたいにこわいなぁと思いました。」

「ママは、まるで赤ちゃんみたいにわがままをいうなと思いました。」

「肉のしるがごはんとまざってほっぺたがおちるほどおいしかったです。」

「去年やその前の年などは、おとそを飲んだ後の一番最初に出てくるため、会が始まってすぐに、まるでおなかの中に岩が入ったような、どうにもならない状態になった。」

「わたしは、そのとき、まるで頭の中がいそがなきゃとあせっているようでした。」

「まるでカイロもつかって、こたつにも入っているようです。」


すてきな表現がたくさん集まりました。
どんどんまねをして使ってね。


今週も音読を頑張ってね!

-----------------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
1月の作文教室は、1月10日(水)と1月24日(水)の予定です。
2月の作文教室は、2月14日(水)と2月28日(水)の予定です。
3月の作文教室は、3月28日(水)です。
  第二週の17時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日15時~来てください。
  第二週の18時~教室に来る人は、3月のみ4週目の28日16時~来てください。
  算数教室の時間等で別の時間を希望の人は、連絡をください。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------


[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-01-15 10:51 | 光る表現 | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー