<   2018年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧


課題図書「森のおくから」

5月31日(木)

課題図書「森のおくからーむかしカナダであったほんとうのはなし」


第64回青少年読書感想文全国コンクール課題図書(小学校中学年)です。

「この話はほんとうにあったことです。」
と作者あとがきに書いてありました。

あるひ、山火事が発生し、逃げるところを失った人間たちは、湖に入って火が消えるのを待ちます。その時、森から動物たちも逃げ出してきて、人間と同じように湖に入って静かに待ちました。
「オオカミがシカのとなりに、ウサギがキツネのそばにいます。人間とヘラジカも、からだがふれるほど近くに立っています。」
という文章があります。ここが一番伝えたかったことではないかなと思いました。

みなさんのにた話を見つけてみてください。

○野生の動物を見た話
○動物園で動物とふれあった話
○クマやイノシシが家の近くにあらわれた話

この辺でにた話が見つかりそうです。

その後は、おうちの人の話を取材して書いたり、想像した話を書いたりするとよいと思います。

結論はいつも通り。


動物と人間の共存という話になると、かなり難しいテーマになりますね。
この本を読んで自力で、何百字も感想文を書くのは難しいと思います。
おうちの人と一緒に読んで、動物のことや自然のことをたくさん話して、話題を広げていってくださいね。


-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。
7月の作文教室は、7月11日(水)と7月25日(水)です。
8月の作文教室は、8月8日(水)と8月29日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-05-31 12:26 | | Comments(0)

光る表現

5月28日(月)

ついに、イニエスタが神戸にやって来ましたね!

ようこそイニエスタ!
「日本の文化を理解して、日本国民の一員になりたい」なんて言ってくれるね、イニエスタ~~!!!
と思いながら会見を見ました。

日本のスタジアムでイニエスタのプレイを見られると思うとテンションが上がってしまいます。

たぶんイニエスタのことですから、かなり普通に、神戸だけでなく大阪や京都の街にでかけると思います。街で会えるかもしれないね。

みんながイニエスタにおすすめしたい場所はどこかな。
食べて欲しい日本食は何かな。
もしみなさんの学校に来たら、どんなことを聞いてみたいかな。
こういう想像をすると夢が広がりますね。

当分、チケットを手に入れるのは難しいかなと思いますが、挑戦してみようと思っています。


それでは、月曜日恒例のたとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しますね。

「~まるで口ぐせのように言うようになった。」

「インドはまるでいつでも日曜日みたいにのんびりしていると思いました。」

「ぼくはうれしくて、まるでうさぎのようにとびはねました。」

「まるで牛は神さまみたいにあつかわれているんだなと思いました。」



すてきな表現が集まりました。
どんどんまねをして使ってね。


今日も音読を頑張ってね!


------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。
7月の作文教室は、7月11日(水)と7月25日(水)です。
8月の作文教室は、8月8日(水)と8月29日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-05-28 11:16 | 光る表現 | Comments(0)

課題図書「クニマスは生きていた!」

5月25日(金)

「クニマスは生きていた!」

第64回青少年読書感想文全国コンクール課題図書(小学校高学年)です。


田沢湖にはかつてクニマスという魚がいましたが、治水事業の影響で絶滅してしまいます。最後のクニマス漁師・久兵衛さんは絶望に打ちひしがれますが、あるとき卵が全国各地の湖に移植されていたことを知り、クニマス発見プロジェクトが始まります。
「クニマスは生きていた!」絶滅していたと思われたクニマスが発見されたというニュースが日本中をかけめぐりました。これからが正念場です。
クニマスが生息できる環境にしなければらなない。ふるさとの美しい山や森、湖、川を守り、次代を担う子どもたち、孫たちに引き継がなければいけない、という話です。


今、私たちは、クニマスだけでなく、多くの生き物を絶滅させたり、絶滅寸前に追いやったしています。一度壊れた生態系のバランスは、簡単に再生できません。

今私たちにできること、しなければならないことを考えるきっかけになる本です。

この本を読んで、クニマスや絶滅危惧種の自由研究をするのもおもしろそうだなと思いました。


---------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。
7月の作文教室は、7月11日(水)と7月25日(水)です。
8月の作文教室は、8月8日(水)と8月29日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-05-25 10:08 | | Comments(0)

