人気ブログランキング |

<   2019年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧


光る表現

9月30日(月)

明日から10月!
ということで、衣替えをしましたが、まだまだ暑いですね。今日は、こちらは30度を超えています。

今週は台風が来そうですし、週間天気予報は雨マークがずらっと並んでいるので、少しジメジメした週になるかもしれませんね。

夏の疲れが出るころです。みなさん、しっかりと寝て、おいしいものを食べて、1週間を乗り切りましょうね!!


それでは、月曜日恒例の「たとえ(まるで~のよう)」の表現を紹介します。

「そのときの席が一番前の左だったので、私たちは、まるで呪文のように『寝てはだめだ!』とずっと心の中でさけんでいた。」

「つらくて、とてもいやになることがあっても、がんばったら、いつかはきせきのようなことがあるので~」

「特に○○の先生には、先にまるで弾丸のように言われてしまう。」


すてきな表現が集まりました。
どんどんまねをして使ってね。

今週も音読を頑張ってね!


------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。
11月の作文教室は 11月13日(水)と11月27日(水)です。
12月の作文教室は、12月11日(水)と12月18日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------


by kiriko-no-mori | 2019-09-30 17:54 | 光る表現 | Comments(0)

本「ゴッホのあしあと」「南極ではたらく」

9月27日(金)

とてもよい本に出会えて、夢中で読んで完全燃焼した後に、次に手に取る本を選ぶのが難しいという話を以前書きました。

今まで、それで何回も失敗しました。
内容的に重い本を読んだ後に続けて別の重い本を読むと、自分の中で消化不良を起こして、読み進めるのにかなりのエネルギーがいってぐったりしてしまったり、軽めの本にすると「つまらない。軽すぎる。」と必要以上に批判的な目で読んでしまったり。。。

児童書を読んでみたり、雑誌を読んでみたりと色々と工夫してみましたが、成功するときもあれば失敗するときもありで、なかなか本選びの難しさを実感しています。

今回、「線は、僕を描く」の本がとてもよかったので、その後に続ける本について真剣に悩みました。
それで用意したのがこれら。

「ゴッホのあしあと」

最近、電車の中で、人が少ないとき限定ですが、本が読めるようになってきたので、この本は電車の中で読みました。1時間くらいで読めました。

「たゆたえども沈まず」の本を読んだ後に、この本を読むことをおすすめします。
改めてゴッホの生涯を楽しむことができました。
ゴッホの生涯は37年。画家を志して10年で、私達が親しんでいる作品はだいたい4年間で描いたものなんですね。
一番描きたかったセーヌ川を描いたであろう「星月夜」が現在、ニューヨークの美術館に展示されているというのは、なんとも。。。


「南極ではたらく:かあちゃん、調理隊員になる」


南極に1年4カ月滞在し、30人分の料理を作る。
料理を作るだけではなく、色々な仕事をしなければならない。
採用されるまでと、南極滞在中のこと、その後を、淡々と書かれていましたが、相当過酷な任務だったのではないかと思います。
弱音や苦労話をほとんど書いていないところが渡貫さんらしいところなんだろうなと私は感じました。
南極で働くことはどういうことなのかが少しだけ垣間見られました。


どちらもすんなりと話にひきこまれていけて、これらの本を読んでよかったと思いました。
よし! この後は、「蜜蜂と遠雷」を読みますよ!!

------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。
11月の作文教室は 11月13日(水)と11月27日(水)です。
12月の作文教室は、12月11日(水)と12月18日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------



by kiriko-no-mori | 2019-09-27 09:23 | | Comments(0)

9月25日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす

空の色がだんだん水色になってきて、風もやわらかくなってきて、秋らしくなってきましたね。

体育祭や校外学習など学校行事が多い時期になりました。
昨日も、運動会や遠足の話が出ていましたね。

楽しいことがたくさんある時期ですが、子ども達は落ち着いて作文を書くことができました。

17時~のクラスも、18時~のクラスも、課題を渡すとすぐ書き始めていました。
「何を書こうかなぁ」と考えるだけで15分過ぎた、というようなことは、もうないですね。
事前準備がしっかりできていて、どのようなテーマの課題でも、すぐにメモ書きできるようになってきました。


「60分で最後まで書けない」という悩みを抱えている人は、悩む必要はありません。今のやり方でそのまま続けてください。長い時間を作文を書くことに使っても、よい表現はでてきません。その時間は読書や音読に使ってください。

音読が習慣になっている人は、この調子で頑張り続けてください。
音読をするのをすぐ忘れる人は、「夜ごはんの前にする」と音読の時間を決めてやってくださいね!!