5月23日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす

昨日は一日雨でしたね。
あじさいにとっては恵みの雨ですが、みなさんにとってはどうでしたか。
私は、作文教室がある日は晴れてほしいなと思います。

17時~のクラスは、うるさくて何回か注意しました。

朝から雨でたくさん遊べなかったということもあるでしょう。
運動会の練習で疲れているというのもあるでしょうし、作文教室に慣れてきたというのもあるでしょう。それでも、大きな声で独り言を言ったり、席をたったりしたら、注意します。

以前、注意の仕方で随分悩んだことがありました。
どのように言ったら気持ちが伝わるのか、
学習態度を指導するレベルで、作文指導ができるのか……と。

それで、学習態度ができていない人はできるようになってから教室に来てもらうことにしました。
これから、人に迷惑をかけたり、邪魔をしたりして、学びの雰囲気を壊すことがあれば、おうちの人に話をするつもりです。


作文の方はというと、中学生は自分でしっかり考えて構成用紙を書いていました。構成用紙をメモ程度に書く人は作文用紙に仕上げてほしいですが、構成用紙にほとんど全部書いて、作文用紙に清書するやり方をしている人は、構成用紙だけ書くやり方でよいですよ。時間の節約のためです。

小学生で入試問題をしている人で、宿題がなかなかできない人も構成用紙だけでよしとします。


小学生は第三段落に何を書くか考えている人が多かったです。題材の幅が広がってくると何を書くか悩むと思います。成長ですね。


どの子も、1カ月前に比べたら成長を感じられる文章が書けていました。
毎日続けることが一番大事です。
家でも毎日音読をして、宿題は60分で書けるところまで書いて送ってきてください。


次回は、6月27日(水)です。
水分補給のために飲み物を持ってきたらよいですよ。私も授業中に飲みますから。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てくださいね。


-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。
7月の作文教室は、7月11日(水)と7月25日(水)です。
8月の作文教室は、8月8日(水)と8月29日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-05-24 12:06 | 稲荷塾 | Comments(0)

課題図書「最後のオオカミ」

5月23日(水)

課題図書「最後のオオカミ」

第64回青少年読書感想文全国コンクール課題図書(小学校中学年)です。

表紙の裏にあった説明をのせますね。

「孫娘からパソコンの使い方を教わったマイケル・マクロードは、インターネットで自分の家系を調べることにした。やがて遠い親戚からメールが届き、ひいひいひいひいひいおじいさんのロビー・マクロードがのこしたという遺言書を見せてもらう。それは「最後のおおかみ」と題された回想録で、むごい戦争の時代を、ともに孤児として生きぬいた少年とオオカミの物語だった。」


スコットランドからアメリカへ海を渡って逃げた少年とオオカミ。
生きのびることに必死の少年とオオカミの絆に感動しました。

オオカミのチャーリーと少年ロビーのお別れの場面で、「自由なんだよ」というところは切ないですね。
その後、チャーリーが姿を見せる場面も。
とても感動的な話でした。


それでは、みなさんのにた話を見つけてみてください。

○ペットと気持ちが通じたと思った話
○友達とけんかをして、仲直りをして、さらに仲良くなったという話
○うわさを信じてしまって後悔した話
○自分の悪いうわさでつらかった話

この辺でにた話が見つかりそうです。

その後は、おうちの人の話を取材して書いたり、想像した話を書いたりするとよいと思います。
にた話よりも想像した話の方がたくさん書けそうですね。

チャーリーとロビーを助けた船長は、何百人もの逃亡者に手をさしのべてきました。
このところから、杉原千畝さんの話に展開させてもよいと思います。


結論はいつも通り。


本の中に、イングランド・ウェールズ・アイルランド・スコットランドの地図がのっています。ロビーが進んだ道を地図を見ながら進んでみてください。

読書感想文を書かない人も、ぜひ読んでくださいね。

---------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。
7月の作文教室は、7月11日(水)と7月25日(水)です。
8月の作文教室は、8月8日(水)と8月29日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-05-23 09:13 | | Comments(0)