後期から作文教室に入会したみなさん、ようこそ!!
疑問点があったら、いつでもメールをください。
宿題が届くのを楽しみにしていますね。



10月の4週目の作文小論文教室は、10月23日(水)です。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。


------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。
11月の作文教室は 11月13日(水)と11月27日(水)です。
12月の作文教室は、12月11日(水)と12月18日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------



by kiriko-no-mori | 2019-09-26 16:15 | 稲荷塾 | Comments(0)

本「線は、僕を描く」

9月25日(水)

秋といえば、まずは「読書の秋」でしょう!!
今日は本の話です。



この本は、私の2019年のベストブックになりそうです。
物語に引き込まれ、途中から展開を知りたい気持ちが強くなり、急いで読み過ぎてしまいました。

久々に、もう誰にも止められない状態になり、一気に最後まで読んで、もう一度、急ぎだしたところからゆっくりと言葉を楽しみながら読み直してたっぷりと味わいました。


水墨画は、私には無縁の世界ですが、読んでいくうちに、私にも水墨画が鑑賞できるのではないか、もしかしたら、ちょっとしたものだと描けるようになるのはないか、と思わせてしまうほどに、とても身近に感じられました。

黒と白の平面の世界なのに、色があって立体的に見える不思議さ。しかも、私は字を読みながら自分の想像の中で感じているわけですから、言語化を追求し尽くして書かれた本だと思いました。美術館で話を聞きながら実際に水墨画を見て感じるものとは違う感動があったのだと思います。

しかし、この本は水墨画の素晴らしさを伝えているだけではありません。

先生が内弟子に言う言葉で、このような言葉がありました。
「君に生きる意味を見いだして、この世界にある本当にすばらしいものに気づいてくれれば、それでいい。私にはただ、それを伝える術が、水墨にしかなかったんだよ。」

なぜ、この本の題が「僕は、線を描く」ではなく「線は、僕を描く」なのか、その答えが最後にはっきりと伝わってきて、最後に物語がストンと自分の心の中の落ちていく感覚がありました。

高校生には、ぜひ読んで欲しい本です。


このような本に出会うと、次に手に取る本をどれにしようかと悩んでしまいます。
思い切って「蜜蜂と遠雷」に行くか⁉ ノンフィクションに行くか⁉

------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。
11月の作文教室は 11月13日(水)と11月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------



by kiriko-no-mori | 2019-09-25 11:38 | | Comments(0)

光る表現

9月24日(火)

9月の三連休が終わって、次の三連休はいつかなぁとカレンダーをめくってみると、10月12日~でした。
その頃には、かなり秋らしくなるのではないかなと思います。

秋といえば、「スポーツの秋」「実りの秋」「読書の秋」「芸術の秋」などなど思いつくものがたくさん!

たくさんの秋を見つけて、作文に書いて教えてくださいね!!


それでは、月曜日恒例の「たとえ(まるで~のよう)」の表現を、今週は火曜日の今日紹介しますね。

「人形やぬいぐるみは、動かずずっとじっとしているが、あるだけで少し気分が上がり、まるで心の友のような存在になる。」

「まるで神様のように重大な仕事ですね。」

「まるで自分が何回も練習しているかのように泳げた気がしました。」


すてきな表現が集まりました。
どんどんまねをして使ってね。

今週も音読をがんばってね!


------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。
11月の作文教室は 11月13日(水)と11月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------


by kiriko-no-mori | 2019-09-24 12:09 | 光る表現 | Comments(0)

三連休のできごと


9月20日(金)

三連休のことです。

2年くらい前だと思うのですが、電子レンジが壊れて修理に来てもらったという話をこのブログに書きました。

あれからも大活躍だった我が家のレンジが、また同じエラーを出して動かなくなりました。5年保証期間を終了し、もうこれは買い替えるしかないと決断し、お店に見に行くことにしました。

「消費税が上がる前に買い替えなさいと言っているんだわ。」と臨時出費を覚悟しようと懸命な私に、娘がついでという感じで言うんですね。「私も欲しい物があるから、一緒に行くわ。」って。


よく話を聞いてみると、タブレットを新調したいということでした。
今使っているタブレットは、充電がすぐに切れてしまうこと。
教科書をアプリで入れて手軽にしたいこと。
実習のときにポケットに入れて持ち歩きたいこと。
などなど、聞いていたら、本当に必要なことが伝わってきたのと同時に、かなり古いものなのに(たぶん10年前くらいに買ってあげたと思う)買い換えリストに入れるのを私が忘れてしまっていたことに、軽いショックを受けました。

レンジにタブレットに、最近動きが悪くなっている冷蔵庫に……と頭の中でそろばんをはじいた瞬間、
「自分で買うから大丈夫。もう少しで買えそうだから。せっかくだから見ておこうと思って。」
という声が届き、私はもう頬をはたかれたかのような衝撃を受けました。


何を言っているのか、この子は。。。
学生の身で、勉学に必要なものを、なぜお小遣いを貯めて買うのかと。
早く、すぐに、明日、買いなさいと。
あ~、きっと充電を何回もしながら、遅い動きにいらいらしながら今まで使っていたのかと。。。
もう「これ買って」と気軽に親に言ってくることはない、そういう年齢になったということですね。


そういうことがあって、三連休の一日は、家族で家電量販店に行って、タブレットを買いました。ついでに、レンジと冷蔵庫もしっかり見てきました。

娘とそういう話をした翌朝、レンジは復調し、元気よく牛乳を温めてくれました。
まさか!

そうなんです。今も元気に働いてくれています。
「もう少しオレはがんばるよ~」
そう言ってくれているような気がします。。。


これは、買物の途中で食べたクレープ
娘と一緒に食べるクレープは、やっぱり格別ですね!

これは私が注文したもの。マカロンに惹かれて。
a0132715_18233794.jpg

こっちは娘が選んだクレープ。アイスクリームが二種類あるのに惹かれたよう。
a0132715_18233741.jpg


------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。
11月の作文教室は 11月13日(水)と11月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------


by kiriko-no-mori | 2019-09-20 12:21 | つぶやき | Comments(0)

本「新章 神様のカルテ」

9月18日(水)

先週、このブログで、「眉間にしわを寄せながら読んだ本」を紹介しましたが、その後、「安心して読める本を読みたい」という願望が強く、この本に手を伸ばしました。

「新章 神様のカルテ」
あまりにも有名になった本で、第一作が出てからもう10年になるのですね!
私の周りでもたくさんの人がこの本のシリーズを読んでいて、読書感想文を書いた人も多かったですね。小学生から大人までが読める本というと貴重です。


さて、今回は、地域の病院から大学病院へ舞台が移ります。
あ~「白い巨塔」に舞台が移ったのですね。。。
本の中にも、ちゃんと「白い巨塔」という言葉がありました(笑)

今回も、色々なことを考えさせらました。「生と死」はもちろんのこと、医療や介護、仕事観から人生観まで、「自分だったら~」と考える場面がたくさんありました。

今回の裏のテーマは、「社会の多様化」ということでしょうか。
病院も医局も医療も人も、多様化の時代になったということでしょう。

正解がないことがたくさんある世の中で、私たちは協調と自立のバランスを保ちながら生きていかなければなりません。それは医療の世界だけの話ではないはず。

この本にも、色々な問題が湧きあがるようにでてきて、悲しい話もたくさんありますが、絶望的にならずに読めるのは、どこかにいつも「希望」があるからだと思いました。

新章でも、ハルや子どもの小春ちゃんがとても良い味を出していて、御嶽荘の人達はもちろんのこと、悪役の人達にもちゃんと人間らしく愛があって、そこは何も変わっていませんでした。
「安定の良書」です。


------------------------------------------------------
【連絡】

【稲荷塾】
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。
11月の作文教室は 11月13日(水)と11月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------



by kiriko-no-mori | 2019-09-18 12:54 | | Comments(0)

光る表現

9月17日(火)

夏休みが終わって、久々の三連休という感じがしましたね。
みなさん、三連休を楽しめましたか?

私は、本当は家でのんびりとしたかったのですが、なかなかそうはいかずの三連休でした。
その話はまた今度。

今週は、ラグビーのワールドカップも始まりますし、週末はまたまた三連休ですし、楽しみな週ですね!


それでは、月曜日恒例の「たとえ(まるで~のよう)」の表現を紹介します。

「まるで超能力者のようになんでもお見通しのようだった。」

「そのすがたは、まるで新しい発明をしているようなすがたに見えただろう。」

「まるで仲間のようなので、おどろきました。」

「まるで天国でくらしているくらいうれしかったです。」

「まるで風車が回っているかのように回しているので、私も上手に回せるように努力していきたいです。」

「手遊びの時間などは、手を鏡のようにして、子どもたちがわかりやすくすると言っていました。」

「じゅぎょう中にふざけると、『ろうかにだしますよ。』とまるでおにのようにこわいかおでいいます。」

「いとこのお父さんをまるでイギリス人だと思っているようだ。」


すてきな表現が集まりました。
どんどんまねをして使ってね。

今週も音読をがんばってね!