課題図書「すごいね!みんなの通学路」

5月22日(火)

課題図書「すごいね!みんなの通学路」


第64回青少年読書感想文全国コンクール課題図書(小学校中学年)です。

フィリピンの子ども達が、
アメリカの子ども達が、
カンボジアの子ども達が、
その他、インドネシア・コロンビア・中国・ブラジル・ミャンマー・カナダ・ガーナ・ウガンダ・タンザニア・ハイチ・ラオス・インドの子ども達がどうやって学校に通っているのかを写真で伝えている絵本です。

学校に通えることはとても幸運なこと。
どんなに大変でも子ども達は学校が大好きだから一生けんめい学校に通うのだ。

ということを伝えています。

世界地図を片手に、自分もその国で学校に通うことを想像しながら読むとおもしろいと思います。


それでは、みなさんのにた話を見つけてみてください。

○自分の通学路はこんな道
○幼稚園生のころはバスに乗って通園していた話やお母さんの自転車の後ろに乗って通園していた話
○私が学校に行く理由

この辺でにた話が見つかりそうです。

その後は、おうちの人の話を取材して書いたり、想像した話を書いたりするとよいと思います。
この絵本にはマララさんの写真ものっています。マララさんのことを入れるのもよいと思いますよ。

結論はいつも通り。



この本を読んで自力で、何百字も感想文を書くのは難しいと思います。
おうちの人と一緒に読んで、世界のことや学校のことをたくさん話して、話題を広げていってくださいね。

-------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。
7月の作文教室は、7月11日(水)と7月25日(水)です。
8月の作文教室は、8月8日(水)と8月29日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-05-22 08:45 | | Comments(0)

光る表現

5月21日(月)

最近、夏休みの読書感想文の課題図書の話を書き続けていますが、もう少し続きます。
今日は月曜日なので、光る表現を紹介します。

この時期は毎年そうなんですね。
梅雨入りまでに一通り読んでおきたいというのが私の思いです。

私の感想を参考にして、皆さんも、梅雨明けまでに一冊は課題図書を読んでくださいね。
それから、感想文を書くかどうか考えてください。


それでは、月曜日恒例のたとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しますね。

「他にも、風がつよいときには『シュー』と飛行機がすぎさった後のように表現したり~」

「CATSは、人間がやっていると分かっていても、見ていると本当にそのような猫がいるかのようにみえてくるというふしぎなミュージカルです。」

「まるで宝箱をみつけたときのようにうれしかった。」

「お母さんが姉にもらったノートのねこを見て、まるでくすぐられていたように大笑いしていました。」

「牛はまるでとのさまみたいです。」

「そのとき、まるで弟がうまれたときのように感動していました。」


すてきな表現がたくさん集まりました。
どんどんまねをして使ってね。


今日も音読を頑張ってね!

--------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。
7月の作文教室は、7月11日(水)と7月25日(水)です。
8月の作文教室は、8月8日(水)と8月29日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-05-21 11:21 | 光る表現 | Comments(0)

課題図書「一〇五度」

5月18日(金)

課題図書「一〇五度」

第64回青少年読書感想文全国コンクール課題図書(中学生)です。

裏表紙に書いてあるあらすじです。

都内の中高一貫校に、編入した真は中学3年生。
スラックスをはいた女子梨々と出会い、
極秘で「全国学生チェアデザインコンペ」に挑戦することに……!
中学生としては前代未聞の、この勝負の行方は?



イスのデザイナーになることを夢見ている中学3年生の真は、父親の強烈な反対に会いながらも自分の夢に向かって進んでいくという話です。


「たがいに105度くらい寄りかかり合う人間関係」
「苦労や喜びを共にすることがこんなにおもしろいなんて、知らなかった」
「残念ながら、成功するかどうかは、努力次第ってわけじゃないんだ。運や才能やタイミングや、人とのつながりや、いろんな要素が左右する」

この辺りが感想文の題材になりそうだと思いました。

ひねりのない純粋な内容です。
本をあまり読まない人、マンガの方が好きという人向きの本だと思います。
内容的には、小5くらいから読めると思います。

感想文を書こうと思って読むと、難しく考えてしまうことになりそうなので、
物語を楽しもうと思って読んでください。


---------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。
7月の作文教室は、7月11日(水)と7月25日(水)です。
8月の作文教室は、8月8日(水)と8月29日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-05-18 11:48 | | Comments(0)

課題図書「いのちは贈りもの」

5月16日(水)

課題図書「いのちは贈りもの」

いのちは贈りもの ホロコーストを生きのびて (海外文学コレクション)

フランシーヌ・クリストフ/岩崎書店

undefined


第64回青少年読書感想文全国コンクール課題図書(高校生)です。

ホロコーストという過酷な差別と虐殺を、子ども時代に経験したクリストフさんの実話です。当時の日記をもとにして書いたそうです。

毎回、ホロコーストの話を読むと、胸が張りさけそうになります。同じ過ちを絶対に繰り返してはいけないと強く思います。

想像を絶する環境の中でも思いやり助け合う姿に、人間のあるべき姿をはっきりと自分の心の中に描くことができると共に、人間の醜い傲慢な姿に襟を正す思いで読みました。

優しい自分であり続けたいと思う気持ちとそうできない現実。
その姿をとても上手に表現できているなと思いました。

一部を紹介
a0132715_17491097.jpg
「わたしはとても姿勢よく、胸を張っていた。ママに言われたとおりに。
ユダヤ人でいなくてはならないのなら、わたしはふるえたりせず、ほほえみながらユダヤ人でいよう。」


気高さと可憐さと強さと弱さと希望と絶望と……
多くの感情に触れ、今の日本と世界の現状を考えさせられる本でした。

読書好きな人なら中学生から読めると思います。
ぜひ読んでみてください。


---------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。
7月の作文教室は、7月11日(水)と7月25日(水)です。
8月の作文教室は、8月8日(水)と8月29日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-05-16 12:49 | | Comments(0)

課題図書「こんぴら狗」

5月15日(火)

課題図書「こんぴら狗」


第64回青少年読書感想文全国コンクール課題図書(小学校高学年)です。

江戸時代のお話です。
線香問屋の娘、やよいが病気になり、飼い犬のムツキが代理で、香川県のさぬき、こんぴらまでお参りに行くことになりました。

道中、たくさんの人に出会い、助けられ、時には邪険に扱われながらも、こんぴらまでムツキを送り、また江戸まで連れて帰る、温かいお話でした。

こんぴら参りを果たした場面で書かれていた文章を紹介します。
「弥生をはじめ小杉家の人々の願いは、しっかりと神さまにとどいたろう。
 道中出会った人々が、声をかけ、頭をなで、食べものを分けてやりながら内心ムツキにたくした祈りも、きっと伝わったにちがいない」


ムツキが旅した道中を地図で確認してみてください。
こんぴら参りをしたことがある人は、さらに親近感がわく話だと思います。


みなさんのにた話を見つけてみてください。
○親切にされてうれしかったこと
○困っているときに助けてもらったこと
○神様にお祈りをしたこと
○ペットに励まされたこと

この辺でにた話が見つかりそうです。

その後は、おうちの人の話を取材して書いたり、「自分がムツキだったら~」「自分がヤヨイだったら~」と想像した話を書いたり、調べた話を書いたりして話を展開させるとよいでしょう。

結論はいつも通り。


この本を読んで、夏休みにこんぴら参りに行くことにした、というのもすてきですね。
本が大好きな人向けの課題図書だと思いますが、この本で読書感想文を書かない人もぜひ読んでくださいね。
知らなかったことをたくさん知ることができる本です。


--------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
5月の作文教室は、5月9日(水)と5月23日(水)です。
6月の作文教室は、6月13日(水)と6月27日(水)です。
7月の作文教室は、7月11日(水)と7月25日(水)です。
8月の作文教室は、8月8日(水)と8月29日(水)です。

 都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

-----------------------------------------------------------

[PR]

by kiriko-no-mori | 2018-05-15 10:47 | | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line
カレンダー