------------------------------------------------------
【連絡】

【言葉の森】
受験勉強対策のZoom講演会「小6生向けの受験勉強対策講演会」があります。
講師は中根先生で、9月17日(火)20:15~です。
講演会では、主に今後受験作文コースに取り組む人向けの話になるそうです。
受験勉強一般についての話もあるので、作文試験のない受験生も、まだ受験期ではない小5生保護者も聞かれるとよいと思います。
詳細をぜひホームページでごらんください。


【稲荷塾】
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。
11月の作文教室は 11月13日(水)と11月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------


by kiriko-no-mori | 2019-09-17 12:29 | 光る表現 | Comments(0)

9月11日(水)稲荷塾作文小論文教室のようす


昨日は、教室に着くのがかなり遅れてしまってごめんなさい。
いつもよりかなり早めに家を出たのですが、家の最寄駅に着く前に激しい豪雨に会い、そこから色々と躓いてしまいました。あと少しで塾の最寄駅というところで、無念の電車停止。。。

いつか役に立つだろうと思って入れておいたタクシー配車アプリを初めて試してもみましたが、全く近辺にタクシーおらず。。。で、みなさんにご迷惑をおかけしました。


どうにか塾に辿り着いて、18時~のクラスは無事授業をすることができました。
どの子もよい態度で集中して課題に取り組めていました。

18時~のクラスは、初めて入試問題に挑戦した人がいましたね。
条件をよく読んで、字数を意識して書く勉強が始まりました。
今までは、「○○字以上」という設定だけだったのが、「○○字以内」という設定も入るようになりました。
長く書けばよいだけではなく簡潔に書くという段階に入りました。
入試問題は慣れるまでは大変ですが、力がつきますから、頑張って取り組んでいきましょうね。


感想文を書いた人、課題作文を書いた人も、よく書けていました。
さらにすてきな表現、豊かな表現が入るよう、少しずつレベルをあげていきましょうね。
気をつけることは個々に伝えています。
できるようになるまで、何回でも添削のときに書きますからね。



私と同じように塾に来られなかった人たちからの欠席連絡、ありがとうございました。
右往左往しながらの返信だったので、乱文でごめんなさい。
渡す予定の課題は、郵送しました。

また、温かいメッセージをたくさんありがとうございました。
苦言を呈されても仕方ない状況なのに、逆に励ましていただき、とても救われました。
帰りの電車の中でメールを打ちながら、涙がでそうになりました。
本当にありがとうございました。

17時~教室に来てくれた人、欠席した人、振替を受けてくださいね。


10月2週目の作文小論文教室は、10月9日(水)です。
読みかけの本を持って、元気に教室に来てね。

------------------------------------------------------
【連絡】

【言葉の森】
受験勉強対策のZoom講演会「小6生向けの受験勉強対策講演会」があります。
講師は中根先生で、9月17日(火)20:15~です。
講演会では、主に今後受験作文コースに取り組む人向けの話になるそうです。
受験勉強一般についての話もあるので、作文試験のない受験生も、まだ受験期ではない小5生保護者も聞かれるとよいと思います。
詳細をぜひホームページでごらんください。


【稲荷塾】
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。
11月の作文教室は 11月13日(水)と11月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------


by kiriko-no-mori | 2019-09-12 12:28 | 稲荷塾 | Comments(0)

本「神の手」

9月11日(水)

昨日の本の話の続き。

昨日は、怖いと評判のミステリー小説で、寝る前には絶対に読んではいけない!と警告されていた本の話を書きましたが、その本を読む前に読んだ本は、寝る前に読むと腹が立って、なかなか寝付けない本した。

その本はこれ。「神の手」
小説としては、とても奥深く、安楽死についてはもちろん、死生観や仕事観、人生観、また日本の医療問題につていも考えさせられ、とてもよい本だったと思います。

ただ、人がたくさん死に過ぎるし、闇の雰囲気があふれているし、腹立たしいことばかり起こるし、令和版「白い巨塔」のようだけれど里見先生は登場せず、里見先生に癒されたいと思いながら、最後まで、眉間にしわを寄せて読みました(笑)
こんな世界に生きることを想像すると辛い。。。

最後の「センセイ」の話にも、モノ申したい気持ちがあるのですが、そこはネタバレになるので書きません。

でも、私が辛口評論をするくらいですから、それだけ人の気持ちをゆさぶる名作であることは間違いありません。

興味のある方はぜひ読んでみてください。
高校生くらいから読めると思います。


------------------------------------------------------
【連絡】

【言葉の森】
受験勉強対策のZoom講演会「小6生向けの受験勉強対策講演会」があります。
講師は中根先生で、9月17日(火)20:15~です。
講演会では、主に今後受験作文コースに取り組む人向けの話になるそうです。
受験勉強一般についての話もあるので、作文試験のない受験生も、まだ受験期ではない小5生保護者も聞かれるとよいと思います。
詳細をぜひホームページでごらんください。


【稲荷塾】
9月の作文教室は、9月11日(水)と9月25日(水)です。
10月の作文教室は、10月9日(水)と10月23日(水)です。
11月の作文教室は 11月13日(水)と11月27日(水)です。

都合が悪いときは振替可能。時間変更も可。そのときは、必ず私のメールに連絡してください。

--------------------------------------------------------



by kiriko-no-mori | 2019-09-11 09:45 | | Comments(0)
line

作文から未来を創造する


by kiriko-no-mori
